写真

徹夜明けて見る朝日

徹夜明けて見る朝日
朝6月半頃のベランダからの風景です。

空には雲がいくつか見えた方が表情が変わって面白いです。

徹夜明けです。

年度末の舞台のセットの図面を書いたり、

小道具のリストを作ったり、

戯曲や関係書類を整理しているうちに夜が明けていました。

夕方過ぎから稽古場に入って、

帰宅後にはデスクワーク的作業を自宅でこなして…、

やっぱり夜の方が集中力が増すように感じますが健康にはよくなさそうです。

パソコンの画面をずっと見ていた為か目がショボショボします。

脳も少々疲れているようですので、

脳への栄養の為にバナナを一本食べてから一眠りします。

朝バナナです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイルミネーション

クリスマスイルミネーション
今更ですがクリスマスイルミネーションです。

今年は12月に入ってから急に年末までのスケジュールがバタバタしたもので、

桜台駅のクリスマスのイルミネーションを見に行くのを忘れていました。

それを思い出してやっと見てきました。

不景気なご時世ですが、

こういうちょっとした贅沢な灯りが心を和ませてくれます。

(⌒〜⌒)

年明けから寒くなりましたねぇ〜。

鼻が冷たくてマスクをしないと眠れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年の夜明け

2010年の夜明け
2010年、

新しい年の朝がやって来ました。

初日の出を拝むのはベランダから…海まで出かけるのは寒いので。

二度寝してから新年最初の行事である『年賀状書き』をします。

年賀状の“元旦”の文字は“元旦に着くように出す”のではなく、

“元旦に書きました”の意味で書いておりますので…どうかあしからずです。

今年はより演劇的な一年にしたいです。

夏には公演を催したいねぇ〜などと企画の卵も産まれそうな感じですので。

昨年末の某忘年会では予期せぬ“日本核武装論”や“日本徴兵制論”を聞かされるハメになりましたが、

自分はそういう話題がナンセンスになるような世界が良いと思うので、

命の大切さについて考えていきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水辺の鳥と月

水辺の鳥と月
コレは29日の月です。

湖面に映る月が、

水鳥の泳ぐ波紋に揺らいでいました。

水鳥は冷たい湖に浮かんでいて寒くないのかなぁ…?

いよいよ大晦日です。

今年も静かに暮れていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月29日の夕焼け

12月29日の夕焼け
年内最後の“〆詣”の帰りに寄った湖に映る夕焼けがキレイでした。

子供の頃によく行った宮沢湖という所…、

昔はもっと賑わっていて遊技機があったりなかよし動物園があったりと、

ファミリーで楽しめる所でしたが、

園内はかなり寂れた様子…、

湖をぐるりと取り巻く遊歩道をジョギングする人が少々と、

遊技機がなくなったかわりに釣りが湖遊びの目玉になっているようでした…自分が行ったのは閉園前だったせいか誰も釣りしている人はいませんでしたが。

なのでボートには今も乗れるようです。

宮沢湖の隣にはゴーカートのコースと、

今回初めて知った温泉施設が出来ていました。

湖の周りの趣は変わってしまいましたが、

もしかしたら遊歩道の木々はあの頃と同じ木々なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)