« 今年最初の“新文芸座” | トップページ | 僕が9歳だったころ »

アメノナカノ青空

アメノナカノ青空 スタンダード版 DVD アメノナカノ青空 スタンダード版

販売元:松竹
発売日:2006/04/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

不治の病で死んでいく・・・こういう系の物語によくあるパターンだけど、単純にいま自分が平穏な人生を生きていけることを感謝せずにはいられない。生涯一度の大きな恋愛に憧れる気持ちはそれがフィクションの中だからである。

40年近く生きてきて自分の性格やらについてなんとなくわかってくる部分が多くなると、こんな映画のような恋が自分には無縁であるコトを感じてしまう。

しかし、そんな自分にないものだからこそ、観る場合にも創る場合にも“創作の世界”にはこういう“恋”や“純愛”を求めてしまうのだろう。「翼もないのに自分の力で空を自由に飛びまわりたい」と願うコトと同じように。・・・こう見えて結構ロマンチストなんですよ。

“純愛”は昨年のテーマだったけど40代を生きるテーマに昇格しそうである。

|

« 今年最初の“新文芸座” | トップページ | 僕が9歳だったころ »

韓国映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/173009/4947647

この記事へのトラックバック一覧です: アメノナカノ青空:

« 今年最初の“新文芸座” | トップページ | 僕が9歳だったころ »