« アチャー(>_<) | トップページ | 鉄鍋餃子 »

見守るコトをすれば良い

見守るコトをすれば良い
我々指導者は、

子供の影法師なような存在に思います。

実体と同じように動いても決して先回りはしない…。

もちろん、

ただ見守るだけじゃありませんよ。

転んだ先に大怪我を誘発しそうな“鋭い岩の欠片”なんかがある場合には、

“転ばぬ先の杖”になりますけどね・・・。

或いは、

本人が道に迷っても、

カーナビのように詳しくルート案内はせず、

本人が自主的に考える紙の地図である方がいい。

考えて道筋を見いだせる人になって欲しいから。

そういう指導をするというコトは、

その分だけ時間がかかるし、

“待つ”という作業も必要です。

その分、

自分で見つけた答えに価値があるのです。

|

« アチャー(>_<) | トップページ | 鉄鍋餃子 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/37602356

この記事へのトラックバック一覧です: 見守るコトをすれば良い:

« アチャー(>_<) | トップページ | 鉄鍋餃子 »