« 紫陽花好き | トップページ | マニュアル的な対応に、 »

「山のあなた~徳市の恋」

『山のあなた 徳市の恋』 ガイドブック (ぴあMOOK) Book 『山のあなた 徳市の恋』 ガイドブック (ぴあMOOK)

販売元:ぴあ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自分情報では色々と、良くなさそうな噂が先行していたのですが、

そういう噂からすれば、面白い映画でしたよ。

『完全リメイク』というコトに関しては大いに異論がありますが、

コチラは元ネタを知らないので比較のしようがありませんので、

オマケだけど、その点は減点の対象とはしませんでした。

(ちょっと偉そうな書き方?)

冒頭の部分は面白かったですよ、、、

“見えない眼”っていうモノをコチラに示してくれたその描き方、、、

(でも、それもオリジナルの力なのかと思うと・・・ですがね)

話の流れも地味だけど面白かったし。。。

もう少し徳市の恋に感情移入が出来れば松元的にはポイントが上がったけど、

お札一枚で見られると思えばあんなモノかナァ、、、って思えるし。

音楽に良い印象が残っているので、

サントラを聴いてみたいと思います。

で、

最大の難癖ポイントは、、、

やはりCGです。

古い温泉町をジオラマで再現して、

それに人物をはめ込んだらしいけど、

やはり“浮いて”見えます。

予算や時間の問題はありましょうが、

やはり実物のセットを組んで欲しい。

CGによる事の大変さもありましょうが、

バーチャル名モノで描こうとするトコロに自分は“手抜き感”を覚えてしまいます。

決して手抜きではないコトはわかっていますが・・・

それは「三丁目の夕日」を見たときにも感じたコトです。

特に「続~」の方ではそれが顕著でした。

CGであるコトの違和感が感情の移入を妨げます=違和感が拭いきれないのです。

「続~」のトキにはその違和感が“世のレトロブームに対する警告”なのだろう、

と解釈しました。

『これは映画=作りモノですからね、懐かしんでも時間は戻りませんからね』

と、言われているのだろうと、

CGの多用を勝手に解釈しました。

今回はそれはまったくの裏目に出ています。

徳市の恋に入り込みたいのに、CGの持つ違和感がそれを拒否するのです。

ジオラマではなく、実物大のセットを組んで欲しかったナァ、、、

と、思ってしまいました。

按摩と女 DVD 按摩と女

販売元:松竹
発売日:2008/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑コレがオリジナルですね、、、

レンタルしてるかな?

|

« 紫陽花好き | トップページ | マニュアル的な対応に、 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/21731016

この記事へのトラックバック一覧です: 「山のあなた~徳市の恋」:

« 紫陽花好き | トップページ | マニュアル的な対応に、 »