« 雨具を新しく買いました | トップページ | 我が家の幽霊 »

実技の後には検証を

某プロダクション養成所のレッスンでした。

夏休みで一週空いた後のレッスン再開です。

前回やった課題を発展させたモノをやりました。

2人一組で行う即興演技です。

前回は“無言”でやった事を、今回は“台詞あり”で試してみます、、、

演技レッスンとはいえ声優の事務所ですからね、台詞の訓練は欠かせません。。。

組み合わせは無作為=トランプを用意して、同じ数字のハートとスペードがカップルになります、、、

自分がこういうレッスンをするときのカップリングは基本的に無作為・・・トランプやくじ引きで決めます。

今回は6組でしたが、まったくの即興にしては思いのほか上手くいきました。

6組それぞれが個性的で、俳優としても誰一人自分勝手にならず、相手との呼吸を合わせながら、それでも話題は意外性のある方向へと進めてく事が出来ました。

ならば次にはもう一歩前進してみよう、って事で、

一組の人数を増やし、考えるべきことも一つ二つ増やしてみることに、、、

すると今度は、

やはり人数が増えたからですね、、、

互いが様子を見合う事が多くなり、

なかなか出来事を先に進めて行くことが出来ずに、

消化不良な即興になってしまいました。

2人でやった時には「こういう状況なら、相手のこういうトコロを拾って膨らませられたら良かったね」などと、前向きな感想が言えましたが、、、

なかなか難しいですねぇ。。。

即興というと面白がってくれる人と、緊張が先に立ってしまう人とそれぞれですが、

このウチのチームはなかなか良い子達ですよ!

即興はほとんどやったことが無いようでしたが、

それでもきちんと芝居風な事が出来ていましたから。。。

先にも書きましたが、

自分よがりには決してならず、

相手の台詞をよく聞いて、

時にはその予想を裏切ってみることも忘れずに、

二人三脚で一つの状況を演じられましたから。。。

次回の課題は、

それを多人数でも成立させることです。

処理する情報量は増えますがやること自体は大差ありませんからね、

きっと上手くいくはずです。

ちゃんと気をつけるべきポイントをいくつか挙げて、

それを解決する為のヒントは出しておきましたから。。。

決して答えはあげません、

多少は遠回りしたとしても、

自分で考える事こそが、

その結果が実力として身につく事に繋がりますから。

平常の台詞の練習以外にこういった、

作品作りに繋がる事+俳優としての感覚を養う事

にも時間を割いていきます。

年度末の発表会へ向けての意味合いもありますが、

スクリーンに向き合う前に、しっかり相手役と向き合い、

その台詞を表現する為には何が必要なのかを感じて欲しいからです。

うちの子はみな前向きです。

「この一年をがむしゃらに頑張ってみようよ」

幾度も口にしているこの事が根付いているのだと信じます。

世の中に多い俄か俳優たちとは違う根性を身につけて欲しいと思います。

今を頑張れない人が、

この先自分だけの意思の力で頑張れる可能性は少ないと思いますよ。

年度末にどういう結果が出て、

その先この道を進み続けるのか否かはまた先の話ですが、

どういう選択を強いられても、

「自分はこの一年は力いっぱいやったんだ!」

そう胸を張れる生き方をしていきましょう!

|

« 雨具を新しく買いました | トップページ | 我が家の幽霊 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/23145626

この記事へのトラックバック一覧です: 実技の後には検証を:

« 雨具を新しく買いました | トップページ | 我が家の幽霊 »