« そして“いわき”に着きました。 | トップページ | 暖かい冬 »

ドカンの勝手な感想ですが・・・

新番組『仮面ライダー電王』放送開始。

仮面ライダー電王 ライダーヒーローシリーズD01 仮面ライダー電王 (ソードフォーム) Toy 仮面ライダー電王 ライダーヒーローシリーズD01 仮面ライダー電王 (ソードフォーム)

販売元:バンダイ
発売日:2007/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑始まったばっかりなのにもう関連商品が発売されてるんですね。驚き。

28日(日)は朝から仕事だったので、帰宅後ビデオの留守録でチェックしたけど・・・。

思った以上に“嫌な番組”だった~最後に幕が降りるまで見なければ結論は出せないという原則はあるが・・・。

冒頭からどうにも不愉快な暴力の表現。その感覚が拭えない。

第1話では、主人公の“運の悪さ”を見せたかったようだが、それは暴力的表現~毎日のように不良に絡まれる=理不尽な暴力に曝されるという描写~に頼らずとも描けるはず。

理不尽な痛みに曝される怒りや悲しみを主人公が受け止めるわけでもない、異形の怪人のもたらす絶対の恐怖を見せるわけでもない、何の重みも価値も見いだせない(ようにしか思えない)日常てきな暴力表現は安易である、であると言いたい。

制作者はこの番組を通して今の子供たちに何を伝えたいのか!?

第1話全体として印象に残るのは先の予告編でも流れた『「いきなりクライマックス』のうたい文句だけ。

制作者はクライマックス=戦闘シーン=力をふるうことのカタルシスを誇示したいのだろうか?

そこに「仮面ライダーのテーマ」はあるのか!?

否。そこにはテーマは見いだせない!!!

最初の仮面ライダーは改造人間だった。

自分の意志とは関係なく「持たされてしまった力」に戸惑う“弱さ”を持ち、異形のモノへと変えられてしまったコトへの“怒り”と“悲しみ”を持ち、その“”を自らの為ではなく“弱きモノたちの為に使う”コトを運命として受け止める“心の強さ”こそが『仮面ライダー』を名乗るモノたちの持つ“強さ”ではなかったか!?

彼ら仮面ライダーがなぜ仮面を被るのか?仮面の下に何の表情を隠して闘うのか!?どうか、そんな原点(と自分は思っているトコロ)に今一度立ち返って欲しい。

デザインは確かに斬新である。見慣れるまでは違和感を感じずにはいられまい。しかし・・・デザインが歴代ライダーと違うコトなんかは嫌う理由にはならない

しかししかし、故・石ノ森章太郎氏が仮面ライダーに託した想いとは何だったのか?そのを外しては、仮面ライダーを名乗る資格は無いでしょう

~ってココまで書いておいてなんだけど、自分は生前の石ノ森氏に会った事も無いので、上文は、ドカンの勝手な思い込みでしかないのだけれど・・・。

仮面ライダーを愛するモノとして、最終回を見終えた後に「やはりこれは仮面ライダーだった」と、いい意味でそう言える作品となってゆくコトを願ってやまない第1話でした。

|

« そして“いわき”に着きました。 | トップページ | 暖かい冬 »

仮面ライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/5119081

この記事へのトラックバック一覧です: ドカンの勝手な感想ですが・・・:

» 「バイクに乗らない」仮面ライダー電王@佐藤健クン [瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ?]
仮面ライダー電王 こいつはバイクには乗らないの???? 電車に乗って未来からの侵略者イマジンと戦うらしい。 が、どうも至上再弱のライダーの名をほしいままにしている。 これはいいんですか?石ノ森さん。 仮面ライダー電王・野上良太郎役の佐藤健(さとう たける)は1989年3月21日生まれの埼玉県出身。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月31日 (水) 09時50分

« そして“いわき”に着きました。 | トップページ | 暖かい冬 »