« ビタミン剤画像 | トップページ | キムタクがキムタクなのは、仕方ない »

ヤマトはヤマトでした!!・・・良くも悪くも

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK Music 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK

アーティスト:サントラ
販売元:カナメイシレコード
発売日:2010/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

見てきました、

実写版の“ヤマト”です。

自分は肯定派ですよ、

このキムタク・ヤマト映画。

正直・・・最初の火星宙域海戦での沖田艦の敗走シーン、

そして、

沖田が「この戦艦を俺にくれ~」のセリフのシーンに、

ちょっぴり泣きました。。。

寡黙で物言わぬ沖田の心情に、

我が心の琴線が触れました。

日本が、

地球が最後に送り出した“ヤマト”という宇宙戦艦は、

沖田という男の“人類の復活”という夢をのせた船であり、

この『ヤマト』という作品は、

“沖田と古代”この二人の物語だったのだという自分の感じ方は正しいと思いました、、、

アニメの復活編がつまらなかったのは、

やはりその部分がなくなっていたからです。

ヤマトの大事な要素・・・。

若く血気盛んな主人公と、

その成長を促す老艦長の関係・・・。

復活編では、

まだ老ではないが、

沖田のかつていたポジションに大人になった古代が就き、

新たに加わった若いキャラクターがかつての古代のように血気盛んな役回りを演じていたが、

大人になってしまった自分には、

今更新キャラの血気盛んな行動には感情移入出来ず、

大人になった古代には不甲斐なさを感じ、

結果として、

ツッコミ所の多い画面自体ばかりに目がいってしまい、

懐古趣味的心すら揺さぶらない駄作にしか見えなかったのです。

ツッコミ所はあっても良いのです、

それが『ヤマト』というものだから。

ツッコミ所に目を瞑っても、

閉じた瞼を越えて心に焼きつく“男のロマン”・・・、

それが当時まだ少年だった自分には、

このヤマトに感じる事ができたのでしょう。。。

実写版のヤマトは、

自分が幼い頃に見たその“ヤマト魂”を思い出させてくれました。

前半の、

ヤマトがイスカンダルにたどり着くまでは、

結構ウルウル目で見てました。

そういうかつての“ヤマト魂”に、

最新のVFX技術によりリアリティーを加えられた“実写版ヤマト”は、

第一次ヤマト世代である自分の琴線を、

いい感じに揺らしてくれたのです。

|

« ビタミン剤画像 | トップページ | キムタクがキムタクなのは、仕方ない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/37982945

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトはヤマトでした!!・・・良くも悪くも:

« ビタミン剤画像 | トップページ | キムタクがキムタクなのは、仕方ない »