« 宇宙ステーション | トップページ | 高崎で仕事 »

ギャンというモビルスーツ

ギャンというMS
ギャンというモビルスーツ、、、

正直あまり好きではありませんでした。

マ・クベという男が好きでなかったからかもしれません。

“姑息な策士”というイメージでしたから。

ゲルググとの比較っていうコトもあります。

好みとしてはゲルググ贔屓だったりするので。

その評価が変わったのは、安彦氏による『ジ・オリジン』でのマ・クベという人物の描かれ方を見てのコトです。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後 (16) (角川コミックス・エース 80-19) Book 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後 (16) (角川コミックス・エース 80-19)

著者:安彦 良和
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

テレビシリーズをはじめ、映画やゲームを通しても、彼に対するああいう人物像は自分の中にはなかったもので、新鮮でした。

歴史番組や時代小説で、新しい解釈を示されたようでした。

そんな彼の搭乗したギャンというMS、

安彦氏の漫画でも登場したのは数ページ、数コマでしたが、

マ・クベという男の最後を彩る良いキャラクターとして描かれていたコトが印象的でした。

『姑息な策士』の乗るトラップ命のMSから
『己の美意識に則る男』の身に纏う騎士の鎧

へと、

その評価が変わった瞬間でした。

マ・クベとは、、、

あの壺を愛でる美意識も含めて、時代に馴染むコトの出来ない孤高の存在だったのでしょう。。。

だから、このギャンも彼だけのモノにしておきましょう。

正式採用して、余計な装備をつけて『ギャンキャノン』やら『ギャンイエーガー』なんてモノは、

たとシュミレーションゲームのMSリストを完成させる為であっても、

造るのはやめようと思いました、

それがオデッサで散ったマ・クベの遺言でしたから。

|

« 宇宙ステーション | トップページ | 高崎で仕事 »

ガンダム」カテゴリの記事

食玩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/11256824

この記事へのトラックバック一覧です: ギャンというモビルスーツ:

« 宇宙ステーション | トップページ | 高崎で仕事 »