« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

仮面ライダーSPRITS・13巻

「機動戦士ガンダムUN」と一緒に買いました。

仮面ライダーSPRITSの13巻。

V3が命をかけた活躍をみせます。

仮面ライダーSPIRITS 13 (13) (マガジンZコミックス) Book 仮面ライダーSPIRITS 13 (13) (マガジンZコミックス)

著者:石ノ森 章太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人は人を恐怖で操ろうとします。

イジメ、暴力、テロ、、、

それに屈することの無い強い心が欲しい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後から夕方には

雨、あがらないかなぁ〜って思ってたけど、、、

全然降ってる(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小説「機動戦士ガンダムUN」

を、単行本で読み始めました。

機動戦士ガンダムUC 1 (1) (角川コミックス・エース 189-1) Book 機動戦士ガンダムUC 1 (1) (角川コミックス・エース 189-1)

著者:福井 晴敏
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現在プロローグを読んだトコロですが、

思ってた以上に面白そうです。

ちゃんとした小説家が書いているって感じが、読み応えに繋がっているように思います。

ちょっと前に読んだヤツ「仮面ライダー○VE」ってのは、

これはトホホだったから、、、

二巻出てるんだけど、一巻だけでお腹イッパイ、、、

っていうか消化不良な感じ、、、

物語がどうってコトよりも、残念ながら文章が小説になっていないって思いました、、、

何がどうってコトは言い難いけど。。。

なんだか筋書きを読んでるみたいなんですよね、トホホな小説って。

だから文章に深みがなく、全てが説明風な気がします。。。

この「機動戦士ガンダムUN」を書いているのは

「福井 晴敏」という人で、以前「∀ガンダム」を小説化したものを読んでから、“ドカンの気になる文章家”となりました。

月に繭 地には果実〈上〉 (幻冬舎文庫) Book 月に繭 地には果実〈上〉 (幻冬舎文庫)

著者:福井 晴敏
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実は放送時間の関係もあって、コレを読むまでは、映像の「∀ガンダム」は殆ど見ていなかったんです。

コレを読んでから「∀ガンダム」の面白さに気付き映像を見直したんです。

これまでのガンダムでは“映像版の補完を小説版で行う”っていう順序だったのが、

「∀ガンダム」では逆になりました。

ガンダムの小説は本家「富野」版がイチオシなんですが、

この人の書いた「∀ガンダム」は、それ以上に読み応えがありました。

今作品「ガンダムUN」にも、それと同じような気配を感じています。。。

まだプロローグしか読んでいないけど、読み進めるのが楽しみです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また○○なモノを買ってしまった…

また○○なモノを買ってしまった…
また『ガンダム』なモノを買ってしまった…。

コンビニ販売のガンプラ『スピードグレードコレクション』ですって。

スピード=“あっという間”に作れるってコトらしい。

1/200スケールの色付き、
しかも関節可動式ですって。

まだ作ってないけど出来が良さそう。

新番組『ガンダム00』は来週スタート。

面白ければ良いのですが、、、
番組が始まる前からプラモデルなどの一部の商品情報が流れて、、、
なんだか、いいように“踊らされてる”ような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治と金

やはり正直者では生きていけないのが政界なんでしょうか?

ドイツモコイツモッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サッド・ムービー」

4組の男女の別れを描いた韓国映画。

ショートストーリー集っぽい感じで、

幕の内弁当みたいに、いっぺんにいろんなお味が楽しめます。

一つ一つのエピソードをとってみると、ちょっと物足り感じが残りますが、満足感はありました。

誰か一組くらいは希望が見えるラストでもいいのかナァと、ちょっとセンチメンタルな気もしましたが、、、

「失った恋や愛を胸に抱いて、新しい明日を生きていく」

ってなトコロがテーマかな、とも思うので。。。

Sad DVD もうひとつの Sad Movie <サッド・ムービー> DVD Sad DVD もうひとつの Sad Movie <サッド・ムービー>

販売元:レントラックジャパン
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お気に入りはキグルミの女の子。

切なさ度アップでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張ってる?

頑張ってる?
働きモノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャーナリストの死

恐怖

暴力

その先にある“死”


そういったコトで人を支配しようとするモノたちと闘うコトは、

正義

ではないでしょうか?

ご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後期開講が

間近になり、教材をアレコレ考え中です。

日本語がドンドン崩れ行くなか、

言葉とは日々変化していくのだからと、そう思うトコロもありますが、

やはり簡単に捨ててはいけないと思っています。

数年前の「彼氏~カレシ~」以来、言葉はドンドン平板化=抑揚が乏しくなってきています。

抑揚がないと言うことは、それだけ言葉にエネルギーが無くなってきているコトだと思います、、、

想いを伝える時に、人はその部分を強調~強く発音~したり、

間をとったり、

という風に意識をします。。。

そういう意識をしないと、音は変わらないからです。

柔らかい食べ物ばかり食べる子供の顎が弱くなるように、、、

音の変化に乏しい言葉しか使えない人は、己の意思を人に伝えること能力を失っていくのです。。。

テレビの流行の言葉を追いかけるコトも必要でしょうが、、、

もっと言葉の本質を考えて世に出すことも考えて頂きたい、、、

あいうえおうた (幼児絵本シリーズ) Book あいうえおうた (幼児絵本シリーズ)

著者:降矢 なな,谷川 俊太郎
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

言葉を使う商売をしている方々にお願いです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

消費税を上げる前に

お役人さんの

『取った予算は何が何でも使い切れ!』

っていうバカげたやり方を何とかして下さい。

“ムダを無くす”ってコトを理解して下さい。

偉い人たちは我々国民の血税を、振れば出てくる打ち出の小槌か何かと勘違いしてるんじゃないですか?

子供だってお父さんだって、

「小遣いがなくなったらまた貰えばいいや」

なんて夢見たいな状況じゃないってコト知らないんじゃない?

予算が足りないのは、ある意味、その使い方にも問題があるってコトわかって欲しいものです。

「もっと税金を上げさせて下さい」ってお願いするのは、

そういったダメ体質を何とかしようと頑張ってからにして欲しいものだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

控え室には

控え室では
殆どいることもなく、お弁当を頂いた位でした。

コチラ、生田スタジオにお邪魔するのは特番系が多く、

カメ・リハやら部分チェックなどする事が多く、

必然的に待ち時間も多くなっていましたが、、、

今日の撮影、おやダンの絡むトコロは順調に撮影が進んだので「待ち時間」が全然ありませんでしたから、控え室に戻る必要がなかったんです。

今日はなかなか良い仕事、良い現場でした。

放送が楽しみです。

番組に関しては、情報が解禁になったらまたアップさせてもらいます。

どうか放送をお楽しみにして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の髪型は

今日の髪型は
メイクさんにやってもらいました。

『オールライト(すべて右)』

またの名を

『10:0分け』

プロのメイクさん、こんな髪型作るの初めてだって言ってました。

ちなみに衣装はスーツです。

スーツやネクタイがイヤでこの商売を始めたのに、スーツ姿って結構多いです。
ネクタイがどうしても締め慣れません。

これから踊って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとっ!

なんとっ!
今日の控え室は1人部屋です。

いつもメンバーと一緒なんで、ちょっと寂しい…

と、

思うまもなくすぐに衣装部屋に行きます。

その後メイクを済ませたらすぐにスタジオにてカメ・リハ

そして本番です。

撮影はあわただしくも順序だてて、効率よく進められます。

心地よい緊張感です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生田スタジオへ

生田スタジオへ
乗り込みます。

「生田スタジオ」には日テレの特番などで、よくお邪魔しています。

今日はセット撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

27日の獅子座が

一位になってます。

ウチのブログパーツの占い。

今日は撮影なのでちょっと嬉しい。

なんか良い事あるかな、、、

実は、入り時間が予定より1時間遅くなりました

ちょっとゆっくりできて嬉しいです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと昔の仕事の

070424_09210001 時の衣装です。

恐縮ですが、

今度の新しい仕事のではありません。。。

以前BSで流れました「昭和アニメ大行進」というヤツの衣装です。

(地上波でも流れたっていう噂は聞きますが未確認です)

昭和の香り漂うツギのあたった学ラン、、、

「ど根性ガエル」の世界です。

ちなみにドカンはアナ学の生徒だった頃に、

「ど根性ガエル」の梅さんを演じていた先生に、

アテレコの実習を教わりました。

生徒のリクエストに気軽に「おぅ、ヒロシッ!」って梅さんの声をやってくれていました。

どかんもその先生を見習ってこれからは

「おやじダンサーズなんですか!」

って言われたら、

もれなく斜め になるようにします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛車復活!!

愛車復活!!
パンクが直りました。

TSUTAYAにDVDを返しに行くついでに、
満月を探して少し走り回ったけども、
残念ながら雲に阻まれて、月は見えませんでした。

半袖でふらっと出てきちゃったけど、
風が少しだけ肌寒く感じて来ました。
もう秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムリミットは、、、

明日の朝10時。

TSUTAYAのDVD、開店までに返却ポストに返せばオーケー。

残り2本は
『王の男』と『サッド・ムービー』

サッド・ムービー DVD サッド・ムービー

販売元:ギャガ・コミュニケーションズ
発売日:2007/04/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いずれも準新作。

『サッド・ムービー』以外は1度劇場で観たことのある作品ですが、印象が良かったので借りました。

半額だったし、、、

結構ヒマだったし。

でも、今慌てて観てるし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事が決まりました

まだ具体的には発表出来ませんが、

きっと気に入ってもらえると思います。

近日報告出来ると思いますので、

おやダンファンの方も、

そうでない方も、

どうか楽しみにしていて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国映画は吹き替えナシ

で、観ます。

吹き替えの方が情報が多いコトはわかっていますが、

どうも観ていてしっくり来ないのです。。。

監督などの解説を字幕で楽しむトキには、仕方がないので音声は日本語にしますが。。。

韓国映画をよく観るようになって、

オリジナルの俳優の声を覚えたってコトも違和感の理由かと思いますが、

どうも「オリジナルの演技」と「声優のあてる演技」のリアリティーにギャップを感じるのです。

まったく違う人種~白人とか黒人とか~の俳優だと、あまり気にならないのに、

やはり韓国人は顔だちが日本人に似ているからでしょうね、、、

声優の『声の演技』のリアリティーが、

自分の中でどうしても“浮いて”しまうんです。

外国映画に出演した日本人俳優の声を、別の人が吹き替えているような違和感です。

ハングルが耳に馴染んできたってコトもあると思います。

観始めた頃にはハングルが耳に慣れず、

タダの“音”にしか聞こえず違和感がありました。

英語だとある程度耳に馴染んでいるから、知っている言葉ならばわからないなりにも「言葉としてのイメージ」を持つコトができるけど、ってコトです。

でも聞いているうちに、ハングルも“言葉”として捉えるコトが出来るようになってきました、、、

ヒヤリングが出来るには程遠いけど、字幕を追いかけながら、“音”を“言葉”として認識出切るようになってきました。

教えているクラスの韓国人の留学生に、たまにわからない単語などを教えて貰ったりしながら。。。

香港映画もたまに観るけど中国語はまだダメです、発音に苦手な音が多くて、、、

コチラはつい「吹き替え」にしてしまいます。。。

声優を育てる商売をしているモノとしては、もっと吹き替えの擁護をしなくちゃいけないかな??

吹き替えでも見られる唯一の例外は「猟奇的な彼女」です。

猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 DVD 猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あれだけは主演の2人~日韓ともに、自分の感覚に合ってるので。。。

シーンによって、日によって、

どっちで観ようか迷ったりします。。。

「僕の彼女を紹介します」は別の女声優がジヒョンの声をあてていて、、、

この人も良いんだけど、

イチオシはやっぱり「猟奇的~」の方なんです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘビーローテーション

DVDの5本立て鑑賞中。

先週の火曜日が行きつけのTSUTAYAの半額デーだったので、つい5本も借りて、今日まで見るタイミングを外してました。

ギリギリになってのイッキ見です。

お気に入りの韓国映画。

とかげの可愛い嘘 特別版 DVD とかげの可愛い嘘 特別版

販売元:エス・ピー・オー
発売日:2007/05/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1本目『トカゲの可愛い嘘』
2本目『家門の危機』
今は3本目『春の日のクマは好きですか?』鑑賞中。

あと2本残ってる。。。

キライな人はそうでしょうが、、、

自分は韓国映画のベタなトコロが好きです。

安心して純愛映画に胸をキュンとさせられるのですよ、

こう見えても実は“ロマンチスト”ですから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日25日は

確か「十五夜お月さん」じゃありませんか?

愛車のパンクも一応直したし、お月見にでも行きますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪戯モノの正体!

悪戯モノの正体
コイツがリヤタイヤに刺さっていました…しかも斜めに。

ショップのお兄ちゃんいわく
「真っ直ぐ刺さる方がいくらマシ」
だそうです。

実はこのリヤタイヤ、パンクは2回目なんです。

高速道に乗るようならタイヤ変えた方が安全だって言われました。

走行距離にして1万㌔弱。

もう少し粘ってから交換しようかと思ってたけど、命には変えられませんからね、前向きに検討します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間と空間を貸し出す

奨学金は「お金」を貸しますが、

空いている教室を利用してヤル気のある生徒達に「稽古する時間」と「稽古する空間」を貸し出すっていう解釈はどうでしょう。。。

コレも投資の一部です。

時間も空間も、

何もムリヤリ使わせてくれっていうコトではないのです。

教室が空いているのなら使わせて下さい、ってコトです。

(ない袖が振れないってコトは自分だって知ってますから)

要は、ヤル気のある生徒がいたならば、その気持ちを育ててあげたいって思いませんか?

その後、その生徒がプロになるか否かはその先の話しですよ・・・。

でも、そうやって充実した学院生活を送った生徒は、

きっと自分の周りに、家族に後輩に、

「アナ学は良いトコロだった」

っていう話しをするはずです。

口コミっていうモノには、結構効果があるんじゃないですかね?

こういったイベントを縮小、叉は無くしてしまおうと考えている人たちがいることは知っています。

そういった人たちに、こういったイベントの意義を説明している人たちがいることも知っています。

だからこそ、そのイベント賛成派の人たちには、

ただこういったイベントを実行することで満足せずに、

よりよき方法を模索して欲しいのです。。。

反対派たちが納得せざるを得ないような実績を作って欲しいのです。

こういった活動が、学校の宣伝につながり、

生徒の成長に繋がるというコトを示して欲しいのです。

その為に活動報告書をまとめ、

上手くいかなかったトコロをキチンと反省し、

もし担当者が変わっても、また0からスタートすることのないような体制をキッチリと作って欲しい。。。

その組織に身を置くものがその事に気付かぬかぎり、

組織は何も変わらないでしょう。。。

日本の演劇教育に一石を投じるコトが出来る、、、

そんな場所にしましょうよ。。。

そのタメに、生徒の力を高めるための努力を、我々は惜しみませんから。

来年度の「演劇祭」が、今年以上の盛り上がりをもって迎えられることを切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“銀河の危機”って言われても

正直、あのフィルムからはピンとこなかったなぁ。

つまらなくはないけれど、、、

面白かったっていう爽快感もない感じでした。。。

原作をもっと良く知ってれば違った印象なのかな?

リアルっぽい空気と、銀河の危機ってあたりの荒唐無稽さが、

あんまりいいバランスじゃないように思った。

いっそ、もっともっと“マンガっぽい”作りにしてくれれば、

割り切って観られたかも。。。

超能力のダークな面を押し出していた『X-MEN』の方が、個人的には好みかな。。。

次回作には、ぜひ主役たちのベイビーが見てみたいですね、、、

そんな感じのアニメが既に公開されてはいますが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ファンタスティック4』パート2

『ファンタスティック4』その2
ふらっと見に来ました。
公開2日目のレイトショー。

ココで1番大きなスクリーンかな?

専用のコインを投入すると座席が振動するらしいけど、

以前スターウォーズのトキに、殆ど効果を感じなかったので今回はそれはナシ。

そのコインをどこに入れるのか、
いつ入れるのかって隣のカップルがあれこれ悩んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「演劇祭とこんな店」最終回

「演劇祭とこんな店」最終回
演劇祭のこの時期、職員室の大テーブルはケータリング場と化し、スタッフ向けにお菓子や軽食が並べられます。

昼と夜の間の軽食に今日は『オリジン』のオニギリが並んでいました。

演劇祭も今日が千秋楽です。

客席などの大物の撤収作業は明日に行うようですが、今日まで劇場だった空間は来週からの後期開講に向けて、いつもの教室へと戻されます。

祭りの終わりは、いつだって寂しいモノです。

その寂しさに浸るよりも、次の祭りの準備に心動かしたいモノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇祭のご案内!

夏休みを利用したイベントが、まもなく開幕します。

※現在開催中です※

『東京アナウンス学院主催・演劇祭』

070912_21430001_2 うちの学院には幾つかサークルがありまして、

野球やらサッカーなんていう普通の学校的なモノもありますが、

表現に関したサークルも多数あります。

彼らの日ごろの創作活動に発表の場が、この「演劇祭」です。

各サークル毎に趣向を凝らした作品を、

日替わりで上演します。

公演期間は=9月17日(月)~23日(月)まで。

会場は=西新宿にありますアトリエ・クマノにて。

全公演=入場無料となっています。

今年は6団体が参加しています。

※詳細はコチラをクリック、公式サイトをご覧下さい※

演劇に興味のある方、、、

そして興味のない方でも、、、

皆さんのお越しをお待ちしています、、、

別にドカンはスタッフとして働いているってワケじゃないんですけどね、、、

教え子たちの晴れ舞台ですから。。。

ちなみにどかんは、コチラの学生時代には、

この演劇祭に参加している「サザンクロス」というサークルの2代目の部長でした。

ドカンが学生だった頃にはまだ「演劇祭」は無かったけれど、

彼らの姿を見ていると、自分が学生だった当時が思い出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇祭最終日

アナウンス学院のイベント「演劇祭」は今日が最終日です。

以前は審査員がいて、最優秀団体賞やら個人賞等を決め、

優秀団体にはご褒美があって、、、

~その昔は近所の公共ホールにて「凱旋公演」が出来ました~

でも今はそういうモノはなにもないようです、、、

寂しいね。。。

でも最大のご褒美は、

コレに参加した各自の心の中に見つかるはずですからね。

ソレを大切に、忘れずに、今後の活動の羅針盤にしていって下さい。

見る人の心に残るステージを期待します。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅に出たい

元々計画性がないので、長期の旅には向かない人間なのでしょう。

ふらっと走りに出て、その日のうちに帰ってくるような走りが多いです。

思いつきで出かけるから一人が多い。

遠いところへいくなら飛行機が早いのはわかっていますが、

やはり出かけるならバイクがいい。

陸路を自走して行くか、

フェリーでノンビリ行くか、、

風を感じられる旅がイイ。。。

飛行機や新幹線も嫌いじゃないけど、

窓が開けられないですからね。

旅先では日常から脱却出切るような気がします。

何をするってわけじゃなくても、

ただいつもと違う空間にいるだけで、

そんな風に自由になれる気がします。

ジパングツーリング 2007年 10月号 [雑誌] Book ジパングツーリング 2007年 10月号 [雑誌]

販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雑誌を眺めてそんな自分をイメージするか、

我慢できなくなり本当に出かけるか、、

でも計画性がないから、きっと日帰りコースになっちゃうんだろうなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働くTヤンの姿

働くTヤンの姿
某劇団の舞台の初日が終わった直後の写真。

お客さんが誰もいなくなり、静かになった劇場。

劇団演出部スタッフの『Tヤン』が、本番が終わった後に、舞台の掃除と点検をしています。

俳優たちがロビーで客だしの挨拶をしている間にも、スタッフたちはこうして次の本番に備えた作業をしています。

華やかな面舞台は、こうした裏方さんによって支えられているのです。

ちなみに、
このTヤンもバイクの免許を取りましたが、まだバイクは持っていません。

早くツーリングに行けるといいですね、Tヤン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球へ・・・「最終回」

思った以上に食い入るように見入ってしまいました。

地球へ・・・最終回。

地球へ… 3 (Gファンタジーコミックススーパー) Book 地球へ… 3 (Gファンタジーコミックススーパー)

著者:竹宮 惠子
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昔の、

今となってはちょっとレトロ風な作品が、

今回のように世に出て新たなファンを得たことは、

原作ファンである自分にとっても喜ばしいコトです。

今回のTVシリーズは、原作を活かして現代風に見せてくれたと思います。

大切なのはその根底にある“魂”で、それさえ外さなければ、

違うメディアで、

違うカタチになったとしても、

結果、良い作品になり得ましょう。。。

今日の最終回は40男が涙をチョチョ切りながら見入ってしまいました。。。

だからその分、、、

次に始まる新しいガンダムシリーズには、

仮面ライダー電王のような違和感を感じている自分がいます。

今更ガンダム芸人を集めてプレイベント的な番組を流すなんて・・・。

もっと作品で勝負して欲しい、、、

っていうのは、こっちの勝手な想い。。。

でも、そうまでして「ガンダム」にしがみつかないといけないのか?

数字の取れる作品は創れないのか?

プロデューサーは金を出さないのか?

そんなガンダムなら見たくない。。。

そう意地を張りたくなる自分がいます。

全ては“観てのお楽しみ”ではありますが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

旅に出る

つもりだったんです、本当は。。。

9月の後半に。。。

仕事も予定がなく、

学校は9月イッパイまで休み、

だから、西か東か南か北か、

何か刺激を求めて、

出来れば半月位、

ず~っと下道でノンビリと出かける予定でした。。。

それが、、、

今週は教え子の生徒に誘われて、学校のイベント「演劇祭」を連日観に行き、

来週には、ありがたい事に仕事が何本か入りそうです。

(仕事にかんしては、まだ撮影していないのでなんとも言えませんが・・・)

ってワケで、、、

まぁ、綿密な計画を立てていたワケじゃないので、

スケジュール的には何の問題もないのですが、、、

ロングの旅に出ることは出来なくなりました。。。

その代わりに、

バイクの免許を取ったっていう元教え子が、

新車を買ったって言っていたので、

その子の『免許取得&バイク購入記念日帰りツーリング』を企画したいトコロです。

紅葉に時期になると道はゲロ混みますからね、

新車の慣らしを兼ねたツーリングは秋台風の来ない天気のいい日に行いたいものです。。。

何処がいいか?いろいろ考えるのも楽しいものですね。。。

風と旅とオートバイ―ツーリング・シーン12章 (広済堂文庫) Book 風と旅とオートバイ―ツーリング・シーン12章 (広済堂文庫)

著者:斎藤 純
販売元:廣済堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに演劇祭は残りあと1団体です。

今日土曜日はお休みで、22日(日)に公演です。

夜行性なので、きっと夜公演を観に行きます。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すっかり夜行性

になってしまっていて。

仕事がヒマなのでたいした実害はないのですが、、、

バイクのパンクがそのままです。。。

早く直しにいったほうがいいってコトはわかってるんですけどね。

先日、ハリーポッターレイトショーで観に行っても、

22:00過ぎの上映時間だったから、終わったのは0:40。

終電は終わってしまっていて、2駅分歩いて帰りました。。。

(まぁハリポタが面白かったから良かったですがね)

深夜の第3京浜はご無沙汰、、、

ちょっと遠くのTSUTAYAにも暫く行ってません。。。

明日・・・っていうか今日土曜日には、近所のバイク屋に持っていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに来たこんな店

久しぶりに来たこんな店
「森伊蔵」って凄く有名ですよね?

魔王は学校の近所のうどん屋「おいどん」なんかでたまに飲みますが、

コレは呑んだ記憶がありません。。。

演劇祭の帰りに、今夜は呑みに行きました。

お店の名前がわかる写真は無いけど、
新宿駅西口近くのとあるお店。

名前しか知らないような有名なお酒がありますが、、、

1杯の量が少なくて、

値段も高いです。

「もうあまり量は呑まないけども、いい酒が呑みたいなぁ・・・」

っていうトキがよろしいかと思います。

ちなみに今夜は、ココで3軒目です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガンガンいくならこんな店

ガンガンいくならこんな店
演劇祭にお越しの際にはぜひどうぞ。

ココはまさにアナ学生御用達。

クマノという校舎の近くのマック〜略して“クマック”

朝食、昼食、おやつ、夕食、

最近は24時間営業ですから飲みすぎて終電が終わった深夜の酔いざましに逃げ込むコトも出来ます。

それだけではなく、バイトでお世話になる学生も多く、学院生活の大部分をココに委ねている学生も…。

ある意味“ライフライン”ともいえましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草の雷門

浅草の雷門
雷門の近くにバイクも止められる地下駐車場が出来たそうです。

昔、浅草の木馬亭に寄席芸を見に行きました。
面白かったです。

その時には地下鉄で行ったけど、これからはバイクでも出かけられます。

バイクに対する駐禁も厳しいですからね。
停めるなっていうのは、こういう公共駐車場を増やしてからにして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職員発見

本番を見に来ない職員は、もしかしたら・・・

本番前の通し稽古を観ているのか?

(都合がつかずに本番を見られない講師の人はこの作戦を取る事があります)

ドカンが行っていない昼間の公演を見ているのか?

後日ビデオで観るのか?

と、言いつつ今日は、演劇祭、夜公演の客席に発見しました、職員の方。

まぁその方は職員室でも“生徒寄り”な方なので。。。

その方には、是非そうではない方々に、そういう啓蒙活動を行って頂きたいものです。

そして、観終わったあとに、その生徒達のコトを話しましょう。

彼らの良かったトコロ、悪かったトコロを話しましょう。

そして、機会があったら、

今度はその生徒達と、そういう話しをしてあげて下さい。

ただ良かったと褒めるばかりでなく、、、

褒めると同時にダメなトコロも指摘してあげます。

そうすれば生徒は、

『ただ観ているだけじゃなくて、自分たち一人一人をちゃんと見てくれているんだ・・・』

ってコトがわかって安心するものです。

人間関係の距離感を縮めるコトが出来ましょう。

実際の授業を、講師の人たちに委ねるばかりでなく、

自分は演劇は素人だからと、ただ見守るばかりでなく、

素人は素人なりに、思ったコトを素直に話してあげればいいんです。。。

そしてもし「それじゃ足りない」って思うようになったら、

演劇に興味が出てきたら、講師と一緒にそういう話しをしましょう。

そういうコミュニケーションがお互いにとってイイ影響を与え合うと思いますよ。

そういう話しが出来る職員の方がいるんだから、、、

あなた方の力で、そういう「生徒に興味を持てる」環境、職員仲間を作り上げて下さい。

前にも書きましたが、あなた方職員が変わらないと学校は何も変わらないんですよ。

これは自分の経験則ですが、、、

芝居好きな人と一緒に呑んでいると、

始めは下らない話しから始まっても、、

気がつくと自然と話題が芝居のコトになっています。。。

一般の人は、芝居人のそういうところを“ウザいッ”って思うかも知れませんが、、、

好きでやってる芝居ですからね、それが自然なコトなんじゃないかって思うんですよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリーポッターは

2人占めでした。

予告が始まって暫くして、、、

本編上演間際に暗い中を若い女性が入ってきました。

一つのスクリーンの前に、若い女性と2人きり・・・。

残念ながら席は離れて座っていましたが。。。

今回は2人だったけど、もし一人も入らなかったらそのトキも上映するのかなぁ?

肝心の「ハリーポッター」はナカナカ面白かったです。

CGが目立つようなクサイ演出も感じなかったし、

感じの悪いおじさんファミリーは、殆ど出番が無かったし、

(「賢者の石」のトキには、あの家族を見ていて、ハリポタが好きになれなかったから)

主演の彼もそうだけど、子供たちは随分大きくなりましたね。

すっかり逞しくなって。。。

映画館で見たのは今回が初めてだったけど、

次回作も観に行きたいって思います。。。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5) Book ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)

著者:J. K. ローリング,J. K. Rowling,松岡 佑子
販売元:静山社
発売日:2004/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もうちょっと覚悟が出来たら、原作も読んでみようかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6番スクリーンに

6番スクリーンに
もうすぐ上映時間ですが…一人きり。

ハリーポッターを独り占めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったくいけないこんな店

まったくいけないこんな店
学院の最寄りの地下鉄の駅『西新宿5丁目』から地上に上がるとすぐの所にあります「かに道楽」ですが、

1度も入ったコトがありません。

地下鉄に乗れば広告が出ていたりしますが、、

1度も入ったコトがありません。

美味しいんだろうなぁって思いますが、、、

1度も入ったコトがありません。

何の心配もなく、かにを頂けるような身分に成りたいものです。

演劇祭も残り2団体ですが…多分今後も入るコトはないと思いますので、よければかわりにいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終演後に見せる充実した表情

芝居が終わって、

カーテンコールを終えて、、

劇場の出口で並んで待つ学生たち、

口々に「ありがとうございましたーッ」って言ってます。。。

彼らは、実にいい顔をしますよ、、、

なかには台詞をトチったり、失敗したりしたヤツもいるけど、

反省は後でキッチリすればイイ。

終演後には、その瞬間にしか味わえない感動を、

シッカリと噛み締めなさい。。。

そのイイ表情が、ワタシにとっての最大の報酬だから。。。

生徒の顔を全て知っているわけじゃありません。

授業で付き合うほんの一握りの子だけです。

正直、顔を名前を覚えるのが苦手なので、覚えきれないってコトも多いです。

今回の出演者だって、知らない子だっています。

でも、向こうがコッチを知っていれば、

終演後のアイサツで「先生、見に来てくれてありがとう。」ってコト言いますよ。

お客さんが観に来てくれると嬉しいんですよ。

だから、

職員室で忙しいのはわかりますが、、

ホンの一時間半ですよ、、、

可能なら後で残業すればいいじゃないですか。。。

頼むから観てあげて下さいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクルト古田の退団

去り行く彼に賞賛の拍手を惜しまない人は多いだろう。。。

野球をあまり良く知らない自分も、そう拍手でお疲れ様と言いたい一人だから。

プロ野球史上初の「ストライキ決行」のトキの彼が流した涙は、

本当にファンを思いやってのコトだと思うから。。。

後味悪く、引き際悪く去って行った多くの(偉い)先生方に、

どうか見習って欲しいモノだと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまに行くのはこんな店

たまに行くのはこんな店
演劇祭にお越しの際にはぜひどうぞのお店。

手前側の店は『おいどん』という名前のうどん屋さん
昼間のランチに行くコトが多いです。

夜には、
他のチェーン店系の店ではあまりお目にかかられない焼酎や日本酒を目当てに行きます。

ランチはまあまあの値段ですが、、、

夜の呑みは、いいお酒がある分だけ少々お高くつくのがね…。

奥の『牛丼太郎』は学生御用達。

実はこの1軒奥には、同じく牛丼の『松屋』が並んでいますが、、、

そちらはサラリーマンやリッチな学生の店でしょう。
お金のない学生は『牛丼太郎』通称ギュウタを選びます。

ちなみに自分が入るのは、、、

ギュウタの方です。

理由は松屋より空いてるから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

学校の近所の美味しいお店

美味しいお店
アナウンス学院の近所の美味しいお店。

何度かテレビにも取り上げられてました、、、

確かチャーハンが美味しいって。。。

演劇祭にお越しになる際にいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煙が目にしみる

ってコトで、明日19日の演劇祭は、

自分がその昔そのサークルの部長を務めていた「演劇集団サザンクロス」の公演。

その演目は『煙が目にしみる』です。

煙が目にしみる Book 煙が目にしみる

著者:堤 泰之
販売元:論創社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨年の夏に急逝した「鈴置洋孝」氏による『鈴置洋孝プロデュース』にて上演された作品です。

鈴置氏が好きで、

この戯曲も買った身としては、

明日の公演楽しみにしていますので、

可愛い後輩たちには、頑張ってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職員気質

例えば、、、

お百姓さんたちは自分の生活のリズムを、飼育している家畜や作物などの都合に合わせて生活している。

事務方のような勤務時間なんてモノはないですよね。

専門学校の職員にソコまでやれとは言わないが、、、

お百姓さんが育てた作物を自信を持って世に送り出したいと願う気持ちは一緒でしょ?

だったら、自分たちが関わっている生徒の成長に興味を持っていないのだろうか?

そんなはずはないでしょ?

自分が担当しているクラスの発表の時にはあんなに頑張れるんだから。。。

だったらそれを、

その頑張りたいっていう気持ちを、、、

自分のクラスだけではなくて、、、

自分の働いている学校全体へと拡げていきませんか?

生徒と一緒に、喜びや苦悩を分かち合いましょうよ。。。

彼らがどんな気持ちでこの学院に来て、、、

どんな事を学んで、、、

その結果をどういう風に表現しようとしているのかを、、、

一緒に見守りましょうよ。。。

我々雇われ人がいくら足掻いたって、、、

あなた方職員が本気になってくれないと、、、

この学院は、結局どうにも変わっていきませんよ。。。

事務方だからとか、演劇経験がないとか、そんなコトは関係アリマセン。

ようはヤル気の問題です。

みんなで頑張れば、

きっと、

もっと魅力ある学び舎にできるはずなんです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇祭の客席

夜の公演の客席には、ですが、、、

自分が確認した範囲では、ですが、、、

座ったのが一番後ろの席だったので、自分からは“後頭部”しか見えないのでわかりづらいですが

職員のいた様子はアリマセンでした。

長期休暇中だし、

開演時間の18:00は、もしかしたら通常なら勤務時間を過ぎていたからかもしれませんが。。。

職員室では、

書類を整理している方がいました。。。

公演関係の機材を準備している方もいました。。。

みなさんそれぞれヤルベキコトをやっていたのでしょう。。。

でも、そんなことは後回しに出来たんじゃないか、

と、思ってしまうのですよ。

どうして、生徒の晴れ姿を見ようとしないんだ、あの学校の職員は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンクの原因

パンクの原因
悲しいコトに、愛車がパンク中です。

絶対“山手通り”の工事だと思う。

以前400ccに乗ってたトキには2日連続でパンクしたコトがありました。

早く工事が終わってくれるコトを切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーマンデー?

「敬老の日」に思い出したように老人孝行するってコトはナンセンスだろうが、

そういうコトに意識を向けようという祝日、、、

(そういう意図で制定されたかどうかはわかりませんが)

を、ムリヤリ日曜日の後にくっ付けて連休にしてしまおうっていう考え方は、

その祝日の意味を、人々から忘れさせはしまいか?

自分自身は、年々そういった暦に疎くなっている実感があるのだが、皆さんはいかかだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと考えてみましょう

一斉送信でメールを送るトキに、
全員の宛先を『To』にして送ってくる人がいます。

そのメールを他の誰に送ったのかがまるわかりになってしまいますし、
他の人のアドレスまで同じくまるわかりになってしまいます。

宛先の全員がお互いを知っているようならともかくですが、、、

それは若い連中に多いように思います。

そういったアドレスが『個人情報』だというコトがわかっていないのでしょう。

たとえ送信先のメンバーが顔なじみだったとしても、
その人以外のアドレスを極力わからないようにする工夫が必要ではないか?

ところで、
年取った先輩方でもたまにそういうコトがあるけどその場合は“メールや携帯の細かい使い方がわからない故の失敗”であるコトが多いのでしょう。

ちなみに自分が一斉送信するトキは、
Toを自分のパソコンのアドレス宛てにして、、、

以外のメンバーをBccにしています。

自分のパソコンのアドレスなら、流出しても問題ないですから。

これが最良の方法なのかはわからないけど、大人のマナーじゃないかとは思うのですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演劇祭というイベント

演劇に携わる教育施設としては、こういうイベントは大歓迎なんじゃないかと個人的には思うのですが、、、

もっと大々的に、広く世間にアピールした方が良いのではないかと、、、

その方が学校の宣伝にもなるのではないかと、、、

個人的には常々思っているのですが。。。

主催の考え方がそうではないのならば、我々のような“一介の雇われ人”には何もする力がないのです。

卒業公演や学内発表会だってそうです。

せっかくそういうコトをやるのだから、もっと外部の人たちに見てもらわなければ意味がないでしょう?

身内で客席を埋めて、ただ“そういうコトをやってます”っていう体裁だけ整えたって、

そんなのは何の意味もありません。。。

もし、主催者側が己の事情でそういう作業を面倒くさがっているのならば、

「そういうコトをやっていいよ」っていう権限を、

我々講師に与えてくれ!と、常々思っています。

もし、そういう予算がなくて出来ないのならば、

少ない予算で出来ることを考えればイイだけのことでしょ?

努力で補えるトコロを補えばいいだけのコトでしょ?

「そういうコトをしましょう」ってコトを言い出す組織人がどうしていないんだろう?

そういうコトをしてはいけないトコロが「組織」ってものなのだろうかと思ってしまう・・・。

演劇祭というイベントにおいて、今の自分に出来る最低限のコトは、

生徒の演じる舞台を観に行くというコトだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王城~アルカサル~

13年間中断していたシリーズの最終巻が発売されていました。

アルカサル 13―王城 (13) (プリンセスコミックス) Book アルカサル 13―王城 (13) (プリンセスコミックス)

著者:青池 保子
販売元:秋田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現在のスペイン~中世、カスティリアの王「ドン・ペドロ」の波乱の人生を描いた本作は、

連載開始から実に24年が経っていたのですね・・・。

親戚に教えてもらった「青池保子」という人の作品を追いかける中で出逢ったこの作品、

結構好きでした。

本作に興味を持って、少しその頃の歴史等を勉強しましたが、

おかげで彼の人生の戦いの行く末の結果を少なからず知ってしまい、

その時には少しばかりショックを感じましたが、

それがかの女史によりどのように魅力的に描かれるのか、

それを待ち望んでいました。。。

連載時の事情などもあるようで、

この最終巻は未完だった部分を一気に発表したようで、

その分量、中身共にかなり読みごたえがありました。

内容も、、、

作中で作者本人が記していますが、

時系列にそってエピソードを描いていく手法ではなく、

その彼と、彼を取り巻いた人々、そして彼の王国の歴史の行く末を

大河ドラマの総集編のように語りますが、

それがかえって人物一人一人の心情を想像させてくれて、

自分には読み応えがありました。

晩ごはんも食べずに、一気に読んでしまいました。。。

夢とか、野望とか、己の信念とかに命をかける、、、

そんな太く短い生き方に憧れる自分がいます。

彼の築いた王城~アルカサル~をセビリアまで、

いつか見に行きたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千秋楽お疲れ様でした

我が友『劇団軌跡』の公演が、今日17日に千秋楽を迎えました。

初日の舞台を見て、今日の千秋楽を見ての印象は、、、

初日に感じられた固さのようなモノが消えていて、
演じるコトを楽しんでいるような気配がありました。

稽古場で積み上げていくコトは何より大切ですが、
それとはまた違った大切なコトを、お客さんが教えてくれます。

基本的な勉強と、その結果として良い舞台を重ねていくコトが、表現者として成長していくタメには必要でしょう。

公演関係者の方々、お疲れ様でした。

暫し鋭気を養って、また良い舞台を提供して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤワラちゃんおめでとう(^O^)/

ママでも金メダル。

公約を果たさないどこかの先生方に、

その汗を、

爪のアカを飲ませてあげて欲しい。

己の努力で、有言実行のその姿は素晴らしい!

本当におめでとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興味のある方、ぜひどうぞ!

Pamphlet_hackleberry_3

あああああああああああ

演劇好きな方も、、、

そうでない方も、、、

良ければご観劇下さい。

お友達の劇団の公演です。

劇団軌跡』番外公演

「ハックルベリーにさよならを」

2007年9月14日(金)~17日(月) 「TACCS 1179」にて公演

※詳細はココをクリックして下さい※ 

アナウンス学院の現役生徒さんには、アナ学割引がありますからね。

これを機会に生の演劇を鑑賞する機会を持つのもいいコトですよ。

自分は何時いけるか?今の予定では15日以外の何処か。。。

誰か一緒に行ってくれます?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

千秋楽

今日17日に千秋楽を迎えます劇団軌跡の公演。

初日にはAキャストを見てきたので、今度はBキャストを観に行きます。

脚本は「キャラメルボックス」という劇団のモノ。

高校演劇などでも取り上げられるコトの多い作家の作品です。

たまに夜中に東京MXテレビなどを見ていると、

劇場中継のようなコトをやっている劇団です。

コチラの作品、劇団軌跡ではイロイロと上演していますが、

自分はオリジナルは一度も観に行ったことがありません。

戯曲は何度か読んだことはありますが。。。

観に行ったコトはありません。

好きな人は、大絶賛するそうですが、、、

一度も観に行ったコトはありません。。。

TVでは劇場中継っぽい番組を見たことはありますが、、、

舞台は観に行ったコトはありません。。。

別に深い意味はありません。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画「HERO」を観てきました

まぁ「HERO」って感じだったけど、

なんか物足りない感じでした、、、

やっぱり。。。

TVシリーズの倍の尺だけあって、

小ネタ入れたり、韓国に行ってみたり、映画っぽくしようとしてるのかいろいろやってるけど、

そんなコトに時間を使うよりも、

もっと、ドラマや人物の深みが見たかった。

そうでないと、どうしても“作り物”感が拭えないんですよね。。。

あのラストカットに繋がる二人の心の距離感を

もっと芝居演出で表現してくれないと

二人の関係描写で見せてくれないと、ですよ。

イロイロ考えてると思いますが、

あれは小細工って、自分は感じちゃいます。

小道具を使って説明するよりも、

もっと直球に表現して欲しい。。。

最後、法廷に本当にあの事件のコトを考えていた人たちが残るそのシーンに、

犠牲者の両親などがいないコトに、どうしてもウソ(作り物感)を感じてしまうのですよ。

まぁイロイロ詰め込むより、シンプルにしようよ思ったのかも知れないけど、、、

そういうところで、見ていて、作品から感じるリアリティーを失っていくのですよ。。。

その扱い方も、

被害者は法廷から裁判を見ていて、その人たちの思いを主人公がどう感じてどう受け止めていくのか、それを、彼の姿勢から見せてくれるほうが、、、って思います。

『オレはこう思っている』って説明されてるように感じました。

映画「アンフェア」はつまらなかったって思ったけど、

コチラはつまらないっていうよりは、

物足りない、、、かな。。。

超満員って程じゃない客席だったけど、

笑い声も殆どありませんでしたよ、、、

それでいて、見たあとスカッとするようなトコロも考えさせられるトコロもなかったし。。。

やっぱりTVでいいんじゃない?っていうのが正直なトコロかな?

最後に、、、

証人喚問に出てくる政治家がサングラスってのはナシじゃないかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「戦艦やまと」な居酒屋

「ニモ」のいた居酒屋は最悪のサービスでしたが、

15日に行った「戦艦やまと」な居酒屋は悪くなかったですよ。

店内のあちこちに「やまと」の写真があって、

幹事が知り合いだったのか店長(艦長?)がテーブルまで挨拶にきてくれて、

いい同窓会でした。

500ピース さらば宇宙戦艦ヤマト 11-166 Toy 500ピース さらば宇宙戦艦ヤマト 11-166

販売元:エポック社
発売日:2005/11/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あっ、ちなみに店の「やまと」は宇宙に行かない方の

ホンモノの方の「やまと」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頂いたお花

頂いたお花
水に挿して、
蛍光灯だけど光の下においておいたら、
少し元気になった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やる気のある若手は

社会に出てからも、ちゃんと育っているようです。

紆余曲折はモチロン在るけれど、輝きを自分で消してしまわぬコトが大切です。

プチ同窓会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邦楽鑑賞

邦楽鑑賞
邦楽鑑賞
昔お世話になりました日舞のお師匠さんの舞台を拝見させて頂きました。

まだ若手だった頃には、舞台進行の助手などをさせて頂き、いろいろと礼儀作法などを教えて頂きました。

帰りにはお花を分けて頂きました。

金の屏風と赤い毛氈に鼓や三味線などの並ぶ様に、まるでお正月のような感じがして、なんだかおめでたい気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ワークショップⅡ

なんてコトを考える理由は、

やはり精力的に活動を続ける「劇団軌跡」座長K賀氏を見ているからであろう、、、

一部周囲には「生き急いでる」ようにも見えるが、、、

それほど彼は精力的である。

本気の彼を手伝うことは自分にとっても喜びであり、

彼の創る世界を手助けしたいと本気で思っている。

彼の全てを手伝えるワケではないが、、、

その作業はまるで自分の創作活動に等しく、楽しく、大変なモノである。

彼と付き合うときは、常に本気だから。

それは楽しく、わが演劇人生においても貴重な時間であるが、

同時に、

『彼の夢に、このままぶら下がっていてはいけない』

というココロの声も聞こえてくるのである。

精力的な彼を見ていると、

「自分も何かしなくてはッ」という気持ちにさせられる。

ヤル気は伝染するのである。

彼の友人でいるタメに、

彼の盟友であるためには、

彼に負けない頑張りを自分自身に課さねばならないのである、、、

彼と並び立つタメには。。。

そんなコトを勝手に考えている40歳である。

ちなみに「劇団軌跡」の次回公演

12月11日(火)~16日(日)

ですって。。。

やっぱり生き急いでませんか、K賀さん?

夢をかなえるゾウ Book 夢をかなえるゾウ

著者:水野敬也
販売元:飛鳥新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワークショップ

と言うと聞こえがいいが、

公演を目指した「勉強会」みたいなコトも個人的にやってみたいと思うのだが、

それには、勉強したその先が仕事に繋がる可能性が“在る”のと“無い”のとでは、

きっと受講者の意識が違うだろう。

ズブの素人を相手に初歩から勉強をしていくのならば、

それを仕事にしていくってのは先の話しだろうが・・・。

そう考えると、自分がそういうコトにパイプを持っている人と付き合ってこなかったコトが、

少しだけ悔やまれる気もする。

若手と付き合うならば、

その若手がヤル気と力を持っているのならば、

それを活かしてあげるコトが、

年長者の存在する理由になるだろうから。。。

今からでも、そういう意識で活動してみようかと思う40歳である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日開幕

劇団軌跡公演

「ハックルベリーにさよならを」

幕が開くまでは、何かとトラブルが付きまとうのがこの世界、、、

まさに「幕が開くまでわからない」ってモンですが、

今回は結構順調にいったそうです。。。

順調すぎる事が、逆に怖いとも言っていました。。。

何かにつけて、座長とは気を張るモノでしょう。

初日の客席は、ほぼ満員でした。

日曜日あたりは完売状態のような事を言っていましたが、

弱冠の当日券が発行される可能性があるとのコトでした。

お時間と興味のある方、

どうか問合せしてみて下さい。

今日観劇したのはWキャストのAキャストの方です。

残りBキャストは千秋楽の17日(祝)13:00~を観に行きます。

※公演の詳細はココをクリックして下さい※

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ア・バオア・クーにて迎え討つ

ア・バオア・クーにて迎え討つ
食玩コレクション

『量産型ゲルググ+ザク』

この両機が同じフレームに収まる会戦は「ア・バオア・クー」でしょう。

最終決戦は、連邦・ジオン共に総力戦です。

映像では最新型に混じって旧型までが駆り出されています。

敵見方入り乱れ、時には『鉄人○号』までもが画面を横切っているのは有名な話しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師と仰いだ人が

師と仰いだ人が
たまたまつけた番組〜古い時代劇に出演していました。

ドラマで主演をはるような〜いわゆる“売れている”人ではなかったけれど、
とても“熱い心”の持ち主でした。

某大女優さんに気に入られ、その方の代表作、演劇史に名を残す有名なその作品に出演していました。

その反面、我々のような下っ端にも分け隔てなく付き合ってくれて、
若手の公演でも、意気込みとスケジュールが合いさえすれば喜んで演出してくれました。

その分“芝居”に関してはハンパなく厳しくて、
初めてお付き合いさせて頂いたトキには本当に“コテンパン”に叩きのめされました。。。

ある時期、身体を壊して〜命にかかわる病気で入院しながらも、「先に約束したから」と言って、
病院を抜け出して稽古場に来るような、
まさに命がけで芝居に取り組んでいた

そんな人でした。。。

普通の人から見ればきっとわかってもらえないだろうけど、そういう熱い『芝居魂』を持った人でした。

技術やモノの考え方もそうですが、
そんなコトよりもっと大切なモノを教えてもらった、、、
と言うよりも、
その生き様から見せつけられました。

今はもう魂だけになったその人の、
その魂の一分でも、せめて受け継ぎたい、、、

そう願っています。

魂だけになっても、向こう側でも、
また“熱いまま”で好きな芝居をしてるのかなぁ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤いリック・ドム

赤いリック・ドム
食玩コレクション

「赤い彗星」の駆る“赤いリック・ドム”

その初登場は、ドカンがまだ中学生だった頃、
当時ソノラマ文庫から出ていた原作者の手による小説版でしょう。

この『赤いリック・ドム』は、当時の読者にも驚きと動揺をもって受け止められました。

「赤い彗星よ、本当にそれでいいの!?」って。

あれから20数年が経ち、
それが今では違和感なく受け止められ、こうして立体化されるなんて、、、

恐るべし赤い彗星です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売れるものが本当に良いものなのかどうか?

かなり疑いを持っている。

たとえ世に多く受け入れられなかったとしても、

(自分の価値観に照らしてというコトになるのだろうが)

確実に良いというモノがあるはずだ。

1000000人に喜ばれたとしても、

簡単に忘れられ、ただ消費されていくだけのモノよりも、

たった一人でいい、、、

その人の人生において“生きる糧”となりうる作品の方が素晴らしいと思う。

たった一人でも良い、

その人の人生に強く影響を与え得る作品の方が価値があると思っている。。。

売れない人間の、

いわゆる「負け犬の遠吠え」と思われても構わない。

コッチはそっちに負けた憶えはない。。。

“ただ売れているから”という現実のみを見て、

売れている理由を自分の感性で確認もせず、

ただ人の尻馬に乗って偉そうなコトを言う人間とは会話にならない。

そういう人間に偉そうにされ、

仕事の邪魔をされ、

いつかはクビを切られるのだろうと思うと腹が立つが、

ソレが社会の仕組みなのだから仕方ないのだろう。。。

ボヤいてみても何も産まれないが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残念ながら、、、

映画「HERO」は見られず、でした。

劇場が込んでいたわけではなくて、

愛車がパンクしていて、劇場に行けなかったからです。

ショック!!

そういえば、先日に乗っていたトキに、ちょっとそんな感触~ハンドルが重い感じ~があったコトを思い出しました。

もっと思い出すと、その前の日のは、工事中の山手通りを走行中に、リアタイヤに、なんとな~くそんな感触~ゴリって感じ~があったことを憶えています。

駐輪場を出てすぐに止まってリアタイヤを見たら、

やっぱりビスが刺さってました。。。

携帯を持たずに出かけていたので、そのビスの写真も撮れず、更にショック!!!

あ~あ、、、

修理にお金がかかります。

そろそろ点検に出そうかと思っていた時期ではありますが、

最寄のレッドバロンまでどうやって持っていこうかな?

ってコトで、映画「HERO」はしばしお預けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「HERO」を観に行こうかと

思ってます。

レイトショーです。

個人的に、TVドラマから派生した映画には良い印象がないので、

期待は半分だけ。。。

(映画「アンフェア」にはガッカリしたクチなもので)

HERO 第1巻 DVD HERO 第1巻

販売元:フジテレビ
発売日:2001/07/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんだか話題や知名度に胡坐をかいた、子供だましムービーが多いように感じているのですよ、TV発の映画には。

キムタクはキライじゃないですよ、

「武士の一分」は良かったと思ってますから。

ドラマのHEROも好きだったし。。。

だから映画にも期待したいけど、

だけど“イ・ビョンホンの取り上げ方に難あり”なんて噂が耳に入ってくると、

あぁ、もしかしたらまたかぁ?

って、思ってしまうのですよ。

まぁ「百聞は一見にしかず」ですからね。

もし大混雑だったら、きっと見ないで帰ってくると思いますけど。。。

先ずは行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人に言われるまで気付かなかったのだけれど

うちのリーダーが出てる番組「でぶや」に、

いつの間にかナゾのイラン人の「マッスル」が出なくなってますね?

とある人に言われるまで、まったく気にしてませんでした。。。

元祖!でぶや公式ギャグブック Book 元祖!でぶや公式ギャグブック

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱり「ガンダム」はコレ

更に食玩コレクション

070913_00030001 「機動戦士ガンダム」より。

両手にハイパー・バズーカを持つこの姿は、

ア・バオア・クーへと向かう“最終決戦仕様”でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画化の話ってどうなったのかな?

食玩コレクション。

070913_00160001

「ガンダムSEED DESTINY」より

『ストライク・フリーダム』です。

今回は4・5回目で出たのかな?

相変わらず“ヒキ”は弱いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何故、恋は

終わってしまうのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辞任表明

なんだか良いように持ち上げられて、足元を掬われて…って印象が無きにしもあらず。

ダメだったのは彼一人ではなく、先生って呼ばれてる偉そうな人たちみんなじゃありませんかね?

領収書の意味さえわからないバカな人たちだもの。

政治っていうのは、『この世の中を良くするためにいろいろ意見を出し合って、実行し、社会を良くしていくコト』だと思ってました。
それを真剣に考えている偉い人たちが、先生って呼ばれ政治家を目指すのだと思ってました。


でも実際こちらの目に映る先生方は、
会議では居眠りするか野次を飛ばすか、
正しいのは多数派であって意見の良し悪しは鑑みられない、足を引っ張るコト駆け引きするコトが仕事で、
最大の関心は選挙に勝つことだけで、何のために選挙に勝つのかを忘れてしまったおバカな人たちだもの。

自分が生まれてきた意味を人生の中で見つけたいけど、結局生きていくコト自体が目的になっているコトを考えれば、
我々人間自体が愚か者なんだろうかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働くことの喜び

って、きっと人それぞれだと思いますが、、、

人を育てるトコロでの最大の関心事は、

その生徒がいかに充実した学園生活を過ごすか、

その過程においていかに成長していくか、

ここに来て良かったって思うかってことじゃないかと思うのですよ、自分は。

だから、コトあるごとに「授業を見に来て下さい。」とか「発表会を見に来て下さい」って、

職員の人たちに意見してきました。

でも、組織には、そういうコトには関心のない人たちもイッパイ働いているんすよね、

“人間を育ててる”って意識がなくても、

数字を相手にしていれば済む職種もあるだろうし。

そういう人たちが、我々がしている仕事に興味を持ってくれるようにするにはどうすればいいんでしょうかね?

課題をクリアーした生徒が見せる良い笑顔を見たトキの喜びを、どうすれば知ってもらえるんだろう?

働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。 Book 働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。

著者:戸田 智弘
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9・11

あの時からこの日は、全世界規模で忘れられない、、、

忘れてはいけない日となりました。

忌まわしい記憶のよみがえる日。

しかし松元にとりまして、この9月11日は「母親の誕生日」なのであります。

聞いてみたコトはないけれど、おふくろさんには、この日はどういう風に感じられるのでしょう?

誰かの記念日が、別の誰かにとっては逆の日になっているコトって、

きっとイッパイあるんだろうなぁ・・・。

ちなみに12日は弟の誕生日です。

現在所用でコチラに出てきている両親と、

明日12日に家族そろって会食します。

誕生日おめでとうございます。

鹿児島に住む両親には、なかなか思うようには会いにいけませんが、

どうかいつまでも元気でいて下さい。

贈ることば Happy Birthday Book 贈ることば Happy Birthday

販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハックルベリーにさよならを

松元は、とりあえず、、、

初日14日(金)PM7:00=Aキャスト公演

と、

千秋楽17日(月・祭日)PM1:00~=Bキャスト公演

に行こうかと思ってます。

まだチケットは予約していませんが。。。

ご一緒できる方、思い切って松元割引をしちゃいましょう!

一般前売¥2,500-を、

思い切って、、、

¥2,000-に割引しちゃいましょう!

ドカンと一緒に行ってくれる人にですよ。。。

お時間ある方は、ご一緒にどうぞ。

松元があわせてチケットを予約しま~す。。。

ご一緒できない方でも、ドカンを通してチケット予約しますって方には、

松元割引を考えちゃおうかな。。。

チケットの予約を希望する方は、ココをクリック、ドカンにメールしてね。

それでは皆さん、劇場でお会いできる事を楽しみにしています(^o^)丿

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バイク人口増加

自分の周りでのコトですが。。。

昨夜の飲み会で幹事だった子がいるのですが、

その子が、まさにその日、「普通自動二輪」免許の卒検だったんです。

もちろん合格だったそうです。

第一段階で、なかなかの苦労はあったものの卒検はイッパツOK!

おめでとう!

彼女はKAWASAKIのエストレアを買うツモリだって言ってました。

無事に購入したら、ツーリングに行きましょう。

大型バイクの中に一人250ccだって全然大丈夫、安全運転だから。

新車だったら慣らしを兼ねて、

日帰りが出来る距離の穏やかなルートがいいですね。。。

その時にはK川さんやH越くんも一緒に行きましょう。

H越クンの高速道デビューもしなくちゃね。。。

Kawasaki (カワサキ) バイクマガジン 2007年 09月号 [雑誌] Book Kawasaki (カワサキ) バイクマガジン 2007年 09月号 [雑誌]

販売元:ぶんか社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

バイク人口が増えると、やはり嬉しいです(^o^)丿

| | コメント (4) | トラックバック (0)

終電Ⅱ

終電ギリギリの時間。

大江戸線の新宿駅改札の前には

六本木方面の終電は終わりました

ってな看板が確かに出ていて、その場にいた駅員にも確認したんです。

だから、逆側の「光が丘」方面に向かうドカンは、

「最終発車しま~す」

って声に慌てて階段を駆け下りて、発車寸前の列車に飛び込んだんです。

間に合ってよかったぁ・・・そう思って次の停車駅で、ホームの駅名を見たら、

ナント、光が丘とは逆側の「代々木」だったんです。

その時、両耳にi podをかけてたドカンはそれに気付くのが遅れて、

「あぁ~」と思ったトキにはもう列車は発車してしまい、

下りたのは更に隣の「国立競技場前」駅でした。

更にショックなコトに、、、

既にその時点で、「光が丘」方面の最終は発車していた後だったんです。。。

ココで、前のクソ居酒屋の件もあるし、、、

ダメもとで、駅員にクレームをつけてみました。

「あんたんトコの駅員が、六本木方面の最終が終わったって言ったから、ホームで発車寸前のヤツに飛び込んだんだんだッー!」って。

まあ、本当は確認をしなかった自分が悪いし、、、

言われた駅員にとっては自分のコトじゃないからいい迷惑だったでしょうが。。。

(これからかかるタクシー代まで請求しようだなんて、絶対思ってませんでしたからね)

でも、その駅員は、一応上司らしい人に電話でお伺いをたててから、特別に切符の払い戻しをしてくれました。。。

¥210-

大江戸線の「国立競技場前」の駅員は、とってもいい人でした。

その後は地上に出て、近くのJR千駄ヶ谷駅に向かったら、こちらも総武線かな、、、三鷹行きの最終が、今まさに出ようという所。。。

駅員さんはすかさず

「そのまま乗って、降りた駅で話して清算して」

と、な対応をしてくれました。

おかげでそのまま環七近くの「高円寺」駅まで行くことが出来て、

新宿近辺からだと五千円はかかったであろうタクシー代も、¥980-で済みました。

本当に、今日はイロイロなコトがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終電

そんな酷い店だったけど、

仕事やら何やらを忘れられた楽しい飲み会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニモのいる居酒屋

ニモのいる居酒屋
新宿は歌舞伎町の新しく出来たらしい居酒屋。

『Mの都』

客引きは2週間前くらいにオープンしたって言ってました。

大きな水槽があって、ニモみたいな熱帯魚がたくさん泳いでて、

内装や雰囲気は悪くなかったけど、、、

サービスは最悪でした。

コッチがキレそうになるくらいしつこくコースメニューを勧めるし、、、

料理はなかなか出てこないし、、、

飲み物には氷を入れ忘れてヌル~いのが出てくるし、、、

メニューに「冷たいトマトの~」って書いてあるのに、ヌル~いトマトが出てくるし、、、

それにクレームとつけて突っ返したら戻ってきたトマトは“ヌルくはない”って程度の冷たさで、、、

オマケにとっても小さくなってたし、、、

料理の注文は取り間違えるし、、、

2時間半飲み放題のハズなのに、終了1時間前にドリンクのラストオーダーだって言いやがるし、、、

店員はまったく愛想がないし、、、

店員の愛想以外には、全部クレームつけてやりました。。。

開店間もないらしいけど、それにしてもねぇ、酷すぎる。

「もう2度と行かないぜ、こんな店ランキング」のトップに躍り出ましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒトノココロ

「どうしてワタシの気持ちをわかってくれないの!?」

といわれても、ちゃんと言葉にしてもらえないとわかりません、、、

エスパーじゃないので。。。

ゴメンナサイ。

超人ロック完全版 (1) 炎の虎 Book 超人ロック完全版 (1) 炎の虎

著者:聖 悠紀
販売元:少年画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検証するということ

何かを成したときに、それに伴う結果や過程を検証する事は大事でしょう?

それをしなければ、何の進歩も遂げられないんじゃありませんか?

ただやりっぱなしたって、一時のコトでしかないのだから。

偉そうな態度で、上からの指示を伝達するしか脳の無い某氏には、

何度提言しても、その事に気付いてもらえない。

それをせずとも、翌年には問題点が解決されていれば、何も文句は言いません、、、

改善どころか、改悪になっているとしか思えないし、

そのことについて何の説明も報告もないのだから、まったく頭が悪いとしか思えない。。。

頑張っている人たちが、そんな人の犠牲になるのが可愛そうだ。

せめて自分は、出来る全力でもって、誠意をもって仕事をしたい。。。

自分が全て正しいって言ってるわけじゃありませんからね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダルって

防御力が低い…っていうか無いじゃありませんか。

踝が隠れない靴下も、防御力が低いでしょう?

ドカンの苦手なモノです。

何と戦うっていうコトじゃないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッキーかな

ラッキーかな
ゾロ目。

某星占いではあまり良くなかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマケーション

も、そうですが、

仕事以外のプライベート的なコトでも、

イロイロと新しい試みを思案中です。

作品的なコトや人間関係的なことなどです。

初心に帰って、演劇というもののもつ“力”を感じてみたいと思います。

先ずは、

作品を創ること、、、

それを一人でも多くの方に見てもらうこと、、、

そのタメの組織作りについて、、、

なかなかお金にならない部分が多いですが、

暫し頑張ってみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石川智晶

この人の透き通る声が気に入りました。

僕はまだ何も知らない。(初回限定盤)(DVD付) Music 僕はまだ何も知らない。(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:石川智晶
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ソートン・ワイルダー

学生の発表会ですが、この人の作品が上演されました。

シンプルな舞台構成と、人生の日々の営みを劇化したこの人の作品には、決して派手なシーンや舞台効果などはありませんが、

人がただ生活していくというコトの中の喜びや切なさを感じさせてくれる優しい作品です。

お芝居をご覧になる機会の少ない方には、戯曲に触れる機会など殆ど無いとは思いますが、もしこの人の作品に接する機会がありましたら、その作品の持つ暖かさに触れて下さい。

ソーントン・ワイルダー 1 (1) Book ソーントン・ワイルダー 1 (1)

著者:ソーントン・ワイルダー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはその「ソートン・ワイルダー」の代表作『わが町』です。

モチロンどかんもこの作品に触れたコトがあります。

この業界にいて、この作品を知らない人がいたら、それは“モグリ”だと言われそうなほど有名な作品で、名作と呼ばれるに相応しい作品だと思います。

この名作が文庫本で読めるなんて、演劇というモノが、少しは世間的に認知されてきたというコトでしょうか?

喜ばしいコトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某幹線道路の

某幹線道路の
交差点に忍ぶ影…。

これって“点数稼ぎ”じゃないですよね。。。

違反に対しての抑止力を意識するのならば、

なぜ堂々と姿を現さないのですか?

違反者を挙げるコトが目的?

事故に繋がるモノをなくすのが目的?

正義はどっち?

あっ、もしかして、

暑いから日陰で休んでるんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンクを追加しました。

ドカンが最近勉強しているんですが、

『ドラマケーション』

ってヤツです。

簡単に言いますと、

演劇を教育に取り入れよう」っていう感じのコトです。

人と人とのコミュニケーションというのは、ある意味演劇にとっては欠かせない要素の一つであります。

そういう主旨のメソッドを、もっと手軽に活用できるように考案されたモノが、この『ドラマケーション』と呼んでいるモノです。

※詳しくはコチラをクリック、HPをご覧下さい※

基本プログラムが幾つかありまして、

その殆どが5分程度の時間があれば出来る、簡単な遊び感覚で行えるゲームのようなモノで、

「人前で何か表現するのはちょっと恥かしいなぁ・・・」

って人でも、一度体験してみれば、きっとその楽しさを感じてもらえると思います。

昨今コミュニケーション能力の低下を耳にする機会はありませんか?

他者との関係を上手く築くコトの出来ないストレスは、確実に増えています。

ちなみに、自分には、とってもアリマス。。。

もしかしたら、そのストレスを軽減させる手伝いが出来るかも知れません。

興味のある方、先ずは一度HPをご覧下さい。

そして、もう一歩興味を進める気持ちが芽生えたら、それを体験してみて下さい。

怪しい類のセミナーではケッシテありませんからね、

ドカンが保障しますので。。。

皆さんの参加をココロよりお待ちしています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

都知事が

ニュースで「公約違反ではないか?」と、取り上げられていました。

強気に反論していた都知事、、、

なぜあんなにも強気でいられるのだろう???

反論が後になって“言い訳だった”ってコトにならないことを強く希望します。

なんてったって『ウソツキは泥棒の始まり』だって言いますからね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の二次被害

台風情報が気になって、早朝の情報番組をチェックしてたのに、

ウッカリ二度寝してしまって、午前中の予定をすっ飛ばしてしまいました…無念(>_<)


飛ばした予定が仕事ではなかったコトがせめてもの幸運だったと思いましょう。

皆さん、二度寝には要注意です、、、

って、学生には口を酸っぱくして言ってるのに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノロノロ台風

移動速度が“原付”より遅いんだから、列島縦断に時間がかかるのも当たり前ですね…。

少しでも被害の少ないコトを祈ります。

ちなみに、

夜、この大雨のなか、芝居を見に出かけました。
その劇場は結構満員でした。
いいお客さんたちですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オトコの夜食

秩父のお土産に買ってきた『武蔵屋のおっ切りこみうどん』

夜食に食べたらすごく美味しい。

“ほうとう”みたいな平べったい麺を出汁で煮込んで、レトルトカレーをかけました。

オトコの夜食なので美しくないので写真はナシだけど、本当美味しい。

寒い夜に煮込みうどんにしたり、うどんすきにしたりすればきっともっと美味しいでしょう。
秩父にお出かけの際にはぜひお土産にとうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風ニョッキ

関東直撃の予感。。。

せめて、

「タケノコニョッキ」のように、

他の台風とカブらずに単独で来て欲しいモノです。

ちなみに、

今もっている雨合羽

~学校の近所の作業着やで買った安物~

はサイズが4Lで、ドカンでも背中のリュックごと着られるので嬉しいのですが、

古いので結構浸水するので困ります。

秋に旅立つ前に、

最新の「ゴアテックス」とかいうモノを使ったヤツが欲しいです。

バイク用品店に行きたいけど、

きっと行くのはドンキホーテで、

買うのは安い撥水スプレーでしょう。

テクトロン DWR(強力防水・防汚れスプレー) テクトロン DWR(強力防水・防汚れスプレー)

発売日:2006/12/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクでもらい事故

って、つきものじゃないですか。

もらっちゃいました、、、

事故っていうよりは“水の被害”なんですが…雨のあがった帰り道で。。。

「山手通り」ってズーッと工事してて、路面が凸凹してるトコロが多いんです。

そこに水が溜まってて、不用意にそこを走っちゃうと自分の足に水を跳ね上げちゃうし、歩道の人たちに跳ねかけちゃうコトもあるし、、、

そく思って用心して走ってたのに、隣の車線を行く軽トラックに思いっきり跳ね上げられちゃいました。

ズボンの右側がビッチャリで、とても残念な気持ちになりました。

帰り道だったのがせめてもの幸運だったと思うコトにします。。。

ちなみに、、、

行きの道ではカッパを着て走り出したら晴れちゃいました。
授業でタップリ汗をかくその前に、晴れ空での雨ガッパでムレムレになり汗ばんでしまいました。。。

雨でびしょ濡れにならずにすんだコトをせめてもの幸運と思うコトにしましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先生って呼ばないで

「先生と 呼ばれるほどの 馬鹿でなし」(川柳)

だからというわけではアリマセンが、

自分は授業中に「先生」と呼ぶ事を禁じています。

最初の授業でキッチリと名前で呼ぶように言ってます。

本名でも芸名でもどちらでも構いません。

初対面でいきなり「まっちゃん」なんてフレンドリーに呼びかけるコトも許しません。

そういう人は人間関係の距離感がつかめない人ですから。

芝居に大切ですよ、そういう距離感は。

だからちゃんと“さん”を付ける様に言います、、、

お互いの人間関係の距離が定まるまでは、、、

まっちゃんさん」と呼びなさい、って。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コウモリ

都内某所の稽古場にて。

一汗かいたところで休憩中に窓を開けたら、

暗いなかをコウモリが飛んでいました。

ヒラヒラと飛ぶその姿(シルエット)は、鳥よりも大き目の蛾っていう感じでした。

虫を取るところが見られないかと目を凝らしましたが、

コウモリのシルエットは見えても虫のシルエットは小さくて見えないので、

たとえ捕獲のシーンがそこで展開されていたとしても、

きっと見えなかったでしょう。

ちょっと残念です。

コウモリのふしぎ [知りたい★サイエンス] (知りたい!サイエンス 14) Book コウモリのふしぎ [知りたい★サイエンス] (知りたい!サイエンス 14)

著者:船越 公威/福井 大/河合 久仁子/吉行 瑞子
販売元:技術評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治家の先生方って

みんな叩けばホコリ舞う人たちだらけってコトでしょう?


そうやって、互いに足を引っ張りあってるうちに、
この国はドンドン駄目になって行くような気がして怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズルいコトを

偉い人たちはみんなやってるってコトでしょう?

そう思ってしまいますよ。

「イジメはいけません」って言ってる先生たちは、職員室でイジメをやってるって聞くし。

そんな人たちが“先生”なんて呼ばれてるんだから、

世の中が良くなるはずがないでしょう?

なるべく“正直”に生きましょうよ、、、

自分の欲望だけでなくて、世の中全般に対して。。。

『世の中まだまだ捨てたモンじゃない』って思いたいし、若い人たちにもそう伝えたいじゃないですか?
ねえ。

松元@拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年厄年

の先輩がいます。

先日、某イベントで

~この先輩が指揮を取っていたのですが~

会場の空調が“突然壊れる”というハプニングが起こりました。

絶対に、この先輩のせいだと自分は確信しています。

来年までに必ず厄払いに行こうと、

固く心に誓いました。

日本人の縁起かつぎと厄払い (青春新書INTELLIGENCE 175) Book 日本人の縁起かつぎと厄払い (青春新書INTELLIGENCE 175)

著者:新谷 尚紀
販売元:青春出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節が変わった?

ココ数日、ちょいと涼しい日が続いたせいか、さっきからおハナがグズグズしてきました。

季節が変わった感じです。

明日は良い天気でしょうか?

松元@拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅立ち

北海道もいいなぁ。

今ならピークも過ぎて、フェリーも少しは安いかも。。。

ツーリングマップル 北海道(2007) Book ツーリングマップル 北海道(2007)

販売元:昭文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジャポン玉のような

心の声はめったに届かないモノです、、、

テレパシーは使えないので。。。

難しく考えずに発してしまえば良いという人もいるけれど、それはそれで誤解を招くコトも多くて、つい臆病になってしまう。

実は繊細な人間なもので。。。

そんな“カタチに出来ない言葉たち”を紡いで、いつか芝居を作りたい。

カタチにはならなくても、それは確実にココにあるのだから…。

どんなに願っても、ジャボン玉は宇宙には届かないけれど、そんな願いだけは諦めずに抱き続けたいと思うのです。


松元@拝

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いろいろ勉強になります

アナ学では、今期初の試みでした。
前期末の演技発表の第1ラウンド。

それが無事に終わりました。

まだ右も左もわからないような彼ら教え子たちですが、発表を終えた充実感と達成感、
そして、さらに上を目指す向上心が芽生えているはずです。

頑張る若手の初舞台を支える一翼を担えたコトは喜びであり、また新たな発見の機会ともなりました。

彼らがより良く育つように、真剣なレッスンを心がけなければなりません。

そんな当たり前なコトではありますが、改めて心に刻みます。

発表は来週末に第2第3ラウンドが待っています。

まだまだ楽しみは続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸福論

いろいろと他人とぶつかる事も多いし、分かり合えない人も多いけど、

話しの出来る人もいるし、的確な助言を与えてくれる人もいる。

悩む事も多いし、憤る事も多いけど、

自分が信じるコトをしていくしかないのだろうなぁ、、、

人生がいつまでも続くわけでもないし、

他人を羨んでも、自分は自分にしかなれないし、

過去に戻れなければ、未来もわからない、

自分は自分の知りえるコトしか知らないし、

成しえるコトを成していくしかないのだろうから。

だから、共に活動していく仲間を欲するし、

逆に一人きりでも折れないココロの強さが欲しい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稽古場の

外の風が涼しくなってきました、、、

虫の音が、秋のモノに変わってきました、、、

今日から9月です。。。

後半には旅に出ようかと画策しています。

その前に、イロイロと懐かしい顔を見る機会が出来そうで楽しみです。

アナ学では、

かねてより熱望していた、

学内を活気付かせるタメの企画が、

今週と来週の土曜日に行われます。

自分は直接手を下しているわけではアリマセンが、

一関係者として微力ながら手伝いをしています。

今日は芝居で使う「音ネタ」を1カット提供してきました。

学生が見つからないといっていた効果音を、

松元が自慢のパソコンで編集しました。

無い音は自分で創る、、、

音効屋の基本です、、、

音効屋じゃないですが。。。

今日1日のお昼から本番の発表会があります。

今年授業を担当している生徒達の初の晴れ姿を、

この目にシッカリと焼き付けてまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

並べてみましたⅡ

違うシリーズの食玩ですが、

並べてみました。

070830_03460001 「キャプテンハーロック」

そして、彼の駆る宇宙船「アルカディア号」

彼のように、ただ己の理想を追い求めて生きていく、、、

そんな孤独にも耐える力が欲しいと、

切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »