« 雪だらけ | トップページ | うな丼 »

ダグ・プラ?



この社会のあれこれはどうやら我々庶民のあずかり知らぬ所でその方向が決められているように思えてならない…それが政治というものか?

だとすれば政治とは誰のためのどういう行為なのか?

我々が政治家を選ぶシステムでは政治とは我々庶民の為のモノでなければならないはずなのに、

一部の人間が己の欲求を満たすためにそういうシステムを利用しているように思えてならない。

「太陽の牙ダグラム」というのは政治を描いたアニメ…政治的要素を物語の要素に用いた作品はそれ以前にもあるけれどこのダグラムでは…、

ダグラムはその舞台のその時代を描く為の道具に過ぎないともいえる作品で、

駆け引きなどの横行する政治舞台や、

力による他者への従順の強制などに対する抵抗を成す為の道具という、

兵器として正しい描かれ方を志された作品だと思う。

軍に用いられればそれは殺戮兵器…、

同じ兵器でも若い人達の熱い思いにより運用されたダグラムは革命思想の象徴となる。

“主役ロボット”なのに顔がない”というのもそれが革命に関わる全ての人民と同じ存在なのだと思えば理由がつく。

そしてこの顔のない特異な主役ロボットのアニメのオモチャはかなり売れた。

ミリタリーテイスト溢れる商品展開はそれまでのロボットアニメのオモチャとは違ったアニメの可能性をもみせた…、

政治劇というアニメそのもののもたらす数字は良くはなかったはずなのに、

商品が売れた事で、

放送日数は当初予定の4クールから6クールへと延長されて放送された。

同時期の同じアニメ制作会社の作品との抱き合わせとはいえ劇場版のフィルムすら制作されることになる…が、

その劇場版は政治劇の要素を排除した内容にされたことは、

このダグラムという作品が世に出るにはまだ業界が成熟していなかった事を示しているようで残念でもある。

更に残念なのは6クールという本数の長さ…、

1〜2クールという期間が主体となり深夜へと放送時間帯を変えて生き延びを図ったバブル崩壊後の電波状況では6クールという長さの作品は再放送の機会を奪われることになる。

LDやDVDにしてもBOX発売するにしてもそのディスク枚数から高額とならざるを得ない…、

などとズルズル書き始めたらキリなく止まらなくなってしまったf^_^;

ようはガンプラじゃなくてそのダグラムのプラモを作ろうと思うって事を言いたかっただけなんだ(u_u)

|

« 雪だらけ | トップページ | うな丼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/55004756

この記事へのトラックバック一覧です: ダグ・プラ?:

« 雪だらけ | トップページ | うな丼 »