« お疲れな休日 | トップページ | テンプレートを変えました »

『スパイダーマン3』鑑賞

世界的な話題作l『スパイダーマン3』を観てきました。

昨日~4日の夜の話し。

本当ならこんな公開スグ後じゃなくて、もう少し空いたコロに観に行くのが主義なんですが、、、

昨日はあんなによい天気だったにも関わらず、“お疲れモード”を理由になんにもしなかったので。。。

それじゃぁお天道様にも顔向け出来ないんで、せめて夜には何かをしようかと思いまして、近所の映画館へ行って来ました。

070504_23330001 レイトショーとはいえさすがGWド真ん中、いつもは空いてるのに今夜は劇場は人でイッパイ・・・普段ならココで帰っちゃうところですが、今回はソコは我慢して、鑑賞します。

席も、お気に入りのスクリーン真ん中近くはイッパイで、今回はちょっと下手側に寄ったトコロでした。

余談ですけど、席が下手側の方が、なんとなく“据わり”がいいように感じるんですよね。

逆に上手側だとちょっと“新鮮”な感じ・・・。

なんでだろうって考えたら、これはたぶん、普段の「おやダン」での“立ち位置”がそうだからなんでしょうかね?いつもが下手側だから、そっちのバランスの方が見慣れてるんだろうなぁ・・・。

映画の方は満足でした。もし1本で満足じゃなかったら、24時台の「バベル」か「ゲゲゲの鬼太郎」でもハシゴしていこうかと思ってましたが、ちゃんとお腹イッパイになりました。

さすがに3作目ってコトで、映画は最初っからクライマックッスって感じ。いいテンポで流れていきます。

今回は闘わなくっちゃいけない相手が多いですからね。

あんだけイッパイ敵が出て来て、映像的にもあんなに風呂敷広げちゃって、どうやって決着つけるんだろう・・・って思いましたが、、、

ちゃんと納まるトコロに納めて、印象としては、最初の立ち位置に戻ったって感じ、、、

「ピーター・パーカー」も「スパイダーマン」も。。。

昔、マーベルコミックスの日本版を読んでいたコロから思っていたコトだけど、、、

「スパイダーマン」って本当に普通の人なんですよね。

スーパーマンも、クラークケントに戻れば普通の人だけど、スーパーマンはゼッタイのヒーローって感じがする。

でもスパイダーマンはそこのところがちょっと違って、彼を目の敵にする新聞編集者はいるし、ピーターだって“恋”も“仕事”も上手くいかなくて“トホホ”って場面が多く出てきたし、特に人間関係に悩むことが多かった。

ヒーローなのにスパイダーマンの格好でタクシーに乗って、ちゃんとチップまで払うシーンだってあったし・・・。

日常生活に悩む姿に親近感を感じていました。

何時でも何処にでも現れて我々を助けてくれるその存在は、彼のキャッチコピー『親愛なる隣人』と言うに相応しいのですが、本当は、その中身は、下宿の隣の部屋に住んでるお兄ちゃんと変わらないってトコロでもあるんですよね。。。

彼の活躍は、スクリーンではコレで見納めなのかもしれませんが、きっと彼はコレからもNYの摩天楼を飛び回り、人助けをしていくんだろうなぁ・・・ってのが感じられました。

MJとも仲良くしたりケンカしたりしながらね。

またいつの日にか、『親愛なる隣人スパイダーマン』とスクリーンで、あるいは街中で、会いたいものです。

|

« お疲れな休日 | トップページ | テンプレートを変えました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/6309514

この記事へのトラックバック一覧です: 『スパイダーマン3』鑑賞:

« お疲れな休日 | トップページ | テンプレートを変えました »