« バラ肉と蕎麦 | トップページ | かぼちゃの蒸しパン »

どっち派ですか?

どっち派ですか?
原作小説を読んでから

映画を観るか?

映画を観てから

原作小説を読むか?

東野圭吾作品

『さまよう刃』

です。

自分の中ではメインは小説、

映像よりも明確に作品世界が広がります。

でも映画には映画の見方があります。

東野圭吾作品に興味をもつキッカケになった『秘密』は、

たまたまテレビで放送されていた映画から入りました。

その時には後半の半分しか見られませんでしたがラストシーンがとても気になって、

後日TSUTAYAで借りたDVDで全編を観てストーリーを知りました。

それからDVDを返しに行ったその店で、

今度は原作小説の文庫本を迷わずに買いました。

映画以上に面白かったです。

その次に観た東野圭吾映画の『手紙』は原作小説が先、

映画は上映当時に映画館に観に行こうかと思いつつも、

タイミングがあわずに見損ねていた一本でしたが、

コチラの映画は物足りないと感じました。

『容疑者Xの献身』

も、

つい最近DVDで見ましたが、

やはり原作小説のもつ力の方が圧倒的でした。

ってコトを考えてみると、

原作小説を読んでから、

それが映画的にどう料理されているかを味わうのが良さそうですが、

それでは映画はオマケの楽しみ方しか出来ないし、

先に映画を観て、

その後原作小説を読んでイメージや理解の足りない部分を補うか?

さぁ今回はどうしょうかなぁ?

追伸

以前けい子さんよりコメントいただいた「幻夜」を先に読もうとも思いましたが、

読み止しのまま部屋のどこに置いたか忘れちゃって、

お預け状態です。。。

|

« バラ肉と蕎麦 | トップページ | かぼちゃの蒸しパン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/31841477

この記事へのトラックバック一覧です: どっち派ですか?:

« バラ肉と蕎麦 | トップページ | かぼちゃの蒸しパン »