« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

もうタイヘン!!

もうタイヘン!!

只今舞台を仕込み中!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の稽古

最後の稽古が終わりました。

ドカンの授業はこれでおしまいです。伝えたいコトはまだまだあるけど、今日の通し稽古を見て、一応の決着をつけるコトが出来ました。

明日の本番はキミ達のモノです。悔いの残らぬよう、この1年間に学んだ全てを注ぎ込んで、素敵な芝居を見に来てくれた皆様に届けて下さい。

キミの未来を愛しています。

ドカンより愛を込めて〜

追伸。
本番前にはまだ仕込みがありますからね、怪我しないように緊張感を持っていきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いよいよ。。。

28日(水)

いよいよ最終稽古日。夕方まで稽古をして、その後、夜には会場に入り、仕込みの作業をします。

遣り残しの無いように、精一杯頑張りましょう。

それから、、、

舞台の仕込みのトキには、くれぐれも怪我の無いように、細心の注意をはらって作業をしましょう。

生徒諸君。明日という日を良い思い出の日にするために、今日という日に血反吐を吐くまでガンバって見るのもいいものだよ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音ネタ編集中です。

音ネタ編集中です。

明日の最終稽古に備えて、本番用の音ネタをパソコンで編集、CDに焼いてます。

眠いです(ρ_-)o

疲れたトキには“甘いモノ”が欲しくなります。

本番が終わって願掛けが解けたら気持ち悪くなるくらいプリンやシュークリームが食べたいです。

それから、、、

朝の二度寝。。。(-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐れていた事態

ついに恐れていた事態が発生、、、

生徒が一人、インフルエンザで倒れてしまいました。。。

ただの風邪だったらまだしも、インフルエンザでは登校禁止発令です。

1日の発表本番の出演も危ぶまれています。

この追い込みの時期にあって、頑張って大変な稽古場を支えてくれていた生徒でした。

本番の舞台に立てなくて1番悔しいのは、きっと本人に違いありません。。。

生徒諸君。我々が舞台に立てるその裏側には、それを支えてくれる多くの人々の“カゲの力”があります。

そこに、今回はもう一つ、倒れてしまい、舞台には立てないけれど、一緒にこの1年間勉強してきた“彼”の分の思いも一緒に背負って舞台に立って下さい。

彼の頑張りを、どうか無駄にしないためにも、あとひと踏ん張りしましょう。

そして、倒れたKよ。君の表現者としての歴史は、まだまだこれからです。今回は本番の舞台に立てなかったとしても、ココまで学んだコトは、これからの勉強にいかせるはずです。どうか、今は身体を休めて、友達や親御さんを安心させてあげて下さい。。。

28日(水)

いよいよ今日が最後の稽古日です。

本番の舞台を楽しめるように、最後まであきらめずに、一層の高みを目指して稽古に励みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして朝ご飯

そして朝ご飯

電車1本遅れで学校に到着。

そして、朝ご飯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目の前を…。

昨日はバイクをおいて帰ったので…理由は明白?…今日は電車通勤ですが…。

今ホームに駆け降りたドカンの目の前を、電車が発車していきました…(/_;)/~~
朝からツイテナイ(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通し稽古。

本番まであと2日。

細かい問題点は幾つもあるけれど、、、
時間はあまりないけれど、、、

今日からは午前と午後に2回、通し稽古をして、芝居全体の流れを体感させましょう。

いよいよラストスパートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れがピークに(-.-)zzZ

ね、眠い。
やらなきゃいけない作業はまだまだあるけど、この眠さはたまらない、、、

ちょっとだけ寝かせて下さい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康の源o(^-^)o

健康の源o(^-^)o

「1日1本の野菜ジュース」
これが健康の源です。

またはトマトジュースですね。

疲れているトキには健康に気を使っているフリをして、、、

ビール+トマトジュース
又は
焼酎+トマトジュース

を飲むようにしてます。

その結果トータルの酒量が増えてたら何にもならないんですがね。

それからもう1つ。この時期、、、に限らず芝居や仕事が重なると、すぐに生活が荒れます。

こんなトキに素敵なお嫁さんがいてくれたら、、、

イヤ。“ないものねだり”はやめましょう。。。

やはりストレスがたまっているのか?些細なミスが増えますね。

最近よく“パソコンのACアダプターを家に忘れて来てしまいます。

パソコンも電気が無ければだだの箱…脚本も効果音も音楽も、稽古で必要なモノ全てがパソコンに入っているのでこれは死活問題です。
芝居を見ながら、気になったトコロをメモしながら、音を出すキッカケを考えながら、、、
バッテリーの残量を気にしなきゃいけないなんて、、、

聖徳太子じゃないんだから。ムリムリ。。。

26日に初通し稽古…っぽいコト出来ました。
っぽいってのは、いない生徒がいたからです。代役ありのムリヤリ通し(-_-#)

ちなみに「今日は来」るって言い切った“最近稽古黙って休む”クンは今日も欠席、、、
熱出してダウンしたそうな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜のしのびあい??

別に忍んで逢っているわけじゃないんですけどね、、、

昨年のアナ学の卒業生から、ウサギの・・・ピンクウサギの衣装を借りました。

そのこは友達の劇団に入団していまして、ドカンもその劇団にはなにかと縁がある、、、加えて住所が近いってコトで、お互いに稽古が終わった夜に近所のファミレスにて待ち合わせて近況や劇団の稽古状況を聞いたりしました。

モチロン、食事代はドカン持ちです、、、

向こうは“元の教え子”だし、(ピンクの)ウサギの衣装を貸してもらうし、当然な話しでしょう。

そちらの劇団は3月の頭の方に小公演を企画していて、現在はその稽古の毎日です。ドカンも今日の夜の稽古場にお邪魔する予定だったので、弱冠の情報収集をさせてもらいました。

何処もそうでしょうが、やはり稽古も追い込みの時期には独特の緊張感が漂うものです。そちらの劇団も多聞にもれず一部修羅場を化しているとか、いないとか・・・。そんな緊張感に包まれると、、、

「あぁ、芝居の稽古場だなぁ。。。」

なんてシミジミ思うことがある今日この頃です。

夜の稽古場が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は必ず・・・

固い決意の表明です。

26日(月)には、必ず通し稽古をします!

、、、って、ホントはもうとっくの昔に通してなきゃいけないんですけどね。。。

毎年スケジュールは押せ押せになりますが、今年はそれに輪をかけて遅い気がします。

その理由は、、、

その1・ドカンが無能である。

その2・生徒が集まらない。

その3・それが運命である。

さあ、どれだ???

まぁ、、、過去を振り返るのはそこそこにして、今は“明日”を見据えて生きていきましょう。。。

今日25日()には初めて外部に稽古場を借りて稽古しました。

何人か都合のつかなかった生徒はいましたが、人数もほぼ集まりました。

ただ、ココ何日か急に稽古に来なくなった生徒がいまして、そいつと仲の良い生徒にその理由を聞いたところ、、、

「※○*△×■」なんだそうで、、、(呆れてココにもかけないようなくだらない事でした)

問題はヤル気があるのか、、、無いのか。。。。

そいつとは、明日職員室(の裏)に呼び出して決着をつけます。(話し合いですよ、モチロン)

高校時代「現国」の教科書にあった小説に

精神的向上心の無い者はバカだ」

ってな一文がありました。これからどんな人生を歩むにしろ、この“精神的向上心”は持ち続けてもらいたいものです。

残る稽古日はあと3日、、、時間にしたら18時間程です。。。

この時間の中で、最低4回は通し稽古をします、イヤ、、、

しなければッ!!!

不退転の覚悟で望む、中間発表稽古の最終週の幕開けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“甘いモノ断ち”の効果?

昨夜久々に会った昔の教え子に言われました。

「松元さん、痩せました?」

甘いモノ断ち”の成果でしょうか?

それとも、、、

心労(-"-;)

ちなみに“白髪”は確実に増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稽古場ジプシー

25日(

今日は日曜日で学校はお休みで教室が借りられません。

暦通りにお休みにしても良かったのですが、昨日の土曜日にも稽古が無かったので、今日は外部の稽古場を借りて稽古をします。

都内の某区民センターの集会室。都内の小さな劇団は、たいていお世話になっているはずです。お金の無いトコロが多いですからね、小劇団って。自分たちの根城に出来る稽古場を持つなんてコトは夢のまた夢です。

今日はコッチ、明日はアッチ、、、ってな具合に日替わり稽古場なんです。業界ではこれを

稽古場ジプシー

って呼んでます。

生徒にとっては外部の稽古場を利用するってことは始めての体験です。

『お金を払って稽古をする場所を借りる。』

このあたり前なコトが、生徒にとっては実感しにくいコトでしょう。

授業を休む生徒によく言います。

「お前が休んだこの1回の授業料がいったい幾らだか計算したことがあるのか?」って。

入学金・半期毎の授業料は、たいてい振り込みによって支払われます。その手続きをするのは親御さんでしょう。生徒自身が自分で学費を払うとか振込み手続きをしない限り、そういう授業をサボる生徒には、その金額には数字であるってコト以上の意味を見出せません。

一部には新聞奨学生とか、以外にも奨学金を受け取って、卒業後に返還していくなど、自力で学費を払う生徒もいますけど、、、

たいていの学生は、その決して安くはない学費の半分も取り返すことなく2年間を過ごしていきます。

外部の有料稽古場を借りる。。。

単なる発表会に、そういうお金のかかるコトってのはしたくは無いのですが、、、

時間的な問題があるってコト、、、そしてコジツケルならば「お金を払って稽古場を借りる」というコトを通して、自分が如何に無自覚に稽古を休んでいたか=授業料をムダに捨ててしまっていたかってコトについて考えてもらいたいからです。

生徒諸君。物事には何かとお金がかかるものです。そして、、、

「お金を貰うために芝居をする」のがプロの俳優ですが、こんな風に「お金を払ってでもやりたい芝居がある」ってコトを、いつか実感して欲しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャボン玉マシーンゲット!

先の記事にも書きましたが、以前舞台中をシャボン玉で埋め尽くしたいって思って色々な方法を探したんですけど、結局1番効率が良かったのは、、、

シャボン玉 7本入り Toy シャボン玉 7本入り

販売元:友田商会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑こんなのを、関係者全員で吹くコトでした。人海戦術ってヤツ。。。

思うに、、、以前の失敗の最大の原因はシャボン液にあったのではないかというのが当時の結論、、、

マ○・レモンではダメでした。。。

噂では、シャボン液に“マツヤニ”を加えると丈夫なシャボン玉が出来るとのコト。フワッと中に浮かんだ後に床に落ちても暫くはそのまま形を保つし、浮いているときにも表面が照明の加減で幾色にも輝いてキレイなんだそうです。

残念ながらその配合の比率は、企業秘密であるとか。。。

今回借りたシャボン玉マシーンでは、其処のところもぬかりはアリマセン。プロの技を使わせて頂きます。プロの技それは、、、

シャボン液を『東急○ンズ』で買うコトです。。。

これが一番確実ナリ。

ところでこのシャボン液の量なんですけど、外国で作ってるらしいモノだからでしょうかね、ccとかmlじゃなくて、オンス(重さ)で表示されてました。

まるで香水みたい、、、

宝石のように美しいモノを生み出す液だから、香水のように「オンス」なんて単位を使うのかな?

オンスなんて馴染みが無かったので、いったいどれだけの量なのか見当がつかなかったけど、、、

1オンス=約28グラム、、、とかだったかな?

ってコトは約28ccってコトなのかな??

物事に興味を持つこと、それが勉学の始まりです。

学生の頃にはそんな感覚全然無かったけど、40歳を前にして、そんな日常の中の学びたい心がムクムクと頭を持ち上げてくる、、、

みなさん、そんなコトありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと大人の芝居

24日(土)夕方に…

今の生活スケジュールの中心である中間発表、今日は稽古も無く作業も夕方にはひとしきり区切りをつけて、他のクラスの発表を拝見しました。

ウチのクラスは傾向として“元気とやる気が勝負”ってトコロがありますが、今日そして昨日拝見したクラスは“台詞劇”…台詞をシッカリしゃべらないと成立しない=ウチのように音楽や元気でごまかさない作品に取り組んでいました。

芝居の勉強を始めて1年足らずの生徒達にはかなり難しい作品でしたが、それに取り組む価値は多大にあると感じます。

今自分がもうすぐ40歳を迎えるにあたり、昔やりたかった若いエネルギッシュな役にはもう付けないと思い残念に感じていた部分もありますが、こういう台詞劇を見ていると、歳を重ねた今だから演じられるかもしれない役もあるのだと感じました。

40歳を迎えるにあたり、今一度演劇に対する思いがこみ上げて来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

か、かっこ悪い(-.-;)

作業に勤しむかわいい我が生徒達にお昼をご馳走しようかと思って、みんなを連れてマックに行ったのですが、、、

家に財布を忘れて来ました。。。

注文する前に気がついて良かった(-o-;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

斬新な構想?

友達と待ち合わせて、これからシャボン玉マシーンを借りに都内某所の友達の劇団の倉庫へ行きます。

それから当日の大道具の仕込みに必要なアレコレを買出しに。。。

会場は例年使い慣れた教室なのですが、今回はちょっと実験的な使い方を考えています。ダンス演劇で使う教室なので、其処には壁一面に大きな鏡があります。その鏡を舞台装置として使えないか?ってんで、色々考えています。

上手くすれば、斬新な舞台に、、、

失敗すれば、最悪の結果に、、、

なる位ならカーテンで鏡を隠せばいいだけのコトですけどね。。。

コレばっかりは実際に劇場に入って自分の目で、その効果の程を確認しなければ判断のつかないところでして、今からとても楽しみであり、不安でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

儚き夢の象徴~シャボン玉とんだ・・・

24日(土)

今日は朝から道具作り。先日の雨で出来なかったペンキ塗りを終わらせる予定。

その後にドカンちゃんは、友達の劇団に「シャボン玉マシーン」を借りに行きます。

「シャボン玉マシーン」それは文字通り、大量のシャボン玉を舞台上に作り出す特効用の機材です。

今回の芝居は『夢』ってのを材料にしているために、、、

舞台上に夢の世界を表現するために、このマシーンの力を借りようってワケです。

その昔に創った芝居でもシャボン玉を効果に使ったコトがありました。

そのトキには・・・今回も弱冠近いモノはありますが『生まれてこられなかった想い』ってものを芝居の材料に据えたコトがあって、その儚さを、空を漂いながらも一瞬にして消えてしまうシャボン玉に託しました。

そのトキに考えたんですよ、大量のシャボン玉を上手く出す方法を。

洗剤を溶いた水にバトミントンのラケットを浸して扇風機で風を送れば上手く出来ないかって試したんですけどね、、、キレイなシャボン玉は出ませんでした。

そして見つけた最上の方法は、、、

駄菓子屋やオモチャ屋で売ってる「シャボン玉セット」=子供が口で吹くヤツの、出し口がイッパイついてるヤツを、人間が口で吹くっていう方法でした。

ちなみにそんな話しを今日職員室でしたら、とある先輩も上記の人海戦術が1番だったって言ってました。

しかし、今回借りるシャボン玉マシーンは優れものですよ。先の友達の公演で、その効果は実証済みですから。

照明に照らされながら、七色に色を変えながら、舞台上を漂うイッパイのシャボン玉、、、

今回もまた、“生まれ出ることの叶わなかった思い”や、“叶えられずに消えていった多くの夢”の象徴として、シャボン玉を空に舞わせたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23日、午後の稽古。

午後の稽古では全編を通したいという希望を抱いていましたが、、、

前半部分を荒く通すのがやっとでした、残念。

明日は稽古は休んで、本番前の最後の休息&買い物&作業日です。

足りない衣装や小道具を捜したり、大道具の残り作業をやっつける予定です。

ドカンちゃんも知り合いの劇団に「シャボン玉マシーン」を借りにいきます。

演出力の不足分を機材に頼るドカンちゃんはまだまだ未熟者です。

中間発表シリーズは各クラス熱演が続いております。

生徒諸君。

自分のクラスの稽古はモチロンですが、他のクラスの発表を観る事も良い刺激になります。その中で、、、『やっぱり自分たちが1番!!』って胸を張れる発表をしたいものです。

ところで、、、

明日夜には、昔の教え子が学校を訪ねてくる予定。なので「禁酒」はちょっとお休み。。。

でも「禁甘」は続いてますよ、、、“稽古”も“お菓子”も。。。

ところで、コーヒーに砂糖とミルクを入れるのや、缶コーヒーとかってのは「禁甘」を破る事にはなりませんよね、、、その位は大目に見てもいいですよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今休憩中(´∀`)

只今休憩中(´∀`)

23日午前の稽古場。

何もかもを雨のせいにするのは筋違いですが、、、
パソコンのACアダプターを家に忘れてしまいました。。。

パソコンの電源が、、。

稽古はとりあえず順調。

今日のノルマと設定した前半のクライマックスシーンを作成。
全てが予定通りとはいかないまでも、音楽と生徒の頑張りで『前半部分終了』を詠える構成に出来るかもしれない。

午後には参加人数が少し減る予定ですが、ムリヤリにでも全編通してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残るラストシーンを。

22日の稽古ではあまり人数が集まらなかったので、全体的な稽古は出来ませんでしたが、、、

かわりに、いまひとつはっきりしなかったラストシーンの稽古をみっちりとやったので、そのシーンのイメージがはっきりしてきました。

これは最大の収穫。

芝居の幕切れをどうするかってのはホントに難しい。

見て頂いた方に気持ちよく拍手をしていただく為には、、、拍手を強要するツモリはありませんよ、モチロン、、、「終わりよければ・・・」じゃないけど、この終わり方が大事です。

その為の、、、って、重ねて拍手して下サーイって媚びるモンじゃないですよ、、、

見るほうも演じる方も互いに納得いくような終わり方を見つけたいってコトです。

彼らを、気持ちよく、胸張って、2年生へと送り出す為に。

23日の稽古。

今日こそは、中間部の、未完の部分を組み立てて、チャンとした通し稽古をしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宵はいささか乱れて候、、、

心の中に、吐き出したい言葉が山ほどあります。それらはキチンとしたカタチにはならず、イメージや雰囲気みたいな曖昧な状態で心の中を漂っています。

そんな言葉をカタチにしたくて、自分は演劇という生き方をしているのだと思っています。

だから、もし絵が描けていたなら画家や漫画家、イラストレーターなど、絵に関わる生き方を、、、

音楽の才能があったなら、音楽家を目指していたのでしょう。

ちなみに突かれると痛いところは、、、

自分に演劇の才能があるからこの道を歩いている

ってコトではないってトコロ~ある意味“致命的”です。。。

そんな言葉を捜す場の一つとして、このブログを綴るという作業が自分の中に存在しています。

子供の頃には日記なんて、ホントに三日坊主でした。

それが、、、「ウソでも毎日更新」を目標に掲げ、4ヶ月あまりが過ぎました。

日に何名かの方に読んで頂ける限りは、極力ウソをつかず、正直な自分の思いを綴りたいと思っています。

しかし、、、

それでも、ココに書けないコトもある。

私的な日誌として綴ってはいても、ウソでも“一般公開”しているモノとしては、目に留めてくれた方々の不快に思うようなモノは、極力避けねば、、、

何より自分の気持ちの問題で、、、

あっ、これ以上書くととんでもない“愚痴”や“酔って人にからんだトキ”の会話みたいになってしまう。。。

自分はただ納得のいく仕事をしたいだけなんです。。。

それが“自分よがりな視点に基づいた納得”かもしれないコトは理解しているツモリですが、、、一言だけ。。。

「もっと人の心とか気持ちとか、、、そういう暖かいモノを大切にしろ!!お金とか名声とか、そんなものの為に生きているんじゃないんだッ!!!バカにするなーッ!!!!」

って、、、

ここでは大きなフォントで言ってやるー!!

ホントに名声もないから、この言葉にウソはない

本音かタテマエかは知らないが、公平を詠うのは日本人の国民性かも知れないが、伸びる可能性を摘み取るような、、、チャンスを握りつぶすような公平さは、、、『』でしょう。

そんなバカな考え方しか出来ないからいつまでたっても○×■Фーなんだッ。

今宵は少々乱れてしまいました。。。

でも、ちゃんと“素面”ですから。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心も身体も風通し良く・・・

2月22日・・・。

極力心穏やかに過ごしたかった一日が終わりました。

教室は借りられました。

当日の朝に抽選だったので確実に借りられるかわかりませんでしたが、、、

ウチの生徒は運が良いみたい。広めの教室をゲット出来ました。

しかし、やはり急なコトだったせいで集まったのはちょいと小人数、、、

いわゆる“いつものメンバー”って顔ぶれです。。。

この、いつものメンバーがこの発表会の中心となっています。

つまりはドカンちゃんが稽古場運営においてアテにしているトコロのメンバーってコトです。

稽古場に顔を出す時間が多ければ自然と会話も増え、授業では出来なかった密度の濃い話しも稽古も出来るようになるってモンです。

稽古場にこられなかった生徒には事情が在るもんですが、そういう個人の事情をさておき、稽古場に存在出来る環境を自分で創るってコトも、演技の勉強と並んで大事なコトです。事務所から仕事の話を貰っても、「スミマセン、、、今日は行けません」では次回はアリマセンから。

そういう世界ですから。。。

常に風通しの良い状態を心がけるコト、、、

演技的には、相手役の台詞が心の中をキチンと抜けていくコト~風を通さない壁のような状態だと、相手の台詞が自分の中に響きませんから。

スケジュール的には、何時でも何処へでも、望まれる現場に向かえる状態を作り出しておくこと。

もっともそれは、、、

そのチャンスをキチンと活かせるだけの実力があっての話しですからね。。。

生徒諸君。バイトや遊びに忙しいのはわかりますが、キミが何を目的としてこの場にいるのかを、常に心に掲げなさい。残念なコトに、人はそういう“心に抱いた大切なコト”をいとも簡単に忘れてしまう愚かな生き物なのだから。。。

、、、なるべく。。。

、、、こちら、『稽古は甘くしない』ってコトで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨に降られた(-.-;)

稽古が終わっての帰り道。
スクーターの運転中にはこのまま降り続くのかと思わせる雨だったのに、、、

家に着いたらやんでました。。。

チクショー、、、でした┐(´ー`)┌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調不良で休みます。

先述の~先週末の記事にて、、、

「風邪なんかひいて週明けの稽古を休んだらブッ飛ばすからね。」

と書いた週明け21日(火)の朝。。。

前夜にボトル○本空けた割には爽やかな目覚めを迎えた朝。。。

目覚まし代わりの携帯のアラームが、、、と思ったらその音はメールの着信音。

受信したメールは、、、

「本日体調不良の為、稽古を欠席させて下さい。」

が、2件。。。

「お、お前らーッ、ブッ飛ばーすッ!!」

って、、、

言えませんでした。。。

だって、、、

自分だって禁酒の誓いを破っちゃってたから。。。

申し訳アリマセン。。。

大切なのは、同じ過ちを繰り返さないこと

そして、本番で失敗しないコトですから。

今回はまだ発表会。。。

つまりは・・・来年の卒業公演卒業制作などで、今と同じ過ちを繰り返さないコト、そして、現場に出るようなになったときに失敗しないコトが大切なんですから。。。

ってワケだ、、、決して許したワケじゃないからな!自分も含めて、、、)

人に厳しいブン、自分に、、、

甘々なドカンちゃんです。。。

21日の稽古では、先日のウソ通し稽古で露見した弱い部分を補強、並びに音楽などを絡めた動きのシーンを作りました。

なんてったってドカンちゃんは「おやダン」のメンバーですからね、ダンスの真似事ぐらいは、、、って思うんですが、これがナカナカ難しいんです。

理想は高く、、、壁はもっと高く、、、です。

22日(木)は元々稽古は休み、、、教室が借りられないって話しだったので“外部”の有料の稽古場を探しましたが、借りられませんでしたので。

しかし、しかし、、、

学院は教室を貸さないといってたハズなのに、どうやらそうではないらしい。。。

生徒が色々調べた結果、、、『もしかしたら借りられるかもしれない』とのコト。

その生徒によれば、そのことは学院の職員が明言したとのコト。。。

ならば、少しでも稽古をさせてもらいたい。。。

ってコトで、ダメで元々、、、22日も朝一から学校へGO!です。

さて、結果は如何になりますか?それは次回の講釈で。。。

あっ、白髪が出てる・・・(ρ_-)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

足が痛い、、、

昨日の朝、通勤(通学)時に、ちょいと足を挫きまして、、、

それが微妙にイタイ。。。

しかしもっとイタイのは、、、

稽古が出来ないことです。

今日22日には、果たして教室が借りられるのか?

眠れなかった夜が明けていきます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イ・ウンジュ・・・今はもういないあなたへ

Main 今はもういないあなたへ、、、

ただ安らかなるコトを祈ります。。。

イ・ウンジュ」へ、、、永遠の片想い。。。

2月22日。(映画「バンジージャンプする」を観ながら・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにも怒りの収まらない夜

ウソでも一般公開しているこのブログには書けないコトで、

怒りがこみ上げています。

ただ一言だけ、、、

「そのやり方は卑怯じゃないか?」

今夜は眠れぬ夜を迎えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハケンの品格」今日は第何話?

もの凄く良い台詞、、、携帯の留守録用のメッセージ。

「大前春子です。出ません。」

この強さが欲しいドカンちゃんです。

ハケンではありませんが、ドカンちゃんも所詮は一匹オオカミ(?)の根無し草、、、

社会的にはなんの保障もないフリーランスの演劇人ですから。。。

このドラマ「ハケンの品格」では、ついつい派遣社員を応援したくなります。

ドカンちゃんのやってる商売は、所詮独りきりでは何にも出来ません、だからこそ、、、

孤独に耐える強さが欲しいのです。。。

「大前春子です。出ません。」の強さが。。。

どんな強敵が相手でも、己の信念を曲げずに闘えるだけの勇気が欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ボトルキープ

ボトルキープ

20日より東京アナウンス学院中間発表シーズンが開幕しました。

今日より3月1日まで、日替わりで1年生の各クラスの発表が本番を迎えるコトになります。

ウチのクラスの本番は最終日の3月1日なんですが、まぁシリーズの幕が開いたってコトで、先ずは乾杯です。

プチ行きつけの店で入れたボトル、、、

2本目です。。。

明日も朝から稽古です。
っていうか、時計はてっぺんを越えて今日も朝から稽古です。

酔っ払うのもほどほどに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初通し稽古…なるか?

20日(火)

いよいよ今日、『東京アナウンス学院2007年度中間発表シリーズ』の幕が上がる。

演技コース声優コースの全てのクラスが、日替わりで2つの会場に分かれて順繰りに発表していく。

我が1SLクラスは最終日である3月1日が本番。今しばらくの稽古時間を持てる、、、

って、それを狙って、ドカンはいつも最後日にしてもらってるんですけどネ。

自分たちのクラスの行く末も気になるが、他のクラスにも知った生徒は多い。

選択科目を履修していたアイツやらコイツやら、ちゃんと頑張っているだろうか?気になるトコロです。

気になるのは生徒だけでなく、自分以外の先生方の生徒との付き合い方なども発表からは垣間見えて興味深いトコロ。

この機会に先輩方の色々を勉強させていただきましょう。

さて、そんな中、我がクラスの今日の稽古は、、、

今日は、照明担当のスタッフさんが見に来てくれての“初通し稽古”でしたが、、、

スミマセン、K川さん、まだ芝居が出来上がってないんです(ToT)

ってわけで、未完成な部分を言葉で説明しながらの“ウソ通し稽古”になる予定です。

書き起こしてもらった劇中歌の本オケが、明日21日に納品予定。

それが来れば、生徒達の気持ちもより一層盛り上がりましょう。

って、そのためには、先ず今日のウソ通しを上手いコト進行させないと・・・。

残り時間は短く、、、道程はなお長し、、、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つい本気になってしまいます。

これは“発表会”なんだってのはわかってるんですけどね、つい生徒相手に本気になっちゃうんです。

19日(月)の稽古。

先週末にて当たりをつけたラストシーンまでの流れを、今度はちゃんと本役の人間で確認していきます。

クライマックス~ラストシーンまで、一気に盛り上げていきたいトコロ。

間には幾つか遊びのシーンもあったけれど、上演時間の関係と上記の演出的な狙いから、それらを思い切ってかなりの分量をカットしました。

これで、全体的に台詞が減った分、ストーリーを説明している箇所が減ってしまったけれど、『主人公の女の子が人生のなかでズーッと抱え続けてきた心の傷』ってもんがハッキリしてきたハズです。

アトはそれを磨きあげていくコトが出来れば、今回の芝居のテーマとして見に来てくれたお客さんの心に届くはずだと信じています。

稽古後、職員室で他の先生方と、それぞれのクラスの印象なんかを話してますが、そんな中よくこんな話しが出ます。

「稽古に熱中してくると、相手が“生徒”だってコトを忘れてしまうんですよね。」

そうなんです。つい声が授業のトキよりも大きくなって、、、

まるで、自分たちが芝居を創ってるときのように、激しい声で生徒に指示を出したりダメ出ししたり、、、

稽古が終わると生徒よりもコッチの方が疲れてたり、声が枯れていたりします。。。

頭ではわかってるんですよ、

「彼らはまだ初心者で、初舞台のコだって大勢いるんだ」

ってコトは、、、

でも、やはりそんな理性的なモノの考え方よりも、経験によって培われた“演劇人としての熱い血”が、自分を激しくさせてしまうのです。

これは芝居や演技にも言えることですが、、、

モノを動かす為には熱量エネルギーが必要です。

物理的なコトはモチロンですが、“言葉”や“気持ち”など目には見えにくいモノも、やはりそうなのです。

相手に対して訴えていくモノ、熱くかけていく気持ちや熱意が無いと、人の心は動かせません。

モチロン、お客さんに対しても、です。

演者の熱量が、場の(劇場の)空気を動かし、それが感動と共にお客さんの心を動かして行くのです。

生徒諸君。将来プロとして演技の仕事をしていくためには、「演技が上手いコト」も必要だけれど、今君達にとって最も必要なのは、そういった上手く見せる為の技術ではなくて、「本当に人の心に訴えかける熱い心を養うコト」です。

今は、、、

下手で当たり前なんです、、、

ブキッチョで当たり前なんです、、、

其処から一歩でも前に進んでいく意欲と、努力する習慣を身につければ、君は確実に、今よりもっと前に進んでいけるのだから。

未来の自分の為に、今というトキを必死に生きてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ガンダム」なヒゲソリ

連邦の白いヤツ』はダテじゃない?

「ガンダム」なヒゲソリ

ガンダム印(ホントは貝印)の4枚刃カミソリ。

なんと“3枚刃+エキストラブレード”ですって。

刃が4枚ってまるで、、、

メガマック”みたい。。。

「ガンダム」なヒゲソリでもって、応募すれば、なんだかオマケがもらえるみたい。
オリジナルホルダースタンドですって。

欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通し稽古に向けて

本番までの残り時間がいよいよ僅かとなってきた19日(月)~新たな気持ちで残りの稽古を進めていきましょう。

明日20日には照明サンが稽古場に来てくれる予定。

完璧な通し稽古を観てもらうことは、、、

おそらく不可能です。。。ゴメンナサイK川さん。

それまでに少しでも芝居全体の印象がわかってもらえるように、今日の稽古では各シーンの繋ぎを中心に、全体の構成を見直していきましょう。

しかし、一応最後のシーンまでの道順のめぼしは付いたとはいえ、完成には未だ道遠く・・・。

教室を借りられない日が何日かあるのですが、その日にも、外部の稽古場を借りてでも稽古しないと間に合いそうにありません。

学校の発表会なんであまりお金のかかることはしたくはないのだけれど、元締めの学校が教室を貸してくれないのだから仕方ありません。

稽古をしたければ、自分たちで何とかしなくちゃ。。。

鉄は熱いうちに打て』と、昔からいいますが、マサにその通りだと思います。

稽古したい」と思う心があるってコトは、もっと上手くなりたいって思ってるってことでしょう?

ドカンちゃんも当時~某小劇団に行儀見習いに行っていた時には、先輩の職場に押しかけて、休憩中や昼休みに時間を貰って稽古に付き合ってもらったもんです・・・。

『好きこそモノのナンとやら・・・』ヤル気を出すってコトが成長への第一歩ですから。

その気持ちを第一に考えて下さいよ、、、、ね、ア○学の偉い先生方さん。。。

そろそろ本番当日に配るパンフレットのコトも考えないと。

これももちろん手作り、、、輪転機で自分たちで印刷します。

生徒諸君。何事もいろいろ工夫して、自分たちの手で作らないとね、良い思い出にならないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電王、今週も発射オーライッ

どう見ても太いチャックにしか見えない“線路”を通って、顔の部分に到着した列車のカタチの部分がパカッと開いて、今週も電王が登場します。

ホント、モモタロウなんですね。

仮面ライダー電王 1 (1) Book 仮面ライダー電王 1 (1)

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

口や胸のところの“チャック”みたいなデザイン(線路)も、なんとなく「Xライダー」の口=パーフェクターみたいで、だんだん馴染んできました。

仮面ライダー 第9号 Vol.5 Book 仮面ライダー 第9号 Vol.5

著者:東映,石森プロ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今週はチョコっと見直しましたよ、ダメダメな主人公も、今回は悪を憎む心とちょっとした根性を見せてくれましたし。

いっそのこと、あのまま素体~赤鬼が降りてくる前の線路だけの状態~のまま敵をやっつけちゃえばもっと見直したのに、、、

主役ライダーの登場しない回なんて、商業主義だけじゃないってコトでしょ?

次回は「うらしま太郎」のライダーフォームが登場するみたい。

果たして今度はの代わりに何が線路を走って来るのか?

・・・カメ?

・・・玉手箱?

・・・それとも“舟”かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決意を持って取り組みます。

朝から降り続いていた雨も夕方にはあがったような・・・。

東京マラソン出場の方は大変だったでしょうね、寒くて。

スタートが都庁前でしたからね、我がアナ学の近所。なもんで晴れてたらスタートの様子でも見物に行こうかとも思いましたが、目が覚めたのは雨音でしたから、、、

そのまま2度寝しました。。。

今日は久々稽古なし、仕事なし、でしたから。

夕方には起き出して明日からの稽古に向けての作戦を考えましたが、、、

ココのところ脚が遠のいている映画館へ行こうか、、、なんて考えが頭に浮かんできました。

と、ココでドカンちゃん考えました。。。

何かをなす為には、他の何かを犠牲にすることを厭わない、そんな決意を自分に課そう。

「○○断ち」ってヤツです。

気分転換も大切ですけどね、ココまできたらそれも二の次です。カワイイ生徒達に厳しく接するためには、コチラも自身に厳しくなければ・・・。

ってコトで、取りあえず“映画断ち”を自分に課してみましょう。

ついでに“甘いもの”も。

ストレスが増えるとつい“甘いもの”に手が伸びてしまいますが、コレも我慢しましょう。

アトはお酒。

普通の舞台などの稽古のアトには“飲み”が付き物だったりしますが、今回は生徒が相手ですからね、未成年と飲みにいくわけにはいきません。

全ては本番が終わったアトの楽しみにとっておきましょう。

さて、この時期、増えるのはストレスばかりではアリマセン。最近は“白髪”が出てくるんです。

気持ちは若いままなんですけどね。。。

残る時間はあと僅か。生徒諸君、気を引き締めていきましょう(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「真っ白な気持ち」で、、、

ドカンが過去に創った芝居には、よく“ウサギ”が登場します。

既成の脚本を手直しして発表会用に上演させてもらったトキにも、元々は出てこないウサギを出したりしました。

ドカンの演劇創作における一貫したテーマのようなモノです。

『ウサギ=白いモノ=純なるモノ

っていうイメージがドカンの内にあるのです。

もう一つ、ウサギに抱くイメージは、、、

弱きモノ』である、というコト。。。

弱きモノ』が勇気を振り絞って巨大なモノに立ち向かっていく~そんな姿に感動を覚えます。

先に映画にもなりましたが『指輪物語』を文庫本で読んだときにハジメに感じたのもそれでした。

新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 Book 新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1

著者:J.R.R. トールキン
販売元:評論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドラクエみたいなファミコンのRPGから入ったファンタジーの世界でしたが、ドラクエでもウィザードリーでも主役やヒーローは「戦士」や「魔法使い」。

登場する種族も「人間」や「エルフ」は花形ですが、「ホビット」となると、、、

非力な種族で、職業は「盗賊」、決して主役をハルような存在ではありませんでした。

その非力でおとなしいイメージの「ホビット」が、最も勇気を必要とする、最も過酷な役割を果たすこの「指輪物語」という小説の、其処にドカンは魅かれました。

現在の自分”から“未来の自分”へむけて新たな一歩を踏み出すときに1番大切なのは『勇気』だと思います。

~勇気一つを武器にして明日を切り拓いていく~

そんなテーマを、この『真っ白き弱きモノ=ウサギ』託しているのです。

今回の発表会にもウサギが登場します。今回は元々の脚本がそうなっているからです。

しかしその役に込めた思いは、作品に関係なく、上述したように常に同じものなのです。

今回そのウサギを演じる○○クン、君に託した役というのは~そんなコトは夢にも思わないだろうケド~そんな重要な役なのだよ。

いつかドカンにこの役の意味についてを聞きに来たら語って聞かせようと待っていたけど、、、

やっぱり聞きに来ませんね。。。

先生はちょっとダケ寂しいです。。。。。

そんな君のためのウサギの衣装を探していたら、昔の教え子が『ウサギのキグルミパジャマ』を貸してくれるコトになりました、、、

ピンクですけど。。。

どうか、そんなドカンの思いがある事には気付かずとも、君の役を恥かしがらずに立派に演じて下さい、、、

ピンクウサギキグルミに身を包んで

今日18日(日)は学校の教室が借りられませんので稽古はお休み。

生徒諸君。休めるときに、身体を休めるコトも大事な仕事の一つですから、、、調子にノッテ夜中まで遊びまわって、カラオケで声を潰したり、風邪をひいたりなんかして週明けの稽古を休んだらブッ飛ばすからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつか“火の鳥”のように・・・

火の鳥 BOX-1 DVD 火の鳥 BOX-1

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今年も、もうスグ2月22日がやってきます。

ドカンちゃんお気に入り女優ランキング殿堂入りの『イ・ウンジュ』がこの世を去った日です。

その日を前に、彼女の遺作であるテレビドラマがDVD・BOXとして発売されました。

サントラCDは手に入れたのですが、肝心のドラマは未だ未視聴。ドカンはこのドラマの発売を心待ちにしていました。

なんていったって、もう二度と彼女の新作は観ることが出来ないのですから・・・。

DVD・BOXは1と2に分かれて全26話ですって。

火の鳥 DVD-BOX 2 DVD 火の鳥 DVD-BOX 2

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本で言うトコロの(世界で言う?)2クールってヤツですかね。おかげで金額もそれなりになりましょう。しかしここは“500円玉貯金”を切り崩しても買わねば。

なんてったって彼女の新作はもう二度と観られないんですから。

思えば彼女との出会いは突然でした。

彼女の出演した映画『バンジージャンプする』での登場シーンのように・・・雨の日、「イ・ビョンホン」演じる青年“ソ・インウ”のさす傘に突然飛び込み、彼の心を虜にしたあのシーンのように、、、

映画『永遠の片想い』、、、彼女が“突然”スクリーンに飛び込んできたトキに、ドカンの目とココロは彼女の虜になってしまったのでした。

幸せなのは彼女に逢えたこと

不幸せなのは、その時にはもう彼女がこの世にいなかったこと

“幸せ”と“不幸せ”を同時に噛み締めたあの日。

彼女が去った『2月22日』が、今年ももうスグやってきます。

過去は決して変わらないけれど、その日が哀しい日であると同時に、他の誰かにとっては幸せの日であるかもしれません。

ドカンにとっては昔~子供の頃に一緒に遊んだ友達の誕生日でもあります。子供の頃には誕生会なんかをやって、楽しい1日でした。

今年の2月22日には、発売を待ちわびた『火の鳥』DVDを、“火の鳥”のようにいつまでも胸の中で消えない彼女を愛でつつ鑑賞したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼「イ・ウンジュ」

原題「恋愛小説」

永遠の片想い 永遠の片想い

販売元:タキコーポレーション
発売日:2004/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

邦題「永遠の片想い」

英語のタイトルは「Lover's Concerto」

http://www.youtube.com/watch?v=qn4NFR5ZATg&mode=related&search=

↑ココで観られました、、、英語字幕ですケド。。。

彼女の登場は「Part 1」の約6分頃。

追悼「イ・ウンジュ」

その日、2月22日まで、、、

あと4日。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生憎の雨です。

天気予報は見ていたので、降り出す前に帰ろうって思ってたのに・・・

一足遅かった、、、降り始めました、、、『・・・雨・・・

ココのところ地味に忙しくて、お気に入りの映画を観ていなかったので、明日は稽古は休みだし、久々に夜には出かけようかって思ったのに。バイクで出かけられないなら、今夜は家でおとなしくしていましょう。

今日は雨ですが、けっきょく今年の冬は“”の降らないまま終わってしまいそうですね。

雪はバイク乗りにとっては天敵とも言えますが、、、

やっぱりちょこっと寂しいです。

今日17日は教室が空いていなかったので、稽古はなし。変わりに生徒達は大道具製作をしました。

唯一の大物「ベッドや棺桶に見立てるための大箱」の形が完成しました。

アトは、紙を張って、色を塗って、、、って思ってましたが、時間の関係で、布を張る事にします。

“白に近いクリーム色”がいいかな。明日布の安い店を廻ってみたいけど、天気予報ではあまりイイ天気じゃないみたい。。。

まぁ、明日の予定は明日立てるコトにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台詞の意味と方向性について

今作っている芝居は、あくまでも“生徒のための発表会”です。

つまり、、、

いわゆる“公演ではない”というコトです。

したがって予算もなければ、舞台を仕込んでいる時間がありません。

大道具や小道具、衣装などは、基本的に自分たちで用意できるモノを用意する、、、

TVや映画、商業演劇などのように『高津小道具』さんに借りに行くってコトはできません。

舞台を仕込む十分な時間がないので、暗転幕を吊ったり、大掛かりな舞台装置や仕掛けなどを仕込む、、、何てことも無理な事です。。。

基本的に、その作業の全てが自分たちで出来る手作り感覚の舞台作りとなります。

もちろん、実際の作業は不慣れな学生だけでは危険なコトもあるので、我々経験を持った講師や学校職員や助手、そして専門のプロのスタッフに指導を仰いで進めていくコトになります。

そういった全てが省略された“発表会”のなかで、ドカンがどんなに貧しい状況のトキにでも省略しないように心がけている事が幾つかあります。

それは芝居にとって1番大切だと思っているコトに他なりません。

相手の台詞をシッカリと聞くこと、、、

相手に台詞をシッカリとかけること、、、

つまり、台詞の意味をシッカリと考え、その言葉に込められた気持ちをシッカリと相手役に伝えるというコトです。

目の前にいる相手役を見ることもなしに、、、意識することなく、、、客席の方だけを向いて台詞を言える俳優が多くいますが、、、

それはウソです。

客席の方に顔を向けて台詞をいうコトはナイとは言いませんが、、、その時には、顔は向けていなくても、意識はシッカリと相手役に向けていなければ、その言葉は相手に届きません。

この簡単なコト、基本的なコトを、我々はいつも、簡単に忘れてしまうのです。

ナゼか?

それは、、、

「コレはお芝居なんだ」って思って演じているからです。

やっているコトは“お芝居”(フィクション)でも、そこに演者の真実(リアリティー)をはめ込んでいかなければ、、、

それが観ている人に伝わるわけがありません。。。

そんな当たり前のコトを、我々は簡単に忘れてしまうのです。

だから、ドカンは繰り返し繰り返し、生徒に問いかけます、、、

「今の台詞は誰に向かって言ってるの?」

「今の台詞はどういう気持ちで言ってるの?」

我々は上手にウソをつける程天才的な俳優ではないのですから、創られた舞台の上ではなるべくウソをつかないようにいなくてはいけません。。。

今の我々の演技が「日本アカデミー賞」にノミネートされる、、、というコトはまずありえないことではありますが。。。

生徒諸君。どうかそのコトを肝に銘じて演技のワザを磨いていって下さい。

演じる為の心を磨いていって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日はいよいよ・・・

16日の稽古で、、、どうやら芝居のラストシーンまでのおおよその道筋が見えてきました。

この調子で緊張感を高めて、来週にはより密度の濃い稽古を重ねて行きたいと思っていますが。。。

今週の頭が“連休が明けてみたら病人続出”という最悪な状態だった分、来週明けの生徒のコンディションが何より気になるトコロです。

明日17日には、中間発表の会場となる教室の仕込み作業が始まります。

ドカンのクラスの発表は3月1日ですが、他のクラスの発表は来週明けの20日から始まります。全部で20クラスほどが、日替わりで発表会の本番を迎えるのです。

会場は2箇所。17日と19日の二日間で、いつもは教室として使っている会場に、、、

客席を組み、、、

黒幕を吊り、、、

音響機材や照明機材をセッティングして、、、

“期間限定の劇場”とするわけです。

もちろん、生徒主体で作業していきます。

自分たちが踏む事になる舞台が、どんな段取りでもって出来上がっていくのかを知る事も大事な勉強です。

いよいよ本番へ向けて、緊張感が高まっていきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボクの赤ちゃんを・・・

「どうか、ボクの赤ちゃんを産んで下さい」

誰かにそうお願いしたくなってます。

赤ちゃんが欲しいんです、、、凄く、、、もの凄く。。。

小道具”の赤ちゃん。

芝居の中で“生まれたての赤ちゃん”を出したいんですけどね、、、

人形でいいんですけど、、、ナカナカ良い物が見つからなくって。

某オモチャの量販店(外資系)を巡って、“産着を着た赤ちゃん”は何種類か見つけたんですが、“ハダカの赤ちゃん”ってのはアリマセンね。

そういうコってのは産着を脱がすと身体がナイんです。

つまり、産着から見えている手足の部分だけがシッカリした素材で、それ以外は柔らかい布製ってのが多いんですね。

キューピーちゃんでもいいんだけど。

070216_01370001とりあえずもう1パターン。普通の赤ちゃんも登場するので、値段が手ごろで、顔付きがあまり外国人ぽくない赤ちゃん人形を買いました。

ってコトで、ドカンの「箱入り娘」です。

大きさも本物の赤ちゃん位で、なんだかホントにカワイイですよ。

名前は「カスミ」今日16日の稽古で女優デビューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほ、欲しいッ!!!

小道具を探しに行った某オモチャの量販店にありました。

070216_00440001仮面ライダーV3の変身ベルト

ほ、欲しい!喉から“”を通り越して、、、

大腸”が出そうなほど欲しい!!

そう思ったんですけど、、、

買ってもドカンのウエストでは絶対にまわらないだろうと諦めて買いませんでしたが、、、

帰宅後に後悔の念が時化た海の大波のように押し寄せています(>_<)

この世の中、イツ、ナニが、自分の身に降りかかるかわかったモンじゃありません。

“明日”が必ず訪れるとは限らない、、、だから、なるべく後悔をせずにすむ生き方をしたい!!!

そう思って生きてきたのに。。。

人生で取り返しのつかない失敗をしてしまったようで、、、

今夜はを濡らしてしまいそうです(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「きらきら研修医」第6話

TBSドラマ『きらきら研修医』第6話放送。

きらきら研修医ーうさこvs奇行ドクター Book きらきら研修医ーうさこvs奇行ドクター

著者:織田 うさこ
販売元:アメーバブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日撮影にオジャマして来たドラマがこれでした。

病院の屋上で楽しくパラパラを踊る患者役~なぜか首に“コルセット”を巻いたむち打ち症の患者なのに、笑顔で踊ってます

入院中の部屋着ってコトで黒のスエットに身を包み、黒のニット帽を被ったドカンちゃん、、、

全身“”で、首に巻いたコルセットだけ“白く”見えるその姿は、、、

遠目に見たらまるで、、、

“月の輪グマ”のようでした。。。

出演は、2シーン撮影して、、、2シーンとも使われていました。

一言だけ貰った台詞も、、、

ちゃんと使われてました(^o^)丿

良かった。。。

一緒に行ったウチのメンバー「中嶌ジュテーム」と並んでテロップにも

松元ドカン

って流れたし。。。

あとは皆さん、DVDが出たら、この第6話だけでも~ウソ、出来たらDVD・BOXで~買って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ジンジャーチキンフィレオ」のスペシャルセットでございま~す

070215_15560001 午前中の稽古を終えて、只今職員室にて打ち合わせ中。照明と音響をお願いしているスタッフの方とマックをつつきながら…。

今日のメニューは『ジンジャー チキンフィレオのスペシャルセット』

ジンチャーの風味が効いてて“まいう~”

今回の中間発表では初の試み~音響の方がミュージシャンなんで、劇中歌を1曲書いてもらいました。

出来てきたのがオーダー通り“ちょっとヘビメタ風”なゴキゲンなヤツ。

明日の稽古が楽しみです(=^▽^=)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

本当に大切なコト

昨日14日はバレンタインデー。世に義理チョコの満ち溢れ、、、多聞にもれず我が稽古場も甘い匂いが漂っていました。

チョコ屋業界の思惑にハマルのは悔しい気もしますが、もらえると嬉しいのは根が単純だからでしょうか?

バレンタインデーに限らず舞台をやっていると、よく(主演)女優さんが忙しい合間をぬって“手料理のお弁当”を差し入れてくれる事があります。稽古場にも、本番中にも。

嬉しかったですねぇ、、、そういう気遣いが。。。

主演女優なんて一番大変だったりするし、何より女優さんはちゃんと睡眠を取らないとお肌に良くないし、、、そういう貴重な時間を使って、共演者やスタッフに労いの気持ちを伝える、、、そういう『相手を思いやる気持ち』が、お芝居では大切なんですねぇ。

生徒諸君。別に弁当を差し入れなさいって言いたいんじゃないからね、そこを勘違いしないように。

まぁ、自主的に差し入れる分にはOKですよ。

さぁ、本日15日の自主練では、、、

今週中に芝居全体を何とかカタチにして、来週にはドンドン“通し稽古”をやりたいトコロです。その為には今週を頑張って乗り切らないと。

体調管理も含めて、今が頑張りドキです。

授業が終わって自主練期間が始まってから、ずっと連絡をよこさなかった学生がやっと捕まりました。明日には自主練に参加すると言っていました。

生徒諸君に繰り返します!!

誰か一人が欠けても、この1SLというクラスは違うモノになってしまうのだから。もし本当にヤル気があるのならば、もっと、歯を食いしばってでも頑張ってみなさい。でないと思い出にも残らないですよ。

お芝居で一番大切なコト、それは“人を思いやるコト”です。

相手役」「同じ舞台に立つ仲間」「スタッフ」「応援してくれる家族や友達」そして、、、

当日舞台を見に来てくれるお客さん

それらの人たちの為に、少しでも良い作品を創ること、、、

それが、結果的に自分を今より成長させてくれる筈です。

自分さえ良ければそれでいい”そういう考え方では、いつか行き詰まりますよ。

何より演劇とは『総合芸術』です。自分独りだけでは何も出来ないコトを知りなさい。

演劇の三要素と言われるモノがあります。

1・俳優 2・観客 3・空間

これら3つがあれば、そこが“劇場”でなくても、“入場料”を取らなくても、“素人”でも“プロ”でも、演劇として成立する。

逆を言えば、、、

たとえそこに「俳優」がいても「観客」がいなければ、それはただの「稽古」でしかない。

見世物として成立しない”

というコトです。

舞台に限らず映画や映像を含めた“演劇的表現”とは、それを観てくれる人たちがいて、初めて成り立つのです。

胸を張って観て貰える作品を創るために、今日という日を頑張って稽古に励みましょう。

中間発表本番まで、、、

あと二週間。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「生まれて来てくれてありがとう」って…

「生まれて来てくれてありがとう」って…

ドカンが作った『舞台装置』の模型です。それを上から“パチッ”と。

今週、稽古場には若干の行き詰まり感が、、、
それは“体調不良者続出”なトコロに原因がありそうな。。。

芝居的にはあと一歩、カタチに出来るまであと一歩なんです。
未だ手付かずの『クライマックスシーン』と『ラストシーン』をカタチにする、それには出演者全員の協力が必要です。

芝居には、不必要な役は1人だって出て来ません。作品のテーマを語る上で、全ての役が何かしらの役割を担っているのです。

それは、現実の人生においても同じコトであると信じます。
それが何かはわからないけど、人には、きっと何か生まれて来た理由があるんじゃないかって思っています。
それを見つける為に選んだ生き方が、ドカンの場合は『演劇』に関わるコトじゃないかって思ってます。

何かの事情で生きるコトに疲れたり、ココからいなくなりたくなっちゃった人に、そういうコトを演劇というモノを通して言ってあげたいんです。

今回の芝居のテーマはそこにあります。
『今と違う自分だったら…』
『本当は生まれ来なければ良かったんじゃないだろうか…』
そういう気持ちを抱えて生きてきた主人公の女の子に、、、
君は生まれて来て良かったんだよ
って、、、
生まれて来てくれてありがとう
って言ってあげたいんです。

そんな我々の声が芝居を観ている“誰か”に届いて、それがその人にとっての“生きる糧”の一つになってくれたら、こんなに素敵な商売はないって思いません(*^o^)乂(^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「仮面ライダーカブト」映画版

どうして東映の人たちは「ライダー」同士を闘わせたいんだろう?

劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE オリジナル・サウンドトラック Music 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/08/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これが最大の疑問。

価値観の多様化ってヤツ?、、、“正義”とか“悪”とかってヤツが簡単な言葉では表せなくなったからかな?

どうしてもそこに商業的な思惑しか感じられない自分がいる。

『そういう描き方しか出来ない「仮面ライダー」なら止めてしまえー!!』

って言ってみたい、、、そんな小心者です。。。

『強い思いが世界を変える力の原動力のなる』ってコトを感じられたのは良かった。

ラストの「隕石に向かって跳ぶハイパーカブト」も、確かにシリーズ最大級のビッグスケール感があって嫌いじゃないですけどね。

「ジャイアントロボ」のラストや、強殖装甲ガイバーの「降臨者に捨てられたアルカンフェルの隕石体当たり」みたい。

巨大な敵に向かっていく勇気を、自分も持ちたいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「花園ゆり子」の正体は?

なんだか面白くなってきました。ドラマ「秘密の花園

失礼ですが、、、釈ちゃんが出て来てくるオッサンが少女マンガ描くっていう変な設定を面白がる“ドタバタなチャらいドラマ”かと、勝手に思ってました

でもなんだかそんな予感が覆されそうな、良い予感が漂ってきました。

元々は、「今回の中間発表のためにチェックしておこう」っていう軽い感じで流して見てました。中間発表の作品にも“少女漫画家”と“その“担当編集者”ってのが出てくるので、そのちょっとした取材になるかな~って感じで気にはしてました。

先週まではウラ番組=TOKYO MXテレビで22:30頃から放送してた「機動戦士ガンダム0083」が気になってて、それとザッピングしながら見てました。

その「0083」が先週で終わったもので、今週は初めてちゃんとこのドラマを見てみようと思って、、、いたんですけど、、、

晩ごはん食べた後に眠くなっちゃって、、、頭の1分位を見過ごしちゃいました。

でも、途中から観たそこに“面白そうな予感”を感じたんですよね、、、

だから、見過ごしたその1分が残念だった。。。

今回のテーマとして捕えたコトは、、、

作家は誰の為に作品を創るのか?』ってことかなァ・・・。

このことは、ドカンちゃんもそんな創作の世界の端くれに生きるモノの一人として、常に考えているコトの一つです。

そして予告から匂う次回のお話しは、どうやら「花園ゆり子」の原作がドラマ化されて、そこでなにやら問題が起きそうな、、、

作品は誰の為のモノなのか?』ってなトコロでしょうか?

ドカンちゃんも“仮面ライダー”を始め色々な「お気に入りについてのこだわり」を語っちゃったりしているモノの端くれの一人として、“心の痛い”問題の一つです。

来週からは~今週から始まったMXテレビのウラ番組「機動戦士ガンダムMS08小隊」が気になるトコロではありますが、そこはビデオ等を活用しつつ~キッチリ観ていこうかなと思う今週の火曜日の夜でした。

ちょっとだけ心配なのは、、、

アップになった釈チャンのお肌がチョット荒れていたようで可哀想・・・

ドラマの収録現場って本当に大変です。出演者もスタッフも、皆さん頑張って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「この箱の正体は?」~大道具作り

大道具作り

この・・・の骨組みは、生徒が製作中の舞台装置(大道具)です。

今日は稽古が終わった後に残った時間で大道具作りです。

この写真の骨組み状態の箱。。。
サイズは2尺×5尺×1.5尺です。普通の人は今はもう使いませんが、舞台では長さの単位に寸・尺を使うコトが多いのです。
ちなみに、1寸約3㎝1尺約30㎝です。

その上には、1間約180㎝ってのがあります。

稽古場で舞台装置の位置をマーキングするトキに、この1間ってのがよく出てくるのですが、このトキ生徒の中に身長180㎝位のコがいると重宝します。
ちょっとケンちゃん、ココ寝てみてくれる?」

とか、、、

ケンちゃん、今度こっちね!」

って、もう引っ張りダコです。

ちなみにこの作りかけのこの“箱”は、、、
白い布をかけて“ベッド”にして、その布を剥いだら“棺桶”に見立ててっていう使い方をします。

棺桶はともかく、ベッドには本物の小さな折りたたみ式のモノを用意すれば、もっとリアルっぽくなりますが、なにぶん会場が狭いので、色々と工夫をしなければなりません。

この骨組みの、蓋を除く5面にベニヤ板をはり、蓋の部分には人が座ったり寝ころべるように厚さ1㎝位のコンパネ板を張ります。

それから、、、

表面に紙を貼って・・・

ペンキを塗って・・・

と、完成までいましばらくの道のりが続きます。

しかし、芝居の完成までにはもっともっと遠い道のりが、、、

連休明けの今日は“体調不良者”が続出。また、稽古場に来ても“ヘロヘロ”状態で使いモノにならない人が。。。

Wキャスト(1つの役を2人の俳優が演じるコト)の子たちはどちらかが元気なら稽古になるんだけど、シングルキャストのトコロは大変。

そのコに倒れられたらこの舞台はオシマイ(/_;)/~~~っていうくらい危険です。

まぁ一番大変でツライのは、ヤル気があっても稽古できない本人なんですけどね、、、

その危険をどう解決するか。それがこれからの、更なる課題であります。

頼むからみんな、健康でいてくれーッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台装置を仮組みしましょう。

昨日のPV撮影で、今月の大きな仕事はとりあえずおしまい。今日からは中間発表にドカンの全てを捧げます。

連休を明けた今日の自主練では、実際の発表会で使う教室を稽古場として使えます。

まだ芝居は出来上がって無いので、少しでも長く稽古をしたいトコロだけれど、せっかくのチャンスなので、今日は平台を使って舞台の仮組みをして見ます。

070123_01540001 ←冬休み中にドカンちゃんが工作用紙で作った今回の舞台装置の模型(?)です。

稽古場では舞台装置の位置を色別のビニールテープ等を張って区別します。“広さ”はそれでもなんとなくわかりますが、“高さ”となるとそうは上手くはいきません。どんなに「ココは45cm高いんだ」って理解はしていても、それを実感出来るのは実際に自分でその高さに登ってみたトキなんです。

まぁ本番になればイヤでもわかるんですけどね、、、慣れてないと思わぬ事故に繋がる恐れもあるし。

ですから稽古中にそれを経験しておくってコトは、発表会って視点からもとても貴重な体験なんです。

稽古の開始予定時間は10:40。それより前に集合して平台や工具、小道具を持ち込んで装置を組み立てます。

生徒諸君。貴重な稽古時間を無駄にしないように手際よく作業しましょう。ただし、くれぐれも怪我や事故の無いように注意して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サザエさん」のナゾ

磯野家の謎―人気アニメ「サザエさん」の知られざる秘密に迫る!! Book 磯野家の謎―人気アニメ「サザエさん」の知られざる秘密に迫る!!

著者:東京サザエさん学会
販売元:日本文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑ナゾの答えはココにあるのか?

先日「おやダン」の仕事・PV撮影の控え室にて、サザエさん一家の血液型の話しをしたトコロ、、、

※話題の内容については当ブログ内記事「サザエさん驚愕の事実?」参照http://dokanchan.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_2fd5.html

O型B型からでもA型が生まれる可能性があるのではないか?」

という話しが出ました。

ドカンちゃんにはよく理解出来なかったんですけどね、ドカンが思ってる単純なABO式以外の要素で、O+B=Aというコトも成り立つんじゃないか、、、ってコトのようです。

この問題についてはもうしばらく勉強してみる必要がありそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

どういうこと?(`へ´)

さっきからずーっとパソコンからのブログの更新が出来ません(`へ´)

最初は管理画面が重すぎて『記事の保管』クリックしてもなかなか画面が切り替わらずに“時間切れ”だって。せっかく書いた記事がパーですよ(-"-;)

他の画面はサクサク更新出来るんだもん。パソコンのせいじゃないでしょ!?
頼むよココログさん(`ε´)

追記。

コレの更新をチェックしてからコメント欄の更新をチェックしたら、コレも重々。またまた「ハァ~」って思ったら、更新に失敗したと思ってたひとつ前の記事が更新されてた。

益々どういうコト??

日付が変わってトラブルは解消されたみたいで、今はサクサク更新出来てます。

ただし、重々だったコメント欄の更新は出来なかったみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PV撮影本番当日(^o^)丿

今日は都内の某スタジオにて、某アーティストさんの新曲PVの撮影にお邪魔してきました。

集合がお昼だったので、ちょっとゆっくり目に自宅を出発。

いいお天気でしたね。

一日スタジオに籠もっちゃうにはちょっと勿体ないようないい天気でした。

先ずは昨日一緒にリハーサルしたお子さま達とウチのリーダー、そしてアーティストご本人様を交えて、快晴の空をバックにしてのダンスシーン。

おやじサンたちよりも早くスタジオ入りして先に撮影していたお子さま達はそこでお疲れ様。残った大人組はその後スタジオ内へ移動し別シーンを。

撮影は快調に順調に進みました。

どんなPVが出来上がりますか?春向けの楽しい曲でしたから、きっと楽しいPVに仕上がるコトでしょう。完成が楽しみです。

ちなみに今回のスタジオ、確かな記憶はないのですが、以前にも使ったことがあるような気がします。「おやダン」のメンバーもそういうんだけど、何の仕事で来たかは誰も思い出せず、、、

歳をとると記憶力が曖昧になってしまって。。。

ドカンにはもう一つ記憶があって、以前にドカンが“バラ売り”されたときの企画CD『恋のシイタケサンバ』のPV兼TVスポット用の宣材を撮影したのがココのスタジオだったんじゃないかなぁ、、、

Music 恋のシイタケサンバ

アーティスト:ドカンとカワィータケ
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2002/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

画像はないけど、ドカンがカワイイ女の子4人組と一緒に仕事したユニット『ドカンとカワィータケ』が、キノコをモチーフにしたファンシー商品のイメージソングを発売しました、、、

今から5年前に。。。

たぶんもう売ってません。。。。

今ではイイ思い出です。。。。。

「おやダン」の現場ではウチラもバンドのメンバーも含めて“おやじまみれ”でしたからね、カワィー娘たちと一緒の現場は本当に天国のようでした。

今回出演した曲が発売されたらまた報告させてもらいますので、その時にはどうか買って下さい、、、

海賊版や違法ダウンロードはお願いだからやめてチョーダイね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PV撮影本番(^o^)丿

12日。昨日リハーサルのあったPV撮影の、今日が本番日です。

先日ドラマ『きらきら研修医』のドラマにオジャマしたときにはドカンとジュテームの“バラ売り”でしたが、今回はよりお得な「おやダン・パック」です。

4人で一人前ってコト?

今日の撮影は子供たちとの共演です。

お子様は某avexでダンスやらのレッスンをしている子達らしいです。

まだ8歳とか9歳とかの子供が、ちゃんとダンスをしてるんですよね。スゴイ!!

52歳でクラシックバレーを踊る、ウチの『中嶌ジュテーム』もスゴイけど。。。

お子さま”と“おやじ”が同じダンスを踊る今回のPVはどんな作品となるのでしょうか?

楽しみです。

今回共演する子供たちがいずれ、未来の『AAA』なんかになるのかと思うと、、、

今のうちに“”を売っておかないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“バレンタイン”って言葉は・・・

最近の電車にはドアの近くにモニターがあって色々な情報を流してくれて、英会話なんかも教えてくれるんですね。

11日にリハーサル会場に向かう電車の中で見たのは英会話。

バレンタイン(アルファベットの綴りがわからないけど・・・)ってのは『大切な人』って意味らしい。

なるほど。大切な人に何かしてあげたいってのが『バレンタイン・デー』ってコトなのかな?

だとしたら、“「ホワイト・デー」の○倍返し”ってのは、“正しい愛のカタチ”とはいえないのではなかろうか?

“愛”とは捧げるモノであって欲しい・・・。

まぁドカンにはそんなに縁のない日なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サイボーグ戦士 誰がために闘う?

仮面ライダーの話題に繋げて、同じ原作者「石ノ森章太郎」氏による作品『サイボーグ009』をYahoo動画にて無料鑑賞。

avexから出ている平成版の方が原作コミックに近い感じですが、ドカンちゃんが子供の頃にリアルタイムで見ていたのがコチラ。

サイボーグ009 Vol.1 DVD サイボーグ009 Vol.1

販売元:東映
発売日:2004/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

第1話「よみがえった神々」

再び戦いへと赴くコトになる彼ら。この時点ではお互いを本名で呼び合います。

戦う為の兵器として改造された彼らも~機械の身体を持つ彼らも人間であるのだというコトでありましょうか。

このシリーズのサブタイトルは「サイボーグ戦士 誰がために闘う!」

兵器である彼らがその存在を許されるのは戦いの中にあってのみ。その戦いを失くすことを誰より望んでいるのは彼ら自身である。

戦いというもののために傷つく人々を、自分たちのように戦いに利用されるモノをなくすために、彼らは戦わなければならない~己の身体を忌まわしい武器とせねばならないコトの苦しみよ・・・。

人が人として生きられる時代を築くために、人ならざるものとかす彼らの苦しみを、どうか忘れないで下さい、今、仮面ライダーの魂を受け継ぐ方々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週も電王のコトを・・・

仮面ライダー電王 ヘルメット Toy 仮面ライダー電王 ヘルメット

販売元:バンダイ
発売日:2007/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんなヘルメットでバイクに乗ったら確実に捕まってしましますが・・・。

電王のバイクはちょっとカッコイイ(ドカン好み)かもしれない。

カウルの感じが『新サイクロン号』っぽい気がする。

電王の身体の真ん中の前後にレールを模したデザインがあるんだけど、あれが大きなチャックに見えてしまいました。

赤い姿が“モモタロウ”だから、いずれ犬・サル・雉のお供が出てくるのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今日は“ウッキー”リハーサル。

某アーティストのPV出演ってコトで、今日はその“ウッキー”リハーサルです。

何が“ウッキー”かって言うと、、、サルの鳴き声の“ウッキー”と「リハーサル」のサルをかけたんですね、、、

場所は某avexの本社ですって。

こちら某avexさんからは、以前「おやダン」のライブDVDが発売されたことがあって、実は浅からぬしかし深からぬ間柄だったりするんです。

絶倫ツアー2001〜イクときはいっしょ!〜 DVD 絶倫ツアー2001〜イクときはいっしょ!〜

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2001/10/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

只今絶賛発売中!!もしくは絶版中かも、、、

さて今回はどんなアーティストさんのPVなのか?楽しみです。

ちなみに撮影本番は12日。都内の某スタジオのようです。

なにはともあれ、良い仕事がしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サザエさん」キョーガクの事実!?

もしコレが真実だったとしたら・・・エエーッ!?

サザエさん (1) Book サザエさん (1)

著者:長谷川 町子
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

年度末の課題として生徒に課したレポート提出。その中に、かの国民的キャラクター「サザエさん」について語ったモノがあったんですけどね、、、

それによりますと、

波平さん」の血液型は、、、「O型

そして、その妻「フネさん」の血液型は、、、「B型

その子供である「カツオ君」は、、、「B型

妹の「ワカメちゃん」は、、、

えっ?「A型」??

エエーッ!?

ドカンの記憶が確かなら、「O型」と「B型」から「A型」は生まれないはず、、、

もしかして・・・。

そんなコトを思いながら読み進めていくと、そこには更なる驚きがッ!

マスオさん」・・・「A型

エエーッ!?

まさか「ワカメちゃん」って「フネさん」と「マスオさん」の子供!?

どーなの?本当のところはどーなの??

これはあくまで「サザエさん好きの生徒が書いた情報ですが、実際の公式設定ってどうなってるんでしょうね?

今日日曜日はサザエさんの放送日。

実は、「アナ学」にてお世話になってる先輩講師の方に「サザエさん」のレギュラーの方が2名いらっしゃるのですが、その先生に伺おうにも、もう授業は終わってしまって、お会い出来るチャンスは無いし、、、

あぁ、気になって眠れない!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

人生を、もう一歩前へ進もう(^o^)丿

2月10日。元・生徒の発表会観劇のハシゴをして感じたこと、それは・・・

稽古は俳優を裏切らない

・・・だろうってコトです。

ダンスアクションなど身体を使う表現の技術は、アナ学在学中よりも確実に進歩しているコトが見て取れました。

演技についても、作品創りに苦労した分だけ“深み”が増したように見えました。

どういう風に使っても1日は24時間しかアリマセンからね。その24時間をどれだけ“演劇”というものに費やせるか。そういう当たり前の苦労を出来るものだけが、きっと演劇をやるべき人間なんじゃないかって、ドカンは思います。

そういう自分はどうなのか?

耳の痛いトコロです、、、

自分ももうスグ40歳。人生の残り時間を気にする年頃になりました。

あと何年・・・

バイクに乗れるか

表現者の端くれでいられるか

人生を、もう一歩前に踏み出そう

今年はそんなコトを考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「初心忘るべからず」です

中間発表の稽古は今日はお休み。

ってコトで稽古日誌の番外編。

ドカンは職員室で成績付け。生徒は教室で小道具・大道具を作ってます。
釘を打つのもノコギリを挽くのも今はまだ下手っぴいだけど、色々考えて工夫していくコトが後々役に立ちますからね、苦労しなさい、生徒諸君

その後ドカンは観劇のダブルヘッダー
14時には新宿で、18時には京急の新馬場駅近くのホールに、昔の生徒が出演する舞台を観に行きます。
今はその新馬場に向かう地下鉄の中です。

うちの学院もそうですがこの年度末には発表会が目白押しです。
今はまだ卒業して間もない連中も劇団や事務所の養成所に入ったり、あるいは仲間うちで公演を打ったりと演劇を続けている人が多いけど、これが年を追うごとに減っていきます

夢を追うのも人生。

その夢にいつか決着をつけるコトもまた人生。

自分の才能や人生の転機~例えば結婚なんかを理由にして別の生き方を選ぶコトもあるけれど、大切なのは他の何かや誰かのせいにせず自分自身で決着つけるコトです。

世の中に絶対ってコトはありませんからね、なるべく後悔の少ない生き方を選びましょう。
そして迷ったら『初心にかえる』コト〜これが一番大事(*^-^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の計画

今日10日(土)は中間発表の稽古はお休み。なんで学校には行かなくてもイイハズなんですけどね。

実は「成績表」がまだ未提出でして・・・。その締め切りが今日10日なんです。

ってコトで、今日も朝から学校へ行きます。

この成績表をつけるってコトが、ドカンちゃんにとっては一番の大仕事です。なんてったってここは『専門学校』ですからね、ただ演劇を教えればイイってもんじゃありません。それについて“評価”を下さなければなりません。

それが難問なんです。

もともと芸事なんて、いつ華が咲くかわかりませんからね、、、って思いがあるんですよ。今はまだ“ダメダメでトホホ”だったとしても、何かきらめくものがあれば高く評価したいし、今の結果を評価するか、それとも最初からの伸び率を評価の対象とするか、、、各生徒によって出す答えがまちまちですから。

出席数をチェックして~悩んで~評価を考えて~生徒一人一人の顔が頭に浮かんで悩んで~下書きして~もう一度悩んで~それから清書~そこでまた微妙に悩んだりしてしまい~それを吹っ切って提出します。

今日という日は、そんな仕事から始まります。

ハァ~心労。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台所の悲劇、、、

お夜食にうどんを茹でてるんですけどね・・・。

給湯器の着火装置がおかしいんです。昔のお母さんみたいにマッチで点火しないと火がつきません。

さっきはシンクの端に置いた鍋のふたが落ちてきて足に当たりそうになりました。

今日は上手く避けられましたが、昨日は洗って上の棚にしまおうとしたマグカップが左足の親指の上に当たりました。

骨折はしてないようですが、腫れてマス。血も出ました。

痛かったです。

最近、我が家の台所には危険が渦巻いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主練3日目「言葉って・・・」

9日(金)。自主練3日目。

ココまでは正直順調です。進行のスピードはさほど早くはならないけれど、その分密度の濃い稽古が出来ています。

密度が濃い=芝居や台詞の方向性を、役の心理を細かく追いかけていくコト。

その代わりそのシーンに出番の無い生徒には待ちの時間が増えてしまうというコトになりますが、そこは、「人の稽古を見ることも良い稽古になります」ってコトで、そういった擬似稽古というか、集中力を養うってコトで・・・。

武道などでは“見取り稽古”なる言葉があると聴いたコトがあります。

達人や名人の技を見ているだけでも、その間合いや呼吸が見ている者には良い稽古になるのだとか・・・ウチの稽古場ではそんな達人も名人もいないけど。。。

昔から「芸は盗むモノ」と言います。それは何より“観察眼”を養うというコトでしょう。

その『盗んだ技を自分の技として自らに取り込む』そのためには、そこからまた自分の身体と感性を磨いていくような稽古をする必要が、モチロンありますけどね。

1本の芝居としてカタチにしていくにはまだまだやるべき事が多いけれど、“生徒の視点が確実にがそこに向かっていることが実感出来る”~そんな自主練の3日間でした。

そういった上向きな状況に加えて・・・毎年起こるのが、生徒同士の気持ちのすれ違いによる細かい衝突です。

ヤル気が出てきた、と言っても細かく見れば各人によってがありますからね、たまにはそれが原因で気持ちが“すれ違って”しまうコトがあります。

まぁ何処の職場や集団を覗いても、そんなコトは日常茶飯事ですけどね。

そんな些細なすれ違いから、何気なく口にした言葉が人の反感を買ってしまったり、あるいは傷つけてしまうことがある・・・そういうコトに、我々は気がつかなければなりません。

口にした本人にとっては何気ない言葉でも、受け取るものとっては痛みを伴うような言葉であることがあります。

1SLの諸君。我々は“言葉を扱う商売に携わる者の端くれ”として、そのことに対して敏感であらねばならないでしょう。

そしてもし、自分の過ちに気付いたら、それを直ちに詫びましょう。反省しましょう。大事なコトは、そういうコトをしてしまった事実よりも、その事を繰り返さないことですから。“詫びる心”と“それを許す心”~どこかの政治の先生方にはまったく無縁のようですが、我々は“仲間”なんですから。いがみ合うことよりも手を取り合う方が良いに決まっているんですから

次回の稽古は週が明けた13日(火)です。3日間空いてしまいますが、今週やってきたことを忘れないで下さい、、、

忘れないでね、、、

きっと忘れるんだろうなァ、、、

稽古場の外でどんな時間を過ごせるか。そこが勝負の分かれ目です。

衣装や小道具の準備も、なるべくこの空き時間に済ませておいて下さいね。

また来週、良い稽古をしましょう(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主練2日目

070208_10290001

8日は中間発表の自主練2日目。とても暖かい朝でした。

近所で梅の花(ですよね?)が咲いているのを見かけました。

中間発表」。しばらくはこの話題が増えるだろうってコトで、カテゴリーに新しく『稽古日誌』を追加しました。

簡単にではありますが日々成長する、、、

してる、、、

っていうかしてくれ!!

そんな可愛い生徒たちの姿を文字に留めたいと思います。

まぁ、実際よく頑張ってますよ。我が1SLクラスのメンバーは。

殆どが演技の初心者で、勉強を始めてまだ10ヶ月足らずで・・・まだまだスタートラインにすら立っていない“ヒヨッコ”達ですが、毎年この「中間発表で舞台に立つ」っていうコトを経験すると、本当に“ヤル気”のある子達は「目つき」が変わってくるんです。

瞳の輝きが増す~ってヤツですね。

自分たちで大道具を作って、チラシも作って、衣装小道具を用意して・・・学内の発表会ですから、それらはとても簡素なモノではありますがそういう準備作業を通して気持ちを、ヤル気を高めていく事も大切な要素です。

自主練が終わった後の職員室で、他の講師の方々とそんな話しをしながら、この週末に生徒が作る大道具の略図面を書きました。

今日9日も朝から稽古。その後に↑の図面を渡して製作時の打ち合わせをします。

くれぐれも作業中は怪我しないように気をつけて下さい。本番まで後わずか。君の身体は君一人のモノじゃない~ミンナのモノ~なんだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

朝のニュースより

『メガマック』効果でマクドナルドは業績アップですって(+_+)

メガマックを食したドカンもそれに貢献したわけですね。
好評につき販売期間も延長されるそうで…たいしたモンですメガマック。

ドカンは“ビッグマック”に行くなら“メガマック”かな。

先に偶然メガマックをゲットしたトキの注文は“ビッグマックセット”でした。そうしたら店員さんが
「メガマックもございますがいかがですか?」
ですって。
ビッグマックのお客にはメガマックを勧めているのかも。

更なる未知は『マックグリドル』
なんだかホットケーキをハンバーガーにしたとかしないとか?
どんなモンでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きらきら研修医」予告編で流れたそうな・・・

Music 「きらきら研修医」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:TVサントラ
販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2007/03/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今月の頭にあった“ドトーの3日間”の時にお邪魔したドラマロケ。その映像が“予告編”で使われていたと友人からメールを貰いました。

そのドラマはTBSの『きらきら研修医』です。木曜夜10:00よりO.A中です。

ウチのリーダー「パパイヤ鈴木」が、うさこの研修先である皮膚科の先生役で第5話より登場~8日放送分~しました。その関係で、「おやじダンサーズ」メンバーのドカンちゃんともう一人“中嶌ジュテーム”が二人してお邪魔することになったんです。

おやじダンサーズ・バラ売り計画』です。

本編の放送は次回~第6話~主人公うさこの研修先の病院の入院患者ってコトでロケに参加、チョコットだけ映ってるかもしれません。

予告編では映った~残念ながら自分では観られなかったので未確認なんですが~そうですが果たして本編でその映像が使われるのか否か・・・どうぞ本編をご覧下さい!!

ちょっと“ミーハー”ですが・・・長かった髪を切った主演の小西真奈美さん・・・キレイでした(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の自主練は・・・

昨日が自主練初日。

何人か休んだ生徒はいたけど、全体としては緊張感のある良い稽古が出来ました。

まだまだ先は長く、しかしそれに伴い稽古時間は短くなっていきますが、昨日の調子で進行出来れば思っていたよりも先に進めそうな気がしました。

ただし油断は禁物。

経験則からいえば、「良い稽古の次には、必ず酷い稽古の日が待っている」ものなのです。

生徒諸君!!今日は昨日よりも高見に登るために、より厳しくいきましょう。

今日は10:30から稽古です。衣装小道具についても色々準備を始めましょう(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに巡り会えました

ついに巡り会えました

長い間待ち望んでいたこの日がついに訪れましたv(^-^)v

中間発表の稽古が終わって、職員室にいた他の講師の方々と飲みにいった帰り道。
酔い冷ましにフラッと寄った学校の近所のマクドナルド…24時間営業のこの店にありました、憧れの『メガマック

まさか夜の10時過ぎにメガマック”に巡り合えるなんて…。さすが都庁のすぐ近くの“マクドナルド十二社店”侮りがたしです。

やっとの気持ちで対面した『メガマック』は、なかなかの存在感を放っています。

ただ…長い間の想像が“妄想”に変わっていたようで、メガマックの大きさは…ドカンは『都庁のツインビルのように高くそびえ立つ姿』を思い描いていたけど…実際のスケールは“ビッグマック”より“ちょいと厚い位”の感じでした。

まぁ何はともあれ、憧れの『メガマック』に巡り会えたこの夜に感謝感謝です♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「初めて泣いた映画」って何でしたか?

先に書いた映画の話題を受けて・・・。

初めて泣いた映画として記憶に残っているのが「永六輔」さん主演の、

春男の翔んだ空』って映画でした。

特殊学級~こういう表現って大丈夫なのかな?~で教える先生の物語だった。

それを観たのは小学生の頃。当時住んでいた川越にあった映画館『ホームラン劇場』の二階席だった。残念なコトにこの劇場は昨年閉館してしまいましたが、子供の頃に映画を観るといえばこの劇場でした。「東映まんがまつり」も「ガンダム」も「イデオン」もみんなココで見ました。入れ替えなんて無かったから、朝から晩まで同じ作品を2回ずつ観たりして・・・。

当時は大抵”二本立て”上映で、その時の本命は『さらば宇宙戦艦やまと~愛の戦士たち~』でした。

もちろん「やまと」にも涙しましたけどね、本当の意味で泣いてしまったのは『春男の~』の方だった。

細かいトコロはよく憶えてないけど、特殊学級の生徒の為に奔走する春男という先生の物語だった。

「永六輔」さん演じる“春男先生”はいつも一生懸命で、当時ハイカラだった(?)自転車オートバイで忙しく走り回る姿が、昔の担任だったK先生~当時♪ラッタッターのCMで有名だったスクーターに乗っていたんですよ~のイメージに重なるトコロがあって親近感を感じました。

“涙ドドーッ”のポイントはラスト~志半ばで亡くなった先生の葬式で、特殊学級の生徒たちが「♪仰げば尊し」を歌い出すシーン・・・思い出しながらコレ書いてるウチに涙ぐんでしまった。。。

先生と生徒の間にある絆、純粋な感情が伝わってきて、まだ子供だったドカンは人前で涙を見せる事が凄く恥かしかったけど、零れる涙を止められなかったのを憶えています。

人の心を動かすのは、純粋な人の心だけなんじゃないのか?

映画でも小説でも舞台でも、そういう作品を自分で創りたいし、そういう作品に多く出会いたいと、ココロから願っています。

『春男の翔んだ空』・・・もう一度観たいなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主練にかける!!

東京アナウンス学院での“中間発表”の話し。

3月1日の発表会本番へ向けて、猛ダッシュをかけます。

授業の枠は終わってしまいましたが、伝えたい事、やりたい事はまだまだあります。

1SLクラスのみんな。残り少ない時間を有効に使えるように、気合をいれて取り組みましょう。

キミたちが目指すのは、ちょっとやそっとの風邪や体調不良で休めるほど優しい職場じゃないゾ。

病は気から」です。毎朝毎晩の乾布摩擦でカラダを鍛えよう。

でも「インフルエンザ」にかかっちゃったらちゃんと休んでネ。最悪クラスが全滅しちゃうから。昨年は、発表が終わったあとにだけど、生徒にインフルエンザをうつされて大変。ホント死ぬかと思った。

ってわけで、今日からは授業ないけど、朝から学校に行きます(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「最終兵器彼女」

最終兵器彼女 アルティメットエディション DVD 最終兵器彼女 アルティメットエディション

販売元:東映
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原作を知らないのでそちらの方はなんとも言えないけど・・・。

たまたま鑑賞した「最終兵器彼女」の実写映画版はとてもツマラナカッタですね。

以前の『笑う大天使~ミカエル~』の時には原作好きってのがあって“トホホ感”×2だったけど。。。これも酷い。

いったい何が言いたいんだか全然わからなかった。こういうのを映画っていうのかな?

戦争ってモノになんの実感も感じないし、、、人物の内面も何も感じないし、、、悲恋モノにしたいのか、、、それともSFX作品を目指したのか、、、何処に行きたかったんだろう?何を見せたかったんだろう??

映画『デスノート』は面白かったけど、、、まだ観てない映画も多いけど、、、原作付きの映画って、どうしてこんなにつまらなくなっちゃウンだろう???

デビルマン」しかり、「笑う~」しかり、期待が高い作品にはほぼ確実に裏切られている気がする。

この『最終兵器~』原作やアニメ版の方はどうなんだろう?

少なくとも原作は面白そうな匂いがしてたんだけどなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラえもん最終回問題。

ドラえもん (1) Book ドラえもん (1)

著者:藤子・F・不二雄
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ニュースの途中から見たので不確かですが、どうやら『ドラえもんの最終回』が“同人誌”で発表されていて、それが思いのほか反響を呼んでいて、版元の小学館が対応に乗り出したっていうコトのようです。

それに関連して、“ドラえもんの最終回について”街中でインタビューしていましたが…「ドラえもんにはいつまでも続いて欲しい」そんな声がありました。

小学館の方のコメントとしては…。
「原作者が亡くなっているので、最終回の発表は無い」というようなコトを発表していました。

「ドラえもん」に限らず“国民的キャラクター”っていうモノは作者の手を離れて一人立ちして行くものでしょう。

しかし物事にはいつか“終わり”が来ます。それが自然な姿だと思うのです。

未来から来たドラえもんは、いつかその目的を成し終えて未来へ帰らねばならないのです。

『より良い未来を築く為に“今”という時間を精一杯すごそう。』

ダメな子供だった“のび太君”は“ドラえもん”や親友達と数々の冒険を繰り広げ立派な大人になるための礎を築いていく…。
いつまでもドラえもんと一緒にいたくても、のび太君はいつかその別れを経験し、人間として成長して行かなければなりません。

それが、ドラえもんが未来からやって来た理由なのですから。

よくあるコトですが物事が進行していくと、いつしか目的と手段がすり替わってしまいます。
子供たちに与えるべき“”がいつしか“儲けるための手段”に取って代わってしまったら…。

いつまでもドラえもんが続くコトを望む我々は、いつまでたっても一人立ち出来ないダメなままののび太君のままなんじゃないかなぁ・・・そんなコトを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ボトムズ』が来てますよ!

装甲騎兵 ボトムズ VOL.1 DVD 装甲騎兵 ボトムズ VOL.1

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近確実に来てますよ『装甲騎兵ボトムズ』の再ブーム。

我が人生のバイブル『機動戦士ガンダム』と並ぶ80年代を飾った“リアルロボットアニメ”の金字塔です。

放送終了から幾年月…しかしその人気は、今でも某模型関係の雑誌でレギュラー連載ページがもたれているほど。

『ボトムズ』来てますよ!そんな「ボトムズ」の食玩です。

AT=ボトムズの世界の人型汎用兵器と、その運用をサポートするメカニックが組み合わされたフィギュアです。
スケールは1/144サイズ。
ATの設定サイズが4メートル程度だから、模型にするとわずか3㎝程度。
にもかかわらず、ATは組み立て式。
色分けに加えてその造形は細部まで作り込まれていて感動を覚えます。

値段は某コンビニで\525-=お弁当1ヶ分のお値段。
一食抜いてでも、もう1ヶ買えばよかった。

ちなみに狙ったのはお気に入りのATだった『スコープドッグ』か『ラビドリードッグ』=ギルガメス系ATだったけど箱の中身は…あまり好きじゃなかった『ファッティー』=バララント系のATでした。
ドカンちゃん的にはある意味ハズレなんだけど、それでもあまりの出来の良さに満足してしまう、そんなフィギュアの細かさです。

でもやっぱり『スコープドッグ』が欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯の電池が・・・

ドカンちゃん世代には懐かしいのではないでしょうか『カノッサの屈辱

昨夜フジTVで深夜に放送していたのをたまたま見かけました。

携帯にまつわる話しをもっともらしく世界史風にまとめて、、、面白ろ懐かしかったかった。

ところでドカンちゃんの使ってる携帯、電池の寿命がドンドン短くなってるみたい。

使い始めて何年目だったろう・・・2年くらいかな?

ちょっと長めのメールなんか打つとスグにバッテリー残量の目盛りが減っちゃう。

それ以外の機能には今のところ満足してるし、買い換えるにはお金ももったいないような気がするし・・・ここは単純に「電池のみ交換」ってトコロですかね?

電池交換って幾らかかるんだろう?もうちょっと頑張れば新機種買えるほど、、、何てことはないですよね?・・・って、ちょっと心配。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

俳優修行とは。

2月の1日から続いた(ドカンにとっては)ドトーの数日間が過ぎてゆきました。

普通に働いている人~例えば郊外から遠距離通勤している人たち~からしたらたいしたコトないんでしょうけどね、、、とても朝が早かったんですよ、1日から3日までの仕事が。

加えて今日5日は個人的に抱えていた案件の第一次の締切日でした。それを処理するってのもなかなか大変な作業だったもので・・・。つまりはとても忙しかった。

ってなワケでドカンちゃん的には“ドドーの5日間”でした。

おかげさまで仕事もプライベートも一応のカタがつきちょっと安心の夜です。

友達の劇団の3月公演の稽古に顔をだしたその帰りに、ちょいと一杯引っ掛けてきました。演劇人の端くれらしく酒の席では付き物の“お芝居の話し”が多数でましたが、、、

その時のテーブル上に並んだ酒とつまみに(?O?)なドカンちゃん、、、

「赤ワイン」に「餃子」って合うんですか??

食通ではないドカンちゃん、そんな取り合わせについて考えながら、赤ワインのアテに餃子を頂いてきました。

『俳優としての修行の場は日常生活のなかにこそ発見出来る』

なんていう言葉を偉大なる演劇人「スタニフラフスキー」が言ったかどうかどうかはさておき、「赤ワイン」と「餃子」という“洋”と“華”とのマッチングも試して見なければわかりません。(試さずにわかる方もいましょうが・・・)

人生を面白くするスパイスの一つに“冒険心”は欠かせないと思うドカンちゃんでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンクを張れました(^o^)丿

ついにスキルアップ!!

この「ドカンちゃんのよかったさがし」と、「おやじダンサーズ」の公式ブログとのリンクを張ることに成功しました。

これでワンクリックで「おやじダンサーズ」のブログに飛べるし、向こうからコチラへと飛んでくる事も簡単に出来ます。

ぜひ“アチラ”にも“コチラ”にも遊びに来て下さいね(^o^)丿~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝、練馬駅前

早朝、練馬駅前

今朝も開店前のTSUTAYAにDVDを返却に。

昨日に続き今日もまた別のTSUTAYAに返却に行くのは、先週が半額クーポン実施中だったからです。

ちなみに今日は練馬区役所前のTSUTAYA。
まだ満月に近い丸さの月がビルの間に見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電王にはやっぱり複数の仮面ライダーが登場するらしい。

仮面ライダー電王 ライダーヒーローシリーズD02 仮面ライダー電王 (ロッドフォーム) Toy 仮面ライダー電王 ライダーヒーローシリーズD02 仮面ライダー電王 (ロッドフォーム)

販売元:バンダイ
発売日:2007/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

平成仮面ライダーシリーズ最新作『仮面ライダー電王』では主人公に取り憑いた“イマジン”=未来から来た“精神体”の種類によってその形態や能力が変化するそうな…。

そうやっていっぱい仮面ライダーを出した方が“オモチャ”を売りやすいんでしょうね、きっと。オモチャが売れないと番組続かないし。

最初、ショッカーと戦う力を持った存在はショッカーによって改造された肉体を持つモノ=『仮面ライダー』唯一人だった。

改造された肉体は、そのスペックにより引き出す性能の限界値が決まっている。
たとえ改造された時期には最新の技術を投入されていたとしてもその後には、より優れたスペックを持った改造人間が投入されるコトになる。
いかに仮面ライダーが強かったとしても、時を重ねるごとにその戦いは苦しいモノとなっていった。
機械ゆえに決まっているスペック。その限界を超えるコトが出来るとしたらそれは、その改造された肉体を操る『人間としての精神力』しかない。

強力な敵に敗れたトキに彼らは何をもってその敗北から立ち上がったか?

1号ライダー再登場の際には“再改造された”という設定が為され、他にもパワーアップ用のパーツを新たに組み込む~Xライダーのマーキュリー回路、ストロンガーの超電子ダイナモ~等の処置がドラマを盛り上げる要素として行われた。

しかし、それ以外にも己を強く変えていく方法があった。
それは『特訓』である。

仮面ライダーV3
彼は次々襲いくるデストロンの怪人軍団に幾度となく敗れ、そのたびに命がけの特訓を自らに課すコトで己の限界を越えていった。

オモチャを売るための手段”ではなく、“ドラマを見せる”ための手段”として『パワーアップ』という手段が使われていた。

それともう一つ。
サイボーグを主人公とした別の石ノ森作品『サイボーグ009
その劇中主人公が語るセリフ…。

サイボーグとしては試作品である彼は、完成品ともいえる強力な敵に問われる。
「貴様の武器は?まさか加速装置だけか?」
その問いに009は追い詰められながらも答えます。
「それと、勇気だ!!」と。
ここにメッセージがある。

改造された肉体=兵器であるということ。しかしそれは使う者の意志によっては“人を傷つける”ではなく“人を守る”となり得るということ、大切なのは“”であるということ。

『だから仮面ライダーはどこまでも強くなれるのだ』ということである。

電王にて登場する未来からの精神体“イマジン”が主人公に問う。
「お前の望みを1つ叶えてやろう。それは何だ?」と。

願望欲望がカギになっているようだ。

その望みを叶える力を我がコトの為に使えば社会や他人に仇なす存在となる。
それを打ち破るのが『仮面ライダー』であるならば、“世の平和や自分ではない誰かの笑顔を守る”コトをその望みとしなければ、もしくは戦いを重ねる中でそういう自覚を自らの内に定着させていくコトが無ければ…そういう戦いでなければ仮面ライダーのテーマになりえない。

いきなりクライマックスというキャッチコピーが=全編クライマックス=映像的な見せ場としての“戦い”をいうのならば、それは作品として薄っぺらいと断言する。
描くべきは手に入れた力を如何に使うかという“心の戦い”である。

世に10人のファンがいれば10通りのライダー像がある。
これはあくまでもドカンが望む仮面ライダー像であるのだが…。

重ねて、奇抜なデザインや設定は嫌う理由にならない。古き設定が作品の縛りになるコトは望まない。
しかし作品が『仮面ライダー』を名乗るかぎりは、そこに時代が変わろうとも“不滅のテーマ”を込めて欲しいと願わずにいられないのが自分である。

平成仮面ライダーシリーズ『仮面ライダー電王』第二話まで放送済み。
しかし未だ作品のテーマは見えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の朝

都内の某TSUTAYAの開店前にCDを返却しに行きました。

天気はいいけど風が強くて冷たいですね。となりの車線の原チャが微妙に横風にあおられてました。怖い怖い。

しかしそれより怖かったのは…日曜日の朝8時半過ぎにもう白バイやパトカーが大活躍してたってコト。

2日3日と早朝から第三京浜を往復しましたが…夜明け前にはさすがに白バイも覆面パトカーもいなそうだったけど、帰り道は危険な臭いがプンプン。
案の定昨日の帰り道。
第三京浜を逸る気持ちを抑えながら法定速度で走っていたら路肩にパトカーと赤いバイクが止まっているのが目に入りました。
アクセス開く右手が微妙に戻りました。

日曜日の朝ってのはパトカーや白バイをあんなに見かけるモノなんですかね?
8時半から9時半位までの間、往復の道で捕まっていたクルマとバイクが1台づつ。
事故にも白バイにも“油断大敵”だった朝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『コスモ・フリート・コレクション』より

『コスモ・フリート・コレクション』より

まいどまいどのガンダム食玩です。

『コスモ・フリート・コレクション』ってコトで、ファーストガンダムに登場する宇宙艦船+MSのフィギュアです。

なかなか良くできてますよ。
MSなんか2センチ位しかないのに色分け細かいし。

ホワイトベースは各種砲を展開。
ガンダムは両手にハイパーバズーカを装備。
『宇宙要塞ア・バオア・クー』へ向けての最終決戦仕様です。

近所の某コンビニにて\609-ナリ。

今回は2回目でお目当ての『ホワイトベース』ゲットです。
ちなみに1回目はシャア少佐の乗鑑ファルメル+シャア専用ザク=赤い彗星セット。
こちらもある意味当たりでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はお疲れモード

今日はお疲れモード。
でもって明日も早起きなのでなので早寝します。
お休みなさい(-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ドトー”の3連チャン!

2月です。本格的に2月です。

サイン色紙に日付を入れるトキに気をつけるポイントが『20062007』そして『1月2月』の二ヶ所に増える・・・それが2月の始まりです・・・ちなみに今日の現場ではサイン色紙タップリと40枚書きました。

今日から「おやダン」関係の仕事が3連チャン。どれも朝早くからの集合です。

今日はJR市ヶ谷駅のすぐ近くの現場。朝8:30集合で現場リハーサル~イベントのMC(司会者)の方を交えた打ち合わせ。それが終わって本番が始まる13:45までの間に学校へ出勤=今日木曜日は午前中に授業があるので、12:00過ぎまで授業をやってから、昼休みには再び市ヶ谷の現場へ。この現場でのステージがいつもの「おやダン」のステージとはちょっと違った雰囲気の内容で、微妙緊張感の漂う本番でした。

朝8:30・・・普通の人には普通の出勤時間であっても、夜行性人間であるドカンにとっては早朝に近い感覚なのです。ヒゲを整えなきゃいけないし、朝シャンの後に髪を乾かす時間も必要だし、トイレにだって籠もらなきゃならないし・・・何かと大変なのですよ、”おじさんの朝”ってのも。

ちなみに・・・明日もなかなかハードですよ。

朝8:00に横浜方面へ。コチラの現場は午前中で終わる予定ですが、その後に本業=授業が待ってます。13:00から16:15まで西新宿にあります東京アナウンス学院にて今年度最後の授業です。その後、そんな余韻にひたる間もなく都内某所のスタジオにて「おやダン」のダンス・リハーサル(ToT)

3日は現場は同じく横浜だけど、集合時間は更に30分早まって朝7:30集合です。

仕事があるのは嬉しいけど、ちょいとばかり目が廻りそうな2月の幕開けを迎えたドカンちゃんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千の風になって・・・

2月最初の更新のネタは・・・。

去年の「NHK紅白歌合戦」以来話題になっているようですね、この曲。(紅白では秋川雅史さんが歌っていたそうですが・・・)

千の風になって Music 千の風になって

アーティスト:新井満
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/11/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹き渡っています

このフレーズを聴いてドカンが思い出すのは・・・こちらの韓国映画です。

僕の彼女を紹介します DVD 僕の彼女を紹介します

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドカンちゃんが韓国映画にハマるキッカケとなった映画です。

『恋人を残して死んでしまった“ボク”は悲しみにふける“彼女”の元にになって帰ってきます。』

この映画、DVDは初回限定版を買いましたが、残念なコトにまだ劇場の大画面で観たコトがありません。もしかしたら今年正月、新文芸座でまた韓国映画特集をやってくれて、そこで対面できるかと期待したのですが・・・残念ながら今年は“アジア映画特集”で、この作品はかかりませんでした。

昨年この映画の主演女優「チョン・ジヒョン」の最新作『デイジー』が公開されたときにあわせてこの『僕カノ』のDVD“ディレクターズ・カット版”が出るのではないか?と期待したのですが、それも叶わぬ夢でした。

韓国版DVDには“メイキング映像”や“劇場公開時にカットされたシーン”なんかがボーナスディスクとして付いてくるらしいのですが、それには日本語字幕が無いだろうし・・・。

思いは募るばかりです・・・。

千の風になって』も良い曲のようですね。まだちゃんと聴いたコトがないので、今度聴いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »