« 雪の花 | トップページ | nさんよりの問い合わせ~荻窪の公演~ »

修行時代

自分が20代の頃に、

仕事でお世話になっていた劇団の旅公演では、

ホントにいろいろな勉強をさせてもらいました。

そこは元々は新劇系の劇団でしたが、

旅のシーズン毎、

作品毎に、

色々な経歴の人達が参加していました。

新劇出身はもちろんのこと、

自分のような小劇場演劇の人や、

アングラ劇団の人、

新派新国劇の人には会ったことはありませんでしたが、

歌舞伎系の劇団育ちの人はいました。

ミュージカル風の作品もありましたので、

ダンサー~ジャズはもちろん、バレエやモダンの人、舞踏系の人もいましたし、

歌手やミュージシャン~声楽の方やロック系の人とも、

ご一緒させていただきました。

そのおかげで、

ホントに様々な表現方法を目の当たりにする事が出来ました。

なので、

“他人の演技を見て、その良いところを盗む”というのは、

自分の修行時代には、

まったくもって当たり前の事でした。

そういう刺激がとても良い勉強になりました。

公演が終わってみんなで酒を飲めば、

どういう話題から飲み会が始まっても、

最後には必ず芝居の話になるんです。

互いが互いの演技や表現を尊敬し、

尊重し、

時には喧嘩になる事もありましたが、

そういう、

互いに刺激し合える事、、、

それこそが、

「演劇人にとっての普通」だと思っています。

決して大手の有名劇団とはいえませんでしたが、

誇りとプライドをもって演じる事の出来る劇団でした。

そういう誇りを感じられない人や劇団・集団とは、

自分は決して付き合いたいとは思いません。

|

« 雪の花 | トップページ | nさんよりの問い合わせ~荻窪の公演~ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/33214880

この記事へのトラックバック一覧です: 修行時代:

« 雪の花 | トップページ | nさんよりの問い合わせ~荻窪の公演~ »