« スクーターのシートが…。 | トップページ | 中間発表、最後の仕事 »

もう若手ではないけれど・・・

気持ちは何時までも若い頃と変わらないつもりでも、確実にもう若手ではない自分に気付かされます。。。

最終稽古の夜。

最後の最後に、緊張感の無い若手に“”を落としました。

これまでは稽古後の飲み屋の席でしたが、、、

今日はもう我慢できずに、稽古終了直前に、、、

明日は劇場入りだというのに。。。

いったい何の為に舞台に立つのか?そんなコトもわからないヤツは荷物をまとめて田舎へ帰れ、、、

ただし、この公演が終わってから。。。

こんな事言われたら、普通は腹が立つし悔しくもあるでしょう、、、

でも言ってるこっちだって、いいながら悔しくて泣きそうになったんだ。。。

自分が目をかけているヤツがダメだってコトは、自分の付き合い方がダメだってコトですからね。

1番ダメなのは自分だってコトです。

1番伝えなきゃいけない心が通じていない事が1番悔しい。

本番までまだ弱冠の時間があります。

悔いなく本番を迎えられるように、妥協せずに彼らと付き合いたい。

|

« スクーターのシートが…。 | トップページ | 中間発表、最後の仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/5595782

この記事へのトラックバック一覧です: もう若手ではないけれど・・・:

« スクーターのシートが…。 | トップページ | 中間発表、最後の仕事 »