« バナナはおやつであり、食事である | トップページ | 漂流中~言葉の使い方 »

漂流中~心や気持ちは見えないから

心や気持ちは見えないから、

替わりに“言葉”や“行動”に置き換えて、

それをヒトに伝えようとするモノです。

逆を云えば、

表出するモノから、

その人の内面を推測し想像するということです。

人間関係で齟齬が生じたトキに、

言葉を以ってそれを解決しようとするしか方法はないでしょ?

それを口にしないのは残酷ですよ。

徐々に互いの間に溝が生じていても、

此方はそれを知る由も無いのですから。

それを自分の中に溜め込んでいて、

ある日急に表出されても、

此方はついていけない。

真剣にヒトと向き合うってのはこういうコト?

真逆じゃないの?

結局は、

都合のいい所でだけ、

調子を合わせていただけじゃない?

それって、

表面的なおつきあいなんじゃないかと思う。

そういうヒトみたいってのは解ってたけど、

“もしかしたら?”

って思っちゃったんだよね。

どれだけヒトを見る目がないんだろう?

この件は自分以外の、

他の仲間と思ってるヒトを巻き込んで行ったコトだから、

その大事な仲間にまで迷惑をかけてしまったよ。

それは残念ではすまない、

後悔だね。

通じ合わない心をヅナグのに、

言葉がいかに無力か!

それを思い知った。

『何を考えているのか、ちゃんと表現しろ』

そういう言葉が、

よりいっそう溝を深めてたんだから。

言葉を学ぶヒトが、

自分を表現するのに言葉を使わないって、

それを改めなさいって指導してきたのが、

全く以って無駄だったってコトだった。

|

« バナナはおやつであり、食事である | トップページ | 漂流中~言葉の使い方 »

A4ペンシルB」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/41205455

この記事へのトラックバック一覧です: 漂流中~心や気持ちは見えないから:

« バナナはおやつであり、食事である | トップページ | 漂流中~言葉の使い方 »