« 朝から焼き餃子 | トップページ | チョン・ジヒョンを »

『踊る大捜査線』も今見ると,,,

当時ほどワクワクしないなぁ。

自分の正義が組織の仕組みとぶつかるジレンマは今も感じるけど、

作りのウソっぽいトコロが気になる。

歳をとったからかなぁ?

最近の『HERO』もそうだけど、

ウソ臭いエンターテイメントには心が動きにくくなっているみたい。

作品のリアリティをどこに持っていくのか?

大きなウソである作劇を成立させるためには、その周りにある“小さなウソ”をつぶしていかないと。

どういうバランスでその辺を選んで表現しているのかが理解出来れば、その作品を愛せるんだけどなぁ。

テレビドラマとしては面白いけど、

映画としてはどうだろう?

映画『HERO』もそうだけど、

あれが何週間も1位っていうのは文化としてどうなんだろうって思う自分がいます。

(自分の仕事は棚にあげてますけどね…)

|

« 朝から焼き餃子 | トップページ | チョン・ジヒョンを »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/8376174

この記事へのトラックバック一覧です: 『踊る大捜査線』も今見ると,,,:

« 朝から焼き餃子 | トップページ | チョン・ジヒョンを »