« 今日で5日目… | トップページ | 昨日の夜のこと »

“烈”の旗の下に(^o~)/

銀河烈風バクシンガー(1) DVD 銀河烈風バクシンガー(1)

販売元:メディアファクトリー
発売日:2003/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

パソコンテレビ「GyaO」にて視聴(無料放送)

当時中学生だった頃はやった「J9」~銀河○風~シリーズの2作目。

新撰組』をモチーフにしたスペース・オペラ・アニメーション。(SFっていうよりはスペ・オペね)ストーリーの流れは歴史上の新撰組の活躍から五稜郭で土方歳三が戦死するまでをなぞってます。だから物語は“大団円”ではなく“悲劇的”な結末を迎えるのです。

最終回のタイトルは『烈風散華』~志を胸に燃やしながらみんな華々しく散ってゆくのです(涙。。。)

青春の若き血潮をたぎらせて、バイクに乗った若者が乱世の時代を駆け抜ける。』

コレは面白いですよ!なんてったってバイクが空を飛び宇宙を駆け抜け、そんでもってチャンバラするんだから。こんなトホホハチャメチャな作品作りが『国際映画社』っていう制作会社の目玉でした。放送局も「テレビ東京」っていう「地味派手」な感じが良い。

2台のバイクと2台のサイドカー、3輪バギーの計5台が巨大化+合体して誕生する無敵のロボット『バクシンガー』はケレン味あふれきってます。バイクで「ばく進」するのと、新撰組系の「幕臣」を掛けたこのネーミングが素晴らしい!!

この「J9」シリーズは音楽も目玉の一つ。担当は「タイムボカン・シリーズ」でおなじみ「山本正之」氏。前作『銀河旋風ブライガー』ではロックなサウンドをギンギンに取り入れ、この『銀河烈風バクシンガー』ではなんと大胆にも“津軽三味線”なサウンドを取り入れているのです。「スペ・オペ」に「津軽三味線」この組み合わせが“Good Job”を醸しだすのです(b^-゜)

コレを見てドカンちゃんは新撰組を好きになって、新撰組を題材にした時代小説を読み漁りましたヨ。懐かしい。。。

燃えよ剣 Book 燃えよ剣

著者:司馬 遼太郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑1番のお気に入りがコレ。司馬遼太郎・作「燃えよ剣」。土方歳三贔屓です。

そんな新撰組を知るキッカケとなった名作スペ・オペ・アニメ『銀河烈風バクシンガー』。

彼らが掲げた『』の字のチーム旗~新撰組の『』みたいなモノ~に憧れ、まだバイクに乗れなかった中坊のドカンちゃんは塾帰りの夜に友達と共に、、、

「♪レツッ、チャチャ(手拍子)♪レツッ、チャチャ(手拍子)♪レツッ、チャチャ(手拍子)」

なんてテーマ曲を歌いながら“チャリンコ”で爆走してたコトが懐かしく思い出されました。

『永遠の夢追い人』であるドカンちゃん(石潰しって呼ばないで・・・)もいつかこんなバイクチームを作りたいと思いました。

ちなみにGyaOの無料アニメ放送『銀河烈風バクシンガー』はこちらでご覧になれます。期間限定なのでお早めにどうぞ。

http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0001553/

|

« 今日で5日目… | トップページ | 昨日の夜のこと »

バイク」カテゴリの記事

懐かしのアニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日で5日目… | トップページ | 昨日の夜のこと »