« 演劇祭の客席 | トップページ | 煙が目にしみる »

職員気質

例えば、、、

お百姓さんたちは自分の生活のリズムを、飼育している家畜や作物などの都合に合わせて生活している。

事務方のような勤務時間なんてモノはないですよね。

専門学校の職員にソコまでやれとは言わないが、、、

お百姓さんが育てた作物を自信を持って世に送り出したいと願う気持ちは一緒でしょ?

だったら、自分たちが関わっている生徒の成長に興味を持っていないのだろうか?

そんなはずはないでしょ?

自分が担当しているクラスの発表の時にはあんなに頑張れるんだから。。。

だったらそれを、

その頑張りたいっていう気持ちを、、、

自分のクラスだけではなくて、、、

自分の働いている学校全体へと拡げていきませんか?

生徒と一緒に、喜びや苦悩を分かち合いましょうよ。。。

彼らがどんな気持ちでこの学院に来て、、、

どんな事を学んで、、、

その結果をどういう風に表現しようとしているのかを、、、

一緒に見守りましょうよ。。。

我々雇われ人がいくら足掻いたって、、、

あなた方職員が本気になってくれないと、、、

この学院は、結局どうにも変わっていきませんよ。。。

事務方だからとか、演劇経験がないとか、そんなコトは関係アリマセン。

ようはヤル気の問題です。

みんなで頑張れば、

きっと、

もっと魅力ある学び舎にできるはずなんです。。。

|

« 演劇祭の客席 | トップページ | 煙が目にしみる »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/8008481

この記事へのトラックバック一覧です: 職員気質:

« 演劇祭の客席 | トップページ | 煙が目にしみる »