« 朝からネガティブ日記、 | トップページ | 捨てる○○拾う○○ »

声を、言葉を相手の額に貼り付けるように、

いくつかのエチュードを試してみて、

思いのほかうちの子たちは“出来る”コトに気付きました、、、

リズム感とダンス力以外は。。。

そう、先ずは芝居がちゃんと出来ればいいんです。

今日の勉強会では、

声を使ったレッスンを幾つか試しました。

声の距離感や方向性を確認するレッスン。

目を瞑り、

こちらに背中を向けてアッチコッチの方向に立つ人達に向かって声をかけて、

その目を瞑っている人達に、

「あっ、今自分が声かけられたな」

ってコトをわからせるレッスンですが、

乱暴に声をかけてしまう人はどうも上手くいきません。

「相手の後頭部に“言葉をピタッと貼り付ける”ようなイメージで優しく声を渡してごらん」

っていったら、その後は割と上手く伝わるようになりました。

イメージを一つ加えるだけで声の持つ力がが変化します、

その良い例が見つかりました。

台詞を言うときにもその実感を忘れることなく、

シッカリと相手に伝える事を意識して喋りましょう。

|

« 朝からネガティブ日記、 | トップページ | 捨てる○○拾う○○ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/21297190

この記事へのトラックバック一覧です: 声を、言葉を相手の額に貼り付けるように、:

« 朝からネガティブ日記、 | トップページ | 捨てる○○拾う○○ »