« デジカメで“パシャッ”としてきました | トップページ | めぞん一刻 »

「天下を取るなら妖精と笑え」って

今週末からTSUTAYAが半額中。

ってコトで、鑑賞中。

改めて見てみると『重線機エルガイム』のオープニングがイイ。

音楽への映像リズムのはめ込み方の感じがドカン好みです。

重戦機エルガイム DVD-BOX DVD 重戦機エルガイム DVD-BOX

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

割とシンプルだけど美しい白い機体の主人公メカの肩書き=重戦機って書いて“ヘビーメタル”って読みます。

だからってオープニングがヘビメタってワケじゃないですけどね、、、

80年代当時はシンセっぽい音の使い方がアニメ少年には新鮮だったんです。

永野護氏のよるデザインワークも新鮮で、それ以降のロボットアニメのみならず、業界全体に多大な影響を与えたといっても過言ではないでしょう。

総監督富野氏が積極的に若手=新しい才能を発掘・育成を試みた、実験的人材の登用もあったんじゃないかな。。。

そんな若さや元気さが、画面から漂ってくる作品です。

『天下を取るなら妖精と笑え』~作品中の台詞より。

夏に上演予定の公演の元教え子の女優さん達は、ドカンにとっての“妖精”になってくれるかな???

|

« デジカメで“パシャッ”としてきました | トップページ | めぞん一刻 »

懐かしのアニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/6386266

この記事へのトラックバック一覧です: 「天下を取るなら妖精と笑え」って:

« デジカメで“パシャッ”としてきました | トップページ | めぞん一刻 »