« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ハッピーハロウィン(o^∀^o)

ハッピーハロウィン(o^∀^o)
ハロウィンはケルトのお祭りだとか?

あまりお祭りの意味はわかりませんが、

かぼちゃの色には暖かさを感じます。

コレから寒くなっていくから、

この色の暖かさとかぼちゃの栄養はきっと良いのでしょう!

今夜はかぼちゃを食べようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜の月は、

今夜の月は、
今夜の月は十三夜だそうです。

月を見上げるのは好きです。

太陽も好きですが、

太陽は眩しくて見つめられないですから。

それとは関係ないですが、

三遊亭円楽師匠がなくなったそうで…お悔やみ申し上げます。

また一つ、

昭和が遠くなりましたねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近気になる画

最近気になる画
新宿の裏道を歩いていて見かける風景ですが、

こういう“ビルの中にビル”的な画が目に留まります。

何だかダマされてるような気がします。

都会って何だろうと思いつつ、

田舎では暮らせないとも思うし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴロゴロ温野菜+コロッケ

ゴロゴロ温野菜+コロッケ
C&Cのカレーです。

コロッケは携帯クーポンで無料です。

ゴロゴロ温野菜のカレーは\580-だったかな?

携帯クーポンがあっての贅沢Wトッピングです。

温野菜はジャガイモがでっかいので良いのですが、

ニンジンが若干堅めなんですよね。

今回のニンジンは、

堅すぎず歯ごたえが楽しめる感じでした。

これくらいなら良いのですがね…。

ちなみに、

コロッケトッピングの携帯クーポンは今月末まで使えるようなので、

あと一回は行くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいたい半月

だいたい半月
夕方の白い月。

半分っていう形といい、

色の白さといい、

この中途半端さが今日の気分に合ってるかも。

| | トラックバック (0)

緑色がキレイ

緑色がキレイ
木洩れ日っぽい光に照らされた緑色がキレイでした。

この世界に、

目に見えるキレイなモノがあるコトに感謝したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイブリッド茶

ハイブリッド茶
“麦茶”と“緑茶”のハイブリッド茶。

って言ってもそうたいしたモンじゃないんですけどね、

コレは間違いから生まれました。

緑茶を入れる時には、

薬缶で沸かした湯を茶葉を入れた写真のガラス容器に注いで、

それを冷ましてからペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やします。

麦茶を作る時には、

その薬缶に麦茶のパックを入れて火にかけて、

それを冷ましてからペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やします。

同じ薬缶を使って1日毎に麦茶と緑茶のローテーションって感じなのですが、

緑茶用の湯を沸かす時にウッカリ、

麦茶のパックを薬缶に入れっぱなしてしまいました。

前の麦茶をペットボトルに注いで即、

次の緑茶用の湯を沸かしてしまったのです。

麦茶のパックは出涸らしなので、

沸いたのはすごーく薄い麦茶、

それで緑茶を入れてしまいました。

だからハイブリッド、

普通に入れた緑茶よりも色が濃いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“C&C”ではコレが基本です

“C&C”ではコレが基本です
松元的定番の“コロッケカレー”です。

ご飯は普通盛り

カレーの味は辛口をセレクト、

漬け物は“らっきよう”派です。

この“らっきよう”

子供時代には食べなかったモノです。

だからといって“福神漬け”派ってワケでもなくって、

そもそも、

カレーにはメインのトッピングさえあれば、

いや、

家庭的カレーのように大きめの具材が入っていれば、

それだけで十分と思っているクチなので、

豪華的なカレーにこだわるって所はありません。

お金のなかった20代の頃は、

たまの贅沢がコロッケカレーでした。

やがて育ち盛りの30代にはチキンカツ、

気分によってはロースカツという“ヘビー級”トッピングに気持ちが向いていましたが、

今はまたコロッケカレーに戻ってきました。

昔のC&Cのコロッケカレーでは、

もう少し小さいコロッケが2枚トッピングされていましたが、

現在はちょっと大きめのモノが1枚のせられています。

コロッケによっては、

パン粉のとがった様な、

ちょっとヘビーな衣のコロッケもありますが、

自分はソフトな衣のコロッケが好きなので、

この“C&C”のコロッケとは、

相性が良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“C&C”Wトッピング!

“C&C”Wトッピング!
カレーショップC&Cのメニュー、

『ベーコンとホウレン草カレー』に『コロッケ』のトッピングをプラスしました。

こんな贅沢が出来た理由は、

C&Cからの携帯クーポンのおかげです。

コロッケ無料の携帯クーポンがあるので、

思いきってみました。

ホウレン草はカラダに良いと信じていますので嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街頭インタビュー

仕事の帰りに寄った本屋でテレビクルーが取材をしていました。

どうやら付録付き雑誌についてのインタビューだったようで、

まさにそういうバイク雑誌を手にしていた時…、

正確には書棚に戻した時にですが、

ディレクターと思われる男性が声を掛けてきました。

「少しお話しを聞かせて頂けませんか?」

商売柄インタビューされるのはキライではありませんし、

とても丁寧な物言いのその人には良い印象を持ちましたが、

自分の商売上、

安易にブラウン管に映る(かも知れない)のは、

あまりよろしくないかなぁ~とも思いまして、

恐縮しながら辞退させて頂きました。

その時の自分の姿は頭にバンダナを巻いていて、

顔にはインフル予防用にマスクをしていて…、

まぁ恐らくは、

それらが無くてもコチラがタレントの端くれだとは気づかなかったとは思うし、

事務所的にも、

それで怒られるようなコトもないとは思いましたが、

一応気を遣ってみました。

それとは関係ありませんが、

ノリPは、

自分の意思とは関係なく、

ここ数日テレビに出まくってますね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぼちゃのお菓子

かぼちゃのお菓子
もうすぐハロウィン。

ってコトでハロウィン関連デザートの和風版、

かぼちゃのどら焼きを見つけたので買ってみました。

ふわふわなどら焼きの生地に、

同じくふわふわなかぼちゃのクリームが挟まれています。

洋風な感じのどら焼きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コレ、誰?

コレ、誰?
夜の帰り道に見たのですが、、、

近所の小学校にこの人が来るそうです。

誰?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音響さんの仕事

音響さん
今日はワケあって、

音響の仕事をしています。

学生ライブのPAです。

昨夜は…っていうか、

今朝4時まで,、

友人に手伝ってもらいながら、

機材を仕込んでました。

明けた今日も朝から大変です。

5時間で10バンドが出演します。

入れ替わりたちかわりで座って休むヒマもありませんが、

出演者の学生をみていると楽しそうでよいですね。

自分の学生時代が蘇るようです。

でも、

正直疲れたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団SET30周年記念!

劇団SET30周年記念
劇団SETの30周年を記念する本公演におじゃましました。

劇団には知り合いが何人かいて、

いつもはその人達にチケットを申し込んでますが、

今回は事務所がご招待いただいたのを廻してもらいました。

なので手土産を持っての観劇です。

三宅裕司さん率いるミュージカルアクションコメディをの旗を掲げる劇団SETは、

創立30周年だそうです。

30年続くだけでも大変ですが、

高い評価を受け続けるコト、

それも常に新しいコトに挑戦し続ける30年は、

まさに宝石のように輝かしいコトだと思います。

その記念すべき公演に立ち合えたコトを誇りに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパゲティの食感が・・・

スパゲティの食感が
初めて買ったスパゲティで、

袋の文字のほとんどが外国語なので、

おそらく外国のメーカーのモノでしょう。

太さは1.6mmで、

茹で時間は5〜6分とあったので、

6分茹でました。

アルデンテは少し過ぎてしまいましたが、

それでも十分美味しいです。

ちょっと“もちもち感”があるようでそれが良いです。

NHKの5階の食堂の安い方のミートソーススパゲティより美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィンドウズ7の発売日

ウィンドウズ7の発売日
2004年に買ったパソコンは、

ちょいとお疲れ気味になってきている様なので、

そろそろ新しいパソコンが欲しくなってきている今日この頃、、、

新しいOSである『ウィンドウズ7』が発売されたとのコト。。。

一つ前の“ビスタ”には正直…あまり興味がなかったので、

ある意味新OSを待っていた感が無きにしも非ずです。

いろいろ評判を聞いてからのコトになりましょうが、

新OSの搭載された新しいパソコンの購入も、

真面目に考えてみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の味覚、さつまいもぱん

秋の味覚、さつまいもぱん
秋の味覚、

さつまいもぱんです。

極みだそうです。

我がふるさと『川越』はさつまいもの有名な産地ですが、

両親の住む鹿児島県もやはり、

有名なさつまいもの産地です。

この商品に使われているさつまいもは、

鹿児島県産のモノのようです。

さつまいもは好物で、

子供の頃にはよく蒸かしてもらいました。

焚き火にくべた焼き芋ってのもありましたが、

たいていは蒸かし芋だったと思います。

大人になってからはあまり食べなくなったので、

さつまいもは懐かしい味です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蒸かし焼き芋

蒸かし焼き芋
今日の朝ご飯は、

『蒸かし焼き芋』です。

一度蒸し器で蒸かしてから、

オーブントースターで焼きあげました。

自分でさつまいもを調理する時には、

濡らしたティッシュで芋をくるみ、

そいつを更にアルミ箔で包んで、

オーブントースターで焼きます。

細い芋ならそれが簡単だと思いますが

コレは太かったので、

一度蒸して火を通してから、

蒸した時の水分を飛ばすのに焼いてみました。

ちなみに、

蒸し器がないので、

水を張ったフライパンに深めの皿を入れて、

それにさつまいもをのせました。

簡易蒸し器です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャンパンタワー!!

シャンパンタワー
結婚式の披露宴にお呼ばれしました。

新郎が、

おやじダンサーズがお世話になっている方なので、

メンバー4人で一曲踊りました。

リーダーはズルいので、

一人でピアノの弾き語りをしました。

しかも、

オリジナルのバラードを!

コレが良い曲で、

もしコレが自分の披露宴だったらきっと感動して泣いていたでしょう。

まだまた自分にその予定が無いのが残念ですが。

写真は二次会の会場に立てられたシャンパンタワー、

披露宴ではウエディングケーキが切り分けられた代わりに、

二次会ではこのシャンパンタワーをみなで分け合おうってコトのようです。

幸せのおすそ分けです。

我々はココでも一曲披露するので、

アルコールはほどほどにです。

どうか新しい家族に末永い幸せが訪れますように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初焼き網

人生初焼き網
サバの干物を焼いています。

一人暮らしも長いですが、

焼き網を使って魚を焼くのは生まれて初めてです。

ドン・キホーテで買った焼き網、

\398-でした。

さんまを焼いたら美味しかろうと思って買った焼き網ですが、

いきなりお頭つきは精神的に難しそうに感じたので、

半額だったサバの干物から始めてみました。

どのくらい焼けば良いか?

火加減は?

一時たりともサバから目を離せない緊張感でしたが、

なんとか上手くいったようです。

自分で焼くと、

味以外の美味しさを味わえます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かぼちゃの蒸しパン

かぼちゃの蒸しパン
コンビニのハロウィン関連商品。

ふわふわの蒸しパンにトッピングされたかぼちゃのタネ(と思うのですが…?)との食感のコンビネーションが良いです。

今関わっているとある芝居のセリフでハロウィンにまつわる話しを盛り込んでいたねで、

コノ場を借りてそれを披露しようかと思い出してみましたが、

残念ながら覚えていませんでした。

かぼちゃの料理はまだしたことがないので、

そのうちに挑戦してみたいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっち派ですか?

どっち派ですか?
原作小説を読んでから

映画を観るか?

映画を観てから

原作小説を読むか?

東野圭吾作品

『さまよう刃』

です。

自分の中ではメインは小説、

映像よりも明確に作品世界が広がります。

でも映画には映画の見方があります。

東野圭吾作品に興味をもつキッカケになった『秘密』は、

たまたまテレビで放送されていた映画から入りました。

その時には後半の半分しか見られませんでしたがラストシーンがとても気になって、

後日TSUTAYAで借りたDVDで全編を観てストーリーを知りました。

それからDVDを返しに行ったその店で、

今度は原作小説の文庫本を迷わずに買いました。

映画以上に面白かったです。

その次に観た東野圭吾映画の『手紙』は原作小説が先、

映画は上映当時に映画館に観に行こうかと思いつつも、

タイミングがあわずに見損ねていた一本でしたが、

コチラの映画は物足りないと感じました。

『容疑者Xの献身』

も、

つい最近DVDで見ましたが、

やはり原作小説のもつ力の方が圧倒的でした。

ってコトを考えてみると、

原作小説を読んでから、

それが映画的にどう料理されているかを味わうのが良さそうですが、

それでは映画はオマケの楽しみ方しか出来ないし、

先に映画を観て、

その後原作小説を読んでイメージや理解の足りない部分を補うか?

さぁ今回はどうしょうかなぁ?

追伸

以前けい子さんよりコメントいただいた「幻夜」を先に読もうとも思いましたが、

読み止しのまま部屋のどこに置いたか忘れちゃって、

お預け状態です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラ肉と蕎麦

バラ肉と蕎麦
角煮の煮汁をタレに使ってお蕎麦をいただきます。

冷蔵庫の残りモノのレタスがそろそろ使い切ってくれと言っているので、

さっと煮汁ベースの汁で煮てみました。

微妙に残ったシャッキリ歯ごたえが良い味のアクセントになったと思います。

ところで豚の角煮って、

どれだけ煮ればトロトロになるんだろう?

未だ納得せずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚バラ肉を煮ています

豚バラ肉を煮ています
焼いてから下茹でした豚バラ肉の塊を、

小さく切り分けてから小鍋で煮ています。

家にはあまり沢山の調味料が無いので、

味の基本は“砂糖”と“麺ツユ”です。

今回の工夫は、

タレに蜂蜜を加えると照りが出るようなコトを見聞きした記憶があったので、

蜂蜜の代わりに甘味として、

メープルシロップを加えてみました。

果たして正解か否か?

目標はお店で出されるような“トロトロ”な角煮なのですが、

なかなか上手く行きません。

馴染みの店のマスターは酒をタップリ入れて、

それで煮ると良いと言ってたかなぁ?

酒か焼酎でも買ってくるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝プリン

朝プリン

市販のプリンの素で作ったプリン。

今日の朝ご飯、

昨夜作って冷蔵庫に入れておきました。

朝プリン

水か牛乳で溶いて作るタイプなので簡単です。

容器に前に買ったミルクプリンのモノを使いました。

こういうモノを作るのは子供の頃以来ですが、

何だか最近ホットケーキとかプリンとかフルーチェとか、

牛乳を使った簡単お菓子が作りたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贅沢外食=カレーライス

贅沢外食=カレーライス
“coco壱”のカレーです。

どの辺が贅沢かというと…トッピングにちょっと贅沢をしました。

今回は温野菜カレーにカニクリームコロッケをトッピングしました!

ちなみに、

カニクリームコロッケカレーに、

温野菜をトッピングしても値段は一緒です。

どちらが先かは気分の問題です。

ハラヘリ人は普段は、

ご飯を大盛=400gをセレクトしていますが、

今夜は飲みを伴った打ち合わせがあるので、

少し控え目の、

普通盛り=300gをセレクト、

(普通盛りってのは普通であって、普通の方々には決して控えめではないでしょうが)

かわりに、

普段は辛さ調節で“2辛”をセレクトしているのですが、

思いきって“3辛”にしました。

“3辛”はたしか…60円増しだったかなぁ?

更には、

卓上にあって自分で盛り放題の漬け物を、

小さくてんこ盛りにします。

全部で値段はたしか…\910-だったかなぁ?

ちょっとした贅沢だなぁ〜。

ちなみにカレーのタイプは、

coco壱よりもC&Cの方が好みですが、

トッピングの温野菜はコチラの方が良いです。

以前食べたC&Cの温野菜は、

ニンジンが固くて、

スプーンでは切れなかったです。

ちなみに今回セレクトした辛さ“3辛”は、

唇がちょっとヒリヒリしました。

辛さ的には良かったのになぁ…。

お肌が弱いので唇も敏感なんです。

2辛なら大丈夫なので、

それに、

卓上の辛さ調節用のスパイスをしこたまかける方が良いのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み間違い!

読み間違い!
明らかに女性を対象にした店に出ていた看板なんですが、

コレらの文字が、

“バイ○グラ”

に読めちゃいました。

びっくりしちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウチの猫

ウチの猫
って言うか、

ウチの学校の校舎の駐車場の隅っこで、

いつも日向ぼっこしている猫です。

首輪がされてるからどこかで飼われてると思うのですが、

毎朝この辺で日向ぼっこしてます。

今日は久しぶりに学校の近所のカレー屋に行きました。

以前は\980-だったランチバイキングが、

\1,000-に値上がりしてました。

味などは全く変わっていなかったのですが、

たった\20-の値上がりですが、

ちょっと裏切られたような気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会的幻影

都会的幻影
鏡状のビルに、

向かい側のビルの影が映ります。

現実の中に幻影が朧な輪郭を身にまといながら陽炎のように林立すると、

都市は幻影の中に取り込まれて行くのではないか?

そんなコトをふと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻婆ナス焼そば

麻婆ナス焼そば
麻婆ナスを、

焼そばに絡めました。

麻婆ナスがもう少し辛めだったら良かったかも。

市販の豆板醤を買おうかな?

昔はよくインスタントの焼そばを食べてました、

生麺よりも手軽で安い印象だったから。

でも今ではインスタントの方が高額な食品になってしまいましたね…。

たまにジャンクなインスタント焼そばやカップ焼そばが、

無性に食べたくなるコトがあります。

今ではそれは贅沢な行為です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故か“なめたけ”・・・

何故か“なめたけ”
先日芝居の差し入れに、

何故か“なめたけ”が贈られました。

一緒に“ごはんですよ”と“ジャンボプリン”をあわせていただきました。

ごはんの友とデザートのセットです。

実は自分は子供の頃には“ヌメヌメ”系や“ネバネバ”系が苦手だったので、

なめたけも食べたことがありません。

大人になった今は全然大丈夫になったので、

ホカホカご飯と一緒にいただきたいと思います。
美味しいらしいですね、

なめたけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犬も好きですが…やっぱり猫が好き!

犬も好きですが…やっぱり猫が好き!
コレは自分のスクーターじゃないんですが、

こういう状況の時って嬉しい反面…猫になかなか退いてもらえなくて困ります。

スクーターの足置きってもしかしたら居心地が良いのかもしれない?

昔まだスクーター乗りだった頃に、

急ぎ出かける時にこうなっていた事があって、

危なく遅刻しそうになったコトがありました。

昔住んでいた中野の部屋には一時期、

通いの猫がいました。

ペットではないので、

出かける時には表に出すし、

向こうも出かけたい時には、

コチラにお構いなしにドアをガリガリしながら“ニャアニャア”と鳴きました。

膝の上にいたかと思えば次の瞬間にはプィっと向こうに行ってしまう、

ああいう何にも媚びないところが良いです、

気まぐれさが気楽で良いです。

愛犬を連れてサイドカーなどで旅をする人などもいらっしゃるようですが、

自分は猫好きだから、

こんな風に猫と一緒に旅が出来たら良いなぁと思ったりしますが、

気まぐれだから旅先でもコッチのスケジュールなんかお構いなしなんだろうな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外食、カレーショップC&C

外食、カレーショップC&C
カレーショップC&Cの“サーモンチーズフライカレー”です。

とある高校の演劇部に指導に行った帰り道に寄りました。

あっさりめのサーモンチーズフライにタルタルソースの組み合わせが良いです。

お手軽カレーショップでは、

C&Cが好みです。

一食につき一枚サービス券がもらえます。

十枚集めると、

カレー一食タダになります。

嬉しいです。

携帯サイトに登録しているので、

トッピングのクーポン券が配信されれば、

サービス券とあわせてタダでトッピング付きカレーが食べられます。

嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフォメーション 10/10(土)~12(祝日)

文学座付属演劇研究所研修科発表会
縁あって老舗の劇団の舞台公演に関わらせて頂くコトになりました。

【文学座付属演劇研究所研修科発表会】

『結婚仲介人』

作:ソートン・ワイルダー

演出:富田稔英

この発表会で、

ちょっとした振付をさせていただきます。

演劇的にいいますと『新劇』といわれる系統の作品ですが、

舞台演劇作品を初めてご覧頂く方々にも、

肩の力を抜いて楽しめる舞台になっています。

それでいて“人生への教訓”もたっぷり学べます。

10月10日)=18時

       11日)=13時 〜 と 18時 〜 の2回公演

       12日祝日) =13時

       (全4ステージ

場所=文学座アトリエ←クリックで劇場の地図にリンクします

入場料は無料となっていますが、

客席数の関係上事前に、

劇団宛てに予約して頂くコトになります

※ご予約・お問い合わせは↓コチラの番号へお願いします。

03-3351-7265(劇団文学座)

満席になり次第札止めとなりますので、

ご予約はお早めにお願いします。

芸術の秋にちょっとオシャレに着飾って、

劇場へ行くのはいかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文学座発表会・楽日

文学座発表会・楽日
体育の日の朝はキレイに晴れました!

近所の小学校では先の土曜日に運動会をやっていましたから、

今日は休日を楽しんでいるのでしょうね。

縁あって関わらせて頂いた文学座の発表会も、

今日が楽日です。

良い天気で良かったです。

向かい側で作業中の重機達も、

休日には休んでいます。
ホコリの立たない今がチャンスと、

朝から洗濯をガッツリ済ませて、

祝日的には今日は“体育の日”ですが、

こちらは“芸術の秋”ってコトで最終回の舞台を客席から拝見させて頂きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇都宮餃子の焼き上がり

宇都宮餃子の焼き上がり
大きいので少し慎重に焼きました。

慎重過ぎて火を弱くし過ぎた為か、

なかなか焼き色が付かなかったのがちょっとドキドキ、

ちょっと皮が破れてしまいました。

包装に書かれていた焼き方を読むと“裏返す”旨が書かれていたので、

焼き面の状態を確認してから裏返してみました。

返した面にも焼き色が付いてきた頃に、

皿に取りました。

それにしてもやはり大きい餃子です。

大きさの比較用に、

手前にミンティアを置いてみましたが、

ちょっとした小ぶりのバナナ位ありそうな大きさです。

子供1人の若夫婦だったら、

親が2つで子供が1つの計5つで、

十分一食分になりそうです。

自分はコレを焼そばの友にするつもりでしたが、

餃子だけでお腹いっぱいになりました。

値段はいくらだったかなぁ?

たしか\150-位だったかも?

あまり行かない方のスーパーで買いましたが、

このボリュームが、

ちょっと気に入りました。

『宇都宮まんぷく餃子職人』

また買ってみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮まんぷく餃子職人

宇都宮まんぷく餃子職人
あまり行かない方のスーパーで買いましたが、

5つ入りなんですが…デカいです!

この大きさにひかれて買いました。

『宇都宮まんぷく餃子職人』

以前宇都宮を訪れた時に宇都宮餃子を頂きましたが、

その時に食べたのは普通の大きさだったと思うので、

この商品がたまたまデカいのだと思うのですが…どうなんでしょうか?

このデカさはインパクトあります!

どれくらいデカいのか!?

宇都宮まんぷく餃子職人

いざ焼こうと↑フライパンに並べたら、

28cmの直径がいっぱいになりました。

もしかしたらこの餃子、

思ったよりも強敵かもしれません。

弱めの中火で、

少し慎重に焼いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとした寂しさ...

ちょっとした寂しさ
写真は、

前回の記事に添付しようとして忘れた、

開場前のアトリエ入り口です。

幕が開いたのはWキャストの片方なので、

厳密にはまだ半分ですが、

発表会自体は開幕しました。

本番の幕が開いたらもう、

振りは振付者の手を離れたので、

開幕の嬉しさと共に、

ちょっと寂しい気持ちもあります。

後は作品や出演者と共に、

一人でも多くの方に、

松元の付けた振りが愛されるコトを願うのみです。

松元の仕事は終わりましたが公演はもう少し続きます。

残りの公演は純粋にお客さんとして、

若い出演者を応援します。

ちなみに、

最近週末には、

個人的に縁のある若手と一緒に演技の勉強会を催しているのですが、

今週末はその課外授業として、

この発表会を見るコトを勧めました。

初回のステージにも何人か来ていましたが、

正統派の流れをくむ今回の発表会は、

出演者は若手ながらも、

少なからず勉強になるモノが多かったと連中も話していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まもなく本番開幕!

初めておつき合いさせて頂いています、

老舗劇団『文学座』のアトリエ発表会の幕が開きます。

舞台稽古の日があの大荒れ台風の日で

その日は稽古開始時間にアトリエにたどり着けなかった人も何人かいたようでタイヘンだったようですが、

今日の昼間に最終ゲネプロを無事に行い、

あとは本番の開幕を待つばかりです。

劇場のこういう“ワクワクした感じの緊張感”が好きで、

自分もモーレツに作品を作りたくなります。

お芝居は良いです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いなだの刺身のっけ盛り

いなだの刺身のっけ盛り
レタスを敷いた真ん中にいなだの刺身をのっけ盛りしました。

刺身の魚は自分で釣ったモノ、、、

ではありませんが、

サクからの切りだしは自分の包丁でやりました。。。

写真では刺身の下になっていて見えませんが、

タマネギスライスを1ヶ分丸々たっぷりかくしてあります。

刺身には麺ツユをぶっかけて、

レタスにはマヨネーズをかけて、

グチャグチャにかき混ぜていただきました。

いなだの刺身サラダってコトです。

手で千切ったレタスはシッカリ水を切り絞ったのですが、

食べ終わった皿には、

多量の水分が出ていました。

シャキシャキレタスはみずみずしさと歯応えが良いですが、

水っけが多すぎたのは残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味タマのせカップヌードル

味タマのせカップヌードル
朝ご飯に、

カップヌードルに味タマをのせました。

カップヌードルは“ガンプラ付き”のヤツです。

カップヌードルが、

ちょっとしたご馳走に感じます。

とりあえずは、

味タマシリーズはコレで最終回です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味タマトッピングカレー!

味タマトッピングカレー
上出来なお手製味タマを、

お気に入りのカレーライスにトッピングしました。

残念ながらカレーは手作りではありません。

ご飯がカレーで汚れているのは、

味タマをのせるのに一度失敗してしまった名残です。

写真的には重ねて残念でしたが、

味タマをのせた“男料理”には満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24時間後の味タマ

24時間後の味タマ
写真では微妙な色合いが上手く表現出来ないのが残念…。

真っ白に見えますが、、、

肉眼で見ると明らかに12時間前よりも色づいてマス!

24時間後の味タマ

割ってみたら、

黄身のトロミ具合もナイスだし、

黄身も真ん中です!

調理の甲斐がありました。

初めてにしては上出来です。

男料理のレパートリーが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味タマ作り2

味タマ作り2
この中にゆで卵が隠れております。

茹で時間=5分の予定が思わぬミスが発覚したので、

ちょいと長めの5分半茹でられた卵が、

殻を剥かれてココに漬け込まれています。

茹で卵が料理として簡単ではない理由は、

茹で上げた後にあると言っても過言ではありません!

湯から上げて即冷水にいれます。

そこであら熱をとった後、

繊細さを要求される殻剥き作業を行います。

水の中で細かくヒビをいれた殻を、

殻と白身との間に水を含めるように、

ゆっくり静かに殻を剥くのです…。

繊細に作業した甲斐あって、

茹で上げた卵全てからツルツルに剥けました!

コレを出汁に漬け込みます。

出汁の素がなかったので、

ダシ入り味噌で薄い味噌汁を作り、

そこに麺ツユを加えたモノに漬け込むコトにしました。

濃いめのタレに短い時間漬け込むよりも、

薄味のダシに長めに漬け込む方が良いと聞いたので、

味噌汁としてはかなり薄味にしてあります。

コレを冷蔵庫で12時間程漬け込んだのが、

先日の“白身がうっすら色ついた”味タマです。

実験的に一つ出してみましたが、

残りは思い切って、

更に12時間…都合24時間漬け込む予定です!

〜いつかにつづく〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、味タマに…。

そして、味タマ…。
よ〜く見て下さい、

うっすらと白身に色がついてますから。

残りの卵で今度は味タマ作りにチャレンジします!

コレが正しいのかはわかりませんが、

沸騰した湯内に卵を投入します。

狙い目は“トロトロ”と“半熟”の中間的な黄身です。

前回の実験結果から導いた茹で時間は“5分”です。

実験では5分茹でたら、

トロトロと半熟の良い間位な黄身になりました。
誤算というか考えの甘かったトコロは、

卵を常温にまで戻さずに茹でてしまったコトです。

3ヶ茹でた時には湯温がさほど下がらなかったのかすぐに再沸騰したのですが、

さすがに倍の数が、

冷蔵庫から直接湯内に投入されたら、

再沸騰までに更に時間がかかってしまいました。

黄身にまで十分に熱が届いていない可能性があります。

お玉で茹で中の卵を大きくゆったりと回しながら、

この緊急事態に対応しようと考えて、

予定より30秒長く茹でるコトにしました。

果たしてその結果は?

〜いつかにつづく〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月が笑ってるように見える夜は気分が良いかも。。。

月が笑ってるように見える夜は気分が良いかも。
関わらせてもらっている『文学座付属演劇研究所研修科発表会』の稽古場からの帰り道で見上げた夜空には、

ぽっかりとまぁるい月が浮かんでいました。

稽古終了後のアトリエにて、

ちょっとした親睦会が催されました。

若い出演者の方々をはじめ、

スタッフとして稽古場並びに公演を支える若き演出部の人々、

そして演出の先生と共に、

色々と楽しく、

また為になる話し+雑談を楽しむ時間を過ごしました。

厳しい稽古の合間のホッと一息つく時間は大切ですよね。

ほとんどの関係者が、

自分とは育ちも世代も違いますが、

共に同じ一つの作品を作るコトに関われるコトは嬉しいコトです。

彼ら若い世代の活躍を期待しつつ、

自分自身にも更なる道を模索させる前向きさを与えられたこの出会いに、

感謝の意を感じます。

追伸

帰りの地下鉄の中で偶然に、

昔の生徒に出会いました。

ちょびっと大人っぽくなっていて、

不覚にも声をかけられるまで気がつきませんでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実験!トロ〜り茹で卵

実験!トロ〜り茹で卵

夜中にちょっと小腹が空いたので、

実験がてら卵を茹でてみました。

我が家の冷蔵庫の卵置きスポットには7ヶ置けます、

10ヶ入りパックを買ったので、

そこに納めきれない分の3ヶを茹でました。

沸騰してから湯中に卵を投入して、

実験がてらですから時間差で取り出します。

3分半・4分半・5分

の3段階です。

茹で卵も立派な料理ですよ。

黄身がなるべく真ん中に来るように絶え間なく卵をお湯の中でゆっくりと転がし続けます。

強く転がしてしまうと殻が割れてしまうと思ったので、

ココでは繊細なお玉捌きが要求されます。

ってコトで出来たのが写真の茹で卵、

実験!トロ〜り茹で卵

コレは3分半で引き上げたヤツで、

包丁を入れたら中の黄身は見事に“トロ〜り”状態でした。

ちゃんと“調理”しただけあって、

黄身がちゃんと真ん中に来てるでしょ?

たいへん良く出来ました!!

今度はコレを醤油ベースのタレに漬け込んで、

ラーメン屋さんで出てくるような“味タマ”に挑戦してみます!

ちなみに、

半熟卵としておやつに食べるなら、

茹で時間は5分〜5分半位が良さそうです。

大成功の“男料理”でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナスとピーマンとミートソース

ナスとピーマンとミートソース
先日のコト、

銀杏並木の下を歩いていたら、

目の前にコツンと落ちてくるモノがありました。

急いでいたので拾ったりはしませんでしたが、

どうやらギンナンのようでした。

拾って帰れば食べられるのかな?

今は食欲の秋の真っ最中です!

特売品のナスとピーマンを炒めて、

ミートソーススパゲティに混ぜ合わせました。

ナス×1本

ピーマン×3ヶ

冷蔵庫に残っていた豚バラ肉4切れをスパゲティと一緒に茹でました。

ミートソースはいつもと同じく市販のモノですが、

缶をパッカン!

ってんじゃありません。

顆粒タイプのミートソースの素ですが、

挽き肉とタマネギのみじん切りと合わせ炒めて、

水の代わりにトマトジュースで煮込みました。

ちょっとだけ手作りっぽいです。

お味は…残念ながら、

缶をパッカンの方が好みかもしれない?

顆粒タイプの素を溶くだけじゃ美味しくならないのか?

トマトジュースの味が結構出ているので、

それがあまり好みの味のトマトジュースじゃなかったからか?

いずれにしても、

まだまだ研鑽が足りぬようです。

赤いトマトベースのソースに、

ピーマンの緑色が散りばめられると、

色味がキレイで食欲を誘います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M・ジャクソン、幻のコンサート!

M・ジャクソン、幻のコンサート
映画の話題をもう一本。

M・ジャクソンの幻のコンサートのリハーサル映像が公開されるという、

その劇場公開映画の予告編を見ました。

ハッキリいって、

スゴく本編が気になりました。

見たいって思いました。

10月28日世界同時公開!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『BALLAD』と『カムイ外伝』を見ました

映画の日に見た2本の映画は、

『BALLAD』と『カムイ外伝』でした。

どちらも時代劇、

劇中にCGが使われているなどの共通点…?

ってほどでもないかな?

どちらも面白かったんですけど…、

1本じゃお腹いっぱいにはならなかったかな。

『BALLAD』はアニメが原作だけあって中身はわかりやすいのですが…、

わかりやすい分だけ若干食べごたえの薄い印象かなぁ?

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD] DVD 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2003/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに、

原作アニメは見ていません。

今回の映画は、

時代劇として見たら演技が結構今風のモノだし、

テーマ的には見せたい物語は果たして、

“身分違いの悲恋”なのか?

“少年の成長譚”なのか?

終わってみたらどっちつかずな印象で…。

これならテレビの連続ドラマにして、

人物の関係性などを細かく描いてくれた方が、

もっとわかりやすくて見応えも良くなりそう。

そういう“BALLAD”を見たいかなぁ。

『カムイ外伝』は…原作が好きで昔読んでいましたが、

原作とのギャップとかの違和感は特に感じませんでした。

カムイ外伝-スガルの島- (ビッグコミックススペシャル) Book カムイ外伝-スガルの島- (ビッグコミックススペシャル)

著者:白土 三平
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑原作のうちの映画化されたエピソードが出版されたようです。

昔のアニメでは最終回にあたるエピソードが、

今回の映画のメインエピソードなんですが、

今映画は…CGシーンがゲームの画面みたいで、

そこがちょっと悪印象です。

忍術のシーンなんか、

一歩ズレたらギャグになっちゃいそうでしたよ。

まぁそのおかげで残虐行為風なシーンも目を背けるコトなく見られましたけど、

その分だけ“痛み”が伝わりにくくなってないかなぁ!?

“生きるコトに伴う様々な痛み”のようなものがテーマの一つとしてありそうな気がしたから残念…。

ちゃんとカラダを使っていそうな(シーンによってはCGなのかもしれないから)のアクションがなかなか良かったから、

尚更残念かなぁ〜。

(草鞋や草履で全力疾走するのって大変なんですよね)

以前見たネオ時代劇“GOEMON”の時にも思ったけど、

人間を描きたいドラマを作るには、

今の日本映画の規模のCGではかえって邪魔に感じるコトがあります。

“BALLAD”のような使い方なら、

画面としても技術としても、

“背景”として成立しているし、

でしゃばり過ぎないから良いけど、、、

カムイ外伝みたいにガガガーっと全面的に見せられるとちょっとね。。。

過剰な演出技術や表現技術よりも、

ありのままの生命の姿がそこに感じられるような…そういう表現が、

自分の志向的には見てみたいと思います。

カムイ外伝は、

原作ではこの後更にエピソードが続き、

人物も魅力的な人達が出て来ますからねぇ。

今回興業的に上手くいけばパート2的なコトにもなるんじゃないですか?

それはそれで楽しみですが、

唯一の心配は、

CGシーンに更に拍車がかかってしまって…、

かの迷作“○ビルマン”のようにならないかってコトですね。

2本ともに、

またDVDで見てみたいなぁって思う程には面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピザ風米なすのソテー

ピザ風米なすのソテー
米なすが2個で\98-だったので試してみるコトにしました。

ナス田楽にしようかと思いつつも、

最近よく使っているピーマンと合わせピザ風にしてみました。

縦に薄切りにした米なすをフライパンに並べて、

その上にピザソースの代わりにケチャップ塗ってから、

タマネギ1個

ピーマン2個

細かく切ったソーセージ5本

をのっけてから“とけるチーズ”2枚を千切ってのせて、

だめ押しに冷凍庫に残っていたシラスを散らしてみました。

チーズとシラス以外の具は予め下味をつけて炒めておいたので、

ナスにのっけてからは弱火でじっくり蒸し焼きにしました。

チーズはもちろん、

ナスのとろけ具合もナイスな仕上がりです。

残念なのはちょっと薄味だったコト。

ケチらないでピザソースを買えばもっと美味しかったかも?

しかし、

男料理的にはOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画の日に映画館にいったら、、、

映画の日に映画館にいったら、
映画の日だから久々に映画館に行ったら、

なんとこの映画館、

10月10日にも“10周年記念サービス”をしてくれるそうです。

豊島園の隣にある『ユナイテッドシネマ豊島園』です。

この週から公開の作品が千円で見られるみたいなので、

時間のある方にはオススメです。

自分は、

この日は別件があるので、

多分来られません。

ちょっと残念です。

久しぶりの映画館なので、

思い切って2本ハシゴします。

両方とも時代劇です。

一本目はアニメが原作のあの恋物語です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dove モイスチャートリートメントW

Dove モイスチャートリートメントW
最近使い始めたお気に入りグッズ

『Doveモイスチャートリートメントウォーター』

一日中なめらかでつやめく髪でいられますよ!

商売柄、

長い方がヘアメイクでいろいろ遊べるので、

結構髪を伸ばしてます。

長さだけならガッキー位長いです。

ちなみに、

ガッキー位長いってのは、

ガッキーの身長位長いってコトじゃなくて、

ガッキーの髪の長さと同じ位長いってコトです、

念のため。

自分はガサツなので、

あまり髪の手入れが上手じゃありません。

すぐに絡みあったり、

キシキシになったりします。

今日もステージがあったので、

ヘアスプレーで髪の毛をかなりイジメてしまいました。

一応その度に、

思い出したようにトリートメントをするのですが、

このDoveなら、

夜の洗髪後はモチロン、

朝シャンの後の時間のない時などでも簡単に、

シュシュっと出来るので手間要らずでとても便利です。

それでいてキャッチコピーの文句のごとく、

『一日中なめらかでつやめく髪でいられる』ので良いです。

しかもお値段も、

夜中のドン・キホーテで買いましたが、

お手頃価格です。

この洗い流さないタイプのトリートメント、

しばらく試してみることにしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »