« 「秘密の部屋」は、、、 | トップページ | こっちはトホホ・・・。 »

久々二本立て

昨年に比べれば足を運ぶ回数が減ってしまいましたが、、、

「新・文芸座」にて、邦画を二本立てで鑑賞。

オダギリジョー主演作『ゆれる』と、

おやじ世代には、原田知世主演の青春SF映画が懐かしいアニメ『時をかける少女』です。

先ず鑑賞したのは↓コチラ。

ゆれる DVD ゆれる

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リアルタイムでの公開中に観たいと思ってた映画でして、、、

ドカンちゃんとこの近所では新宿の映画館で上映していて、何回か観に行くチャンスはあったんですけどタイミングが合わなくて結局観られませんでした。

近日中にココ文芸座にかかるだろうと思っていましたが、観に行って良かった。

良い映画でした。

法廷を歩き回る弁護人も検事も出てこないし、手に汗握る推理ゲームもないし、派手なシーンは一つもないけど、、、

冒頭から、なんとなく「心臓を、誰かにゆるゆると掴まれているような」感覚を感じていました。

トキタマゆれるカメラワークとか、倒れた徳利からお兄さんの足に滴り落ちる酒の雫とか、

後ろのガラスに写るテレビのナイター中継とか・・・。

主演のオダギリさんは、、、実はどちらかといえば苦手な部類の人で、、、映画の「サトラレ」なんかは良かったけれど、テレビドラマやCMでは見るときはは“片目を瞑って”みるような感じなんですが、、、

改めてスクリーンで観ると、イイ男ですね。。。

演じているあの役もやはり苦手な部類で、これがテレビドラマだったならば、きっと“お兄さん側の視点”でドカンは見ていたに違いないんですけど、、、

イヤ~ぶれなかったですよ、シッカリと鑑賞の中心に「オダギリジョー」って人がいました。

今公開中の彼の主演作「東京タワー~」では、観ればきっと“オカンとの関係”を思い出さずにいられないでしょうが、今作ではやはり“兄弟”ですね。

ドカンにも弟がいて、、、

「ああ、自分はあまりいいアニキじゃなかったなぁ・・・」

なんて思いばかりが浮かんでしまいました。

新・文芸座は入れ替えなしなので、もう一回観てから帰ろうかとも思いましたが、ちょっとお腹がイッパイでした。

メイン料理シッカリ味わったっていう感じ。

そのまま帰ろうかって気もしたのですが、もう一本はアニメでしたからね、、、

デザート感覚で見られるかも、って思いまして、シッカリ鑑賞してから帰りました。

でも、こちらはどっちかっていうと、ドカン的にはトホホ作だったんですよね~。

|

« 「秘密の部屋」は、、、 | トップページ | こっちはトホホ・・・。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/6128565

この記事へのトラックバック一覧です: 久々二本立て:

« 「秘密の部屋」は、、、 | トップページ | こっちはトホホ・・・。 »