« 映画の日だから | トップページ | 領収書の公開を »

新劇場版のエヴァはね、、、

あえて言いますが、、、

つまらない。。。

10月1日の映画の日に見た3本目。。。

テレビ放送の頃はシッカリ見てましたよ、、、

あの世界には結構引き込まれました。。。

でも、それの再編集は,

やっぱり再編集でしょ?

イロイロと新しい解釈なんかを盛り込んだとしても、

表現に使える時間は絶対的に少ない、、、

「オリジナルの尺を劇場サイズに縮める」ってコトに何のメリットがあるのかどうか疑問が残ります。

結局オリジナル版を補完に使わざるを得ないとしたら、

それは独立した劇場公開作品としては不具合が残るような気がしてならないのです。

その昔、、、

「宇宙戦艦やまと」の第一作目や、

「機動戦士ガンダム」1~3作の頃には、

そういった形でも“アニメ映画を世に送り出し話題を作る”っていう命題がありました。

だから作品としての評価以前に、

あのコト自体が“社会現象”となるよな仕掛けなどが必要だったと思っています。

今回の「エヴァ」の映画化にはどんな意味があるのでしょうか?

作品としての再検証というコトはあると思います。

しかし、それは本当に必要なコト?

当時放送が行われて、あまつさえ2本の劇場作品まで公開されているのに、

今更何を検証するというのか?

二匹目のでっかいどじょうがソコにいるのか?

それとも、

旧作の姿を借りた新作としてのエヴァを作り出そうとしているのか?

(この線は大いにあると思って、、、っていうかだから新劇場版って名うってるのかな?)

とにかく。オリジナル放映時には作品にのめりこんでいく道筋を自分で掴むだけの時間がありました。

物語は確かにナゾが多くて展開も難解だったけど、

シンジ君と一緒に、

人物たちと一緒にイロイロ考えながら、あの作品世界に入っていくコトができました、

時間をかけて。。。

そんな風に、オリジナル放送のトキのようにあの世界にハマッテいく感覚が、

今回の自分には無かった、、、

それは、再編集のあの尺と分量では描きようが無いんじゃないかと思うのです。。。

感じたのは「映像のパワーアップ感」だけ。。。

キャラクターの誰にも、ストーリーの何にも観ていて感情移入出来ないから、結果、“ただ流れていく映像を眺めていただけだった”

ってのが正直な感想。。。

唯一面白かったのは『予告編』だけ。

これは面白かった。

当時のブラウン管の前で感じた“ワクワク”感を思い出しましたよ。

次回を期待させてくれました。

もしかしたら次回は、今回とは違って、

オリジナルとは違う世界を見せてくれそうです。

あの予告編を見て、(かろうじて)

次のヤツも(千円なら)

観てみようかなって思った。。。

Beautiful World / Kiss & Cry Music Beautiful World / Kiss & Cry

アーティスト:宇多田ヒカル
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2007/08/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ただね、、、

そんなこと、一応わかって観に行ったけど、、、

こういうのって、業界に“マンマと踊らされてる”って気がする。。。

|

« 映画の日だから | トップページ | 領収書の公開を »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。最近ブログ立ち上げたものです。
こちらがリンク元でうちにこられた方がおられるようなのですが・・・ココログフラッシュでも置いておられるのかなと思いお伺いしました。
お心当たりはございますか?まだブログのことがよくわかっていないので^^;
当方洋楽の訳を掲載しているサイトです。
お心当たりがなければごめんなさい。

では失礼いたします。

投稿: 「雨に濡れても・・・」の管理人 | 2007年10月 5日 (金) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/8201587

この記事へのトラックバック一覧です: 新劇場版のエヴァはね、、、:

« 映画の日だから | トップページ | 領収書の公開を »