« ピザ風米なすのソテー | トップページ | M・ジャクソン、幻のコンサート! »

『BALLAD』と『カムイ外伝』を見ました

映画の日に見た2本の映画は、

『BALLAD』と『カムイ外伝』でした。

どちらも時代劇、

劇中にCGが使われているなどの共通点…?

ってほどでもないかな?

どちらも面白かったんですけど…、

1本じゃお腹いっぱいにはならなかったかな。

『BALLAD』はアニメが原作だけあって中身はわかりやすいのですが…、

わかりやすい分だけ若干食べごたえの薄い印象かなぁ?

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD] DVD 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2003/11/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに、

原作アニメは見ていません。

今回の映画は、

時代劇として見たら演技が結構今風のモノだし、

テーマ的には見せたい物語は果たして、

“身分違いの悲恋”なのか?

“少年の成長譚”なのか?

終わってみたらどっちつかずな印象で…。

これならテレビの連続ドラマにして、

人物の関係性などを細かく描いてくれた方が、

もっとわかりやすくて見応えも良くなりそう。

そういう“BALLAD”を見たいかなぁ。

『カムイ外伝』は…原作が好きで昔読んでいましたが、

原作とのギャップとかの違和感は特に感じませんでした。

カムイ外伝-スガルの島- (ビッグコミックススペシャル) Book カムイ外伝-スガルの島- (ビッグコミックススペシャル)

著者:白土 三平
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑原作のうちの映画化されたエピソードが出版されたようです。

昔のアニメでは最終回にあたるエピソードが、

今回の映画のメインエピソードなんですが、

今映画は…CGシーンがゲームの画面みたいで、

そこがちょっと悪印象です。

忍術のシーンなんか、

一歩ズレたらギャグになっちゃいそうでしたよ。

まぁそのおかげで残虐行為風なシーンも目を背けるコトなく見られましたけど、

その分だけ“痛み”が伝わりにくくなってないかなぁ!?

“生きるコトに伴う様々な痛み”のようなものがテーマの一つとしてありそうな気がしたから残念…。

ちゃんとカラダを使っていそうな(シーンによってはCGなのかもしれないから)のアクションがなかなか良かったから、

尚更残念かなぁ〜。

(草鞋や草履で全力疾走するのって大変なんですよね)

以前見たネオ時代劇“GOEMON”の時にも思ったけど、

人間を描きたいドラマを作るには、

今の日本映画の規模のCGではかえって邪魔に感じるコトがあります。

“BALLAD”のような使い方なら、

画面としても技術としても、

“背景”として成立しているし、

でしゃばり過ぎないから良いけど、、、

カムイ外伝みたいにガガガーっと全面的に見せられるとちょっとね。。。

過剰な演出技術や表現技術よりも、

ありのままの生命の姿がそこに感じられるような…そういう表現が、

自分の志向的には見てみたいと思います。

カムイ外伝は、

原作ではこの後更にエピソードが続き、

人物も魅力的な人達が出て来ますからねぇ。

今回興業的に上手くいけばパート2的なコトにもなるんじゃないですか?

それはそれで楽しみですが、

唯一の心配は、

CGシーンに更に拍車がかかってしまって…、

かの迷作“○ビルマン”のようにならないかってコトですね。

2本ともに、

またDVDで見てみたいなぁって思う程には面白かったです。

|

« ピザ風米なすのソテー | トップページ | M・ジャクソン、幻のコンサート! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/31608961

この記事へのトラックバック一覧です: 『BALLAD』と『カムイ外伝』を見ました:

« ピザ風米なすのソテー | トップページ | M・ジャクソン、幻のコンサート! »