« 月に向かうガンダム | トップページ | 箱根神社は霧の中 »

高速使った帰り時間は

高速使った帰り時間は
ETC不搭載の自分は絶対に、

“片道\1,000-以上料金のかかる高速区間は走らない”

そう心に堅く誓っているのですが、

夜中の濃霧の箱根の峠道を越える恐怖には勝てませんで、

帰りは沼津ICから東名を使ってしまったワケですが、

その帰宅にかかった時間は約4時間でした。

行きが、

まぁ行きの道中では、

あっちとこっちに寄り道したし、

それに若干遠回りもしたので同じような条件とはいえませんが、

約6時間位かかりましたから、

約2時間程早く帰りついたようです。

やはり高速は走りやすいし便利ですよ!

でも、

なぜ車輪が2つしかないバイクが、

軽自動車とはいえ4輪車と同じ料金を取られなければならないのか!?

今はタンデムが出来ますがそれ以前は、

4人乗りと同じ料金を、

1人乗りのバイクが取られていたのですよ!!

コレっておかしくないですか??

道に刻む轍の数は、

4輪車が2本でバイクが1本です。

ならばやはり半額が妥当じゃありませんか?

さらに今はETCを付けないと割引の恩恵にあずかれない…。

同じように料金料金を払うのに、

なぜこうも差別をするのか!?

ETCなしでも割引を適用すること!

コレこそが公平なのではないか!?

どこまで行っても\1,000-ならば、

料金所でもお札一枚払えば済むってことで、

一万円札で払ってお釣りのお札を受け取るより、

断然簡単で楽なハズでしょう?

民主党の(小沢一郎の?)嘘つき!

9月には思い切って、

もっと遠くまで旅しょうかと企んでいますが、

必ず平日に出かけるつもりです!

|

« 月に向かうガンダム | トップページ | 箱根神社は霧の中 »

ガンダム」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/36194832

この記事へのトラックバック一覧です: 高速使った帰り時間は:

« 月に向かうガンダム | トップページ | 箱根神社は霧の中 »