« ある人へ送る“エール” | トップページ | 「きらきら研修医」最終回は、、、 »

映画「ジョジョの奇妙な冒険」鑑賞

その昔、まだジャンプを読んでいた頃には好きだった「ジョジョの奇妙な冒険」~第4部まではついて行ってたんですけどね、今じゃすっかりお腹イッパイで、、、

今回映画化されたのはこの大河ドラマ級のストーリーの最初を飾る第1部、、、

全ての物語のキッカケともなる物語の始まりの部分。。。

一応押さえておかなくては、ってコトで、映画は安くなるレイトショーしか観ない主義で、ホントは水曜日は「レディースデー」だから映画は観ないコトにしてるドカンちゃんですが、時間があったんで、行って来ました。

ジョジョの奇妙な冒険 (1) Book ジョジョの奇妙な冒険 (1)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まぁ、悪くはなかったですけどね、良くもなかった。

きっと原作マンガを読み返した方が面白かったんじゃないかな。

山場が3つもあって、詰め込みすぎな感じに思えちゃう、、、原作を良くあの尺にまとめたなってのは思うんですけどね。だからどうなの?って、ちょっと思っちゃう。結局筋書きを並べたようにみえちゃって、、、

これって映画なの?って印象。

いっそ「北斗の拳」みたいに“映画~DVD~映画”でもいいから、分けちゃえばよかったのに。

せめて、“波紋”を会得する前と後とかね。そうすれば“ああ、この人との絡みをもっと見たかったナァ”って思った「ツェッペリ」を深く描けたのに、、、って思っちゃう。

波紋を会得した後半は、よくわからない戦いのシーンばっかり~って、ドカンは元ネタを読んでたから理解出来るけど~で、作品としてのテーマとかが吹っ飛んじゃってた。

そこかしこに、今後の進展を匂わせる台詞があったんだけど、、、

あれは「続編も作りますよ」ってコトなのか、、、

それとも“DVDシリーズ”として既に発表されている“ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダース”のコトを行ってるのか。。。

直接繋がるシリーズは第3部ですからね、たぶん後者のコトだと思うんですけど。。。

1番がっかりだったのは、絵のレベルが一部分低く思えたコト。

なかなか力の入ったカットも多かったけど、「え、劇場用長編で、こんな絵なの?」って思っちゃうカットもあって、そこがガッカリポイント。

デュオ”の決め台詞、、、

「無駄ァ無駄ァ無駄ーァ!!」

とか、個人的に好きだった台詞を聞くと懐かしさがよみがえるけど、ただそれだけだった感じだなぁ、、、

CGなんかはやっぱり“実写映画”よりもこういったアニメの方が馴染みやすいようですね。そういった意味では「デビルマ○」程のトホホ感はなかった。

悪くないけど、、、良くもなかった。

少なくとも、原作の方が明らかに勝ってると思いました。。。

|

« ある人へ送る“エール” | トップページ | 「きらきら研修医」最終回は、、、 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/5770143

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ジョジョの奇妙な冒険」鑑賞:

« ある人へ送る“エール” | トップページ | 「きらきら研修医」最終回は、、、 »