« ワークショップ | トップページ | 邦楽鑑賞 »

ワークショップⅡ

なんてコトを考える理由は、

やはり精力的に活動を続ける「劇団軌跡」座長K賀氏を見ているからであろう、、、

一部周囲には「生き急いでる」ようにも見えるが、、、

それほど彼は精力的である。

本気の彼を手伝うことは自分にとっても喜びであり、

彼の創る世界を手助けしたいと本気で思っている。

彼の全てを手伝えるワケではないが、、、

その作業はまるで自分の創作活動に等しく、楽しく、大変なモノである。

彼と付き合うときは、常に本気だから。

それは楽しく、わが演劇人生においても貴重な時間であるが、

同時に、

『彼の夢に、このままぶら下がっていてはいけない』

というココロの声も聞こえてくるのである。

精力的な彼を見ていると、

「自分も何かしなくてはッ」という気持ちにさせられる。

ヤル気は伝染するのである。

彼の友人でいるタメに、

彼の盟友であるためには、

彼に負けない頑張りを自分自身に課さねばならないのである、、、

彼と並び立つタメには。。。

そんなコトを勝手に考えている40歳である。

ちなみに「劇団軌跡」の次回公演

12月11日(火)~16日(日)

ですって。。。

やっぱり生き急いでませんか、K賀さん?

夢をかなえるゾウ Book 夢をかなえるゾウ

著者:水野敬也
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ワークショップ | トップページ | 邦楽鑑賞 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/7946448

この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップⅡ:

« ワークショップ | トップページ | 邦楽鑑賞 »