« よく見たらコチュジャンだった | トップページ | 東京で富士山に登れる神社 »

白い壁の空間

先日見たパフォーマンスです。

とあるワークショップの発表会だったのですが、

舞踏のような身体表現に、

朗読風な音声表現の要素を加えたような、

ちょっと前衛的な表現作品を見ました。

空間も普通の劇場とは異なる白い壁の空間で、

劇場の黒い壁が音やイメージを吸い込むように感じるのと逆に、

白い壁は、

表現者の放つイメージを反射したり、

またはみる側のイメージが投影されるような感覚があり、

見ていて非常にイメージが膨らみました。

理論やストーリー性よりも、

感性に訴えかけてくる、

そういう作品でした。

こういうモノが苦手な人たちにはこの面白みは受け入れられないかもしれないとも思いました…。
が、

勉強会などを始め、

営利よりも内面を優先したい…そういう発表を目論む自分にとっては、

色々と考えるきっかけをくれた作品でした。

|

« よく見たらコチュジャンだった | トップページ | 東京で富士山に登れる神社 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/34515541

この記事へのトラックバック一覧です: 白い壁の空間:

« よく見たらコチュジャンだった | トップページ | 東京で富士山に登れる神社 »