« 愚痴だね | トップページ | 稽古っぽい授業 »

独り検証~誰かと検証したい

AというクラスとBというクラスがあるとする。

学ぶべき課題として『発声』『滑舌』『外郎売』と大きく三つに括ったとする。

発声・滑舌はA・B共に初心者クラスなので差はない状態~それは、

練習メニューや基礎概念を覚えただけでは“身につけた”とはいえないからで、

両クラスとも未だ基礎メニューを繰り返すコトで習得の状態を確認している状態である。

もう一つの外郎売とは五分程のテキストで、

先ずは暗唱~そこから“表現力”を身につける為の扱いへと転じて行くのだが、

この外郎売を…、

Aというクラスは前期に既に暗唱している。

Bというクラスは後期からはじめたので未だ暗記中。

A・B共に基礎クラスなので発声・滑舌共に未熟で未だに実践レベルに達していない=あまり差はない状態である、

としたら、

単純に外郎売が暗唱出来るか否か?

これが明らかなレベルの差として明確になる。

否、

Bというクラスでは前期に外郎売に手をつけなかった代わりに発声・滑舌についての講義を細かく受けている…が、

それが後期の今もみについていないので、

“前期に学んだコトをふいにした”とも言える、

コレは二重に遅れているとも言える!

身につけるべき基礎的技術は一朝一夕に身につくモノではなく、

同じコトを何遍も繰り返すコトでのみみについて行く…、

逆に暗記モノは覚えるというコトに関しては“意思の力でどうにでもなる”ともいえるので、

更に覚えてしまえば色々な使い方に応用が出来るので、

そうやって使って行くウチに“覚える”という段階から自然と先の段階に進んでいるものです。

先の日記に書いた“四週間の停滞”とはまさに、

このBというクラスが外郎売を覚えてこないというコトです。。。

前期にコレを暗唱出来ていれば、

この外郎売を使っての、

より実践的な発声・滑舌練習が出来るのに!

“覚える”という最初期の作業で滞るなんて最悪のコトです‼

A・B共に基礎クラスですが、

この点で明らかに進歩の差が出来ていると言えるのです。。。

|

« 愚痴だね | トップページ | 稽古っぽい授業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/47822202

この記事へのトラックバック一覧です: 独り検証~誰かと検証したい:

« 愚痴だね | トップページ | 稽古っぽい授業 »