« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

ラストは“武士の一分”

レイトショーの1本目「硫黄島からの手紙」に続き、2006年に観た映画のラストを飾ったのはキムタク主演の話題作『武士の一分』でした。

061231_00460001_1 たまたま今回見た2本の看板が並んでいたので、ブログ用にと思って一枚“パチッ”

いろいろと賛否両論の~どちらかというと良くない評判が多く耳に入ってきたこの映画でしたが~ドカンちゃん的には良い映画でしたよ。

主演が美男美女ってのは確かに良いですね。ってそれだけじゃなくて、「夫婦の“”が漂い伝わる”映画」でした。

加世・役の女優「壇れい」さん。キレイですね。好きになりました。

特に右側からのアップが好き(=^▽^=)

そして・・・キムタクは確かにキムタクだったけど、ドカンは好感をもちましたヨ。ちゃんと映画俳優してました。

キムタクの演技か?はたまたメイクのせいなのか?

どちらかはわからないけど、彼の“”の変化が良かった。

目的なく日々を暮らす“冒頭”から事件が起きて絶望へと落ちていく“中盤”、そして『武士の一分』という言葉を口にする“終盤”のそれをキッチリ演じていたように思います。

キムタク演じる下級武士「三村新之丞」と、壇れい演じる妻「加世」。

2人の“”がフィルムを通してコチラに伝わり、ある場面では観ている自分も本当に胸が苦しくなりました。

しかしラスト・カットで物語は居心地の良いトコロに収まって、観終わった後に暖かい気持ちになれました。

静かにゆったりとした~日本映画らしい空気漂う逸品~1年の〆として“観心地”の良い映画でした。

2007年にも良い映画にめぐり逢えますように・・・。

そしてこんな稚拙な文書にお付き合いくださった方々へ。どうもありがとうございました。

もしかしたら2006年のブログ更新はこれが最後かも、です。

また来年もどうぞ変わらず遊びに来て下さい。

2006年が皆さんにとって「よかったッ」という一年であったこと、そして新年=2007年が更なる「よかったイヤー」となりますように・・・ココロから願っています。

では、また・・・ドカンより愛をこめて~(^‐^)丿~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年の見納め

061231_00460001 2006年の映画の見納めってコトで行ってきました、レイトショー。

最初は1本のつもりだったんですけどね、30日(土)は25時代の上映まであったものでハシゴで2本。

1本目は洋画の日本映画(?)『硫黄島からの手紙

イラクの元大統領フセインの死刑執行のニュースを見まして、「これはドカンちゃんも一つ“戦争”ってモンについて考えてみよう」ってなコトを思いまして“この作品は年内に見ておこう”と決めました。

栗林忠道 硫黄島からの手紙 Book 栗林忠道 硫黄島からの手紙

著者:栗林 忠道,半藤 一利
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑こちらはもしかしたらこの映画の原作になるのでしょうか?そういうコトではないのかな?モノ知らずで済みませんm(_ _)m

実在の人物や事柄を題材にするときに我々は実際のその時に“本当に交わされた言葉”の全てを知り得る術を持ちません。取材し、その資料を検討し、その事件のシルエットを描き出していく。更にはそこに作品の送り手の解釈などが絡んできます。

クリント・イーストウッド監督の映画は硫黄島というトコロで起こったコトを淡々と語っていたように感じます。誇大な表現はなく、感情的なモノを投げかけられるでなく・・・かといってドキュメンタリーのような生々しさを送りつけるでなく。

“時”というものが、こちらの想いとは関係なくただ流れていくが如く、砂時計の砂が積み重なっていくように、ある事実に向かってフィルムが進んでいくようでした。

硫黄島で行われたコトと、その結末について。

そして感じたコトは『暴力というものの不条理性』について。

かってこの国は戦争の渦中にありました。その多大な犠牲の果てに成り立つ今の日本という国に生きるモノとして、今、何をすべきか?

青臭い自分は、「自分の命を慈しむように他人の命を愛し、尊ぶコト」について考えていく~そんなコトをテーマにモノを創っていく。そんなコトを思うのです。

戦争なんてしたくない!!

切にそう思うドカンちゃんは~痛いのや怖いのが嫌いだし、他人を殺せる程の度胸もないし~だからそういうコトが起こらないように世間に“演劇などを通して”訴えて行きたいと思うのです。

機会があればもう一方の『父親たちの星条旗』も観たいなぁと思いました。来年は監督「クリント・イーストウッド」を追いかけてみようと思います。

見終わった後、満足感が高かったのでそれをお土産に帰っても良かったんだけど、もう1本気になる作品があって、上演時間までは1時間・・・どうしようかな?と思ったんですが観ていくことに決めました。

2006年の最後を飾ってくれた1本はキムタク主演の話題作『武士の一分』です。

~つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また一つ歴史が動きました。

フセイン元大統領死刑執行。
2006年も残り僅かなこのトキに、歴史のページに新たな出来事が刻まれました。

はるか遠くの海の向こうの国の出来事と捉えがちですが、世の中全ての出来事がバランスの中で繋がりあっていると考えれば、これは我々も無関心でいていいことではないでしょう。
新年に向けて、今年起こった色々なコトに思いを馳せる夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年のよかった“ナイロビの蜂”編

先までは韓国映画でしたが今回は“よかった洋画”ってことでコチラ。

ナイロビの蜂 DVD ナイロビの蜂

販売元:日活
発売日:2006/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドカンちゃん的には「ダビンチ・コード」よりよかった。

映画紹介コメントや解説者の方が「これは愛の物語」ってな紹介を多くしていた印象がありました。

しかし劇場で見た予告編からの自分の印象は“硬派な社会派ドラマ”。

そのギャップが気になっていてロードショーをチェックしたかったんですが、タイミングが合わずに見過ごしてしましました。

その後お気に入りの映画館「新文芸座」で上映されたので喜んで見に行きました。

外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、妻テッサ(レイチェル・ワイズ/本作でアカデミー賞助演女優賞を受賞)と駐在先のナイロビで暮らしていたが、ある日突然テッサが殺人事件で死亡したとの知らせが届く。疑念に駆られて真相を究明しようとするジャスティンは、やがて世界的な陰謀と対峙(たいじ)することになってしまう…。』↑Amazon.co.jpの商品説明欄より一部抜粋

真相に近づいていく様子はサスペンス感が盛り上がっていきます。その果てにジャスティンが見つける真実とは・・・。

社会の巨悪に挑む小さき者の正義」ってのはドカンちゃんの好むトコロ。しかし結末を観て感じたコト~『これは愛の物語だった』ってコト・・・。(しかしこの結末はココロが痛い。)

そんなココロの痛みを抱えつつ、間の併映作を挟んでもう一回観ちゃいました。

『地の果てで、やっと君に帰る』

このキャッチコピーが胸に響く逸品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

忘年会

今夜は芝居仲間が集まっての賑やかな忘年会でした。
ダーツバーの二階を貸し切っての大騒ぎ(*^-^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年のよかった”永遠の片想い”編

池袋の映画館「新文芸座」に通った2006年の新春。

そこで出逢った数々のお気に入りの映画たち。その中でも特にココロ魅かれた作品は・・・。

永遠の片想い DVD 永遠の片想い

販売元:タキコーポレーション
発売日:2004/12/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちら「永遠の片想い」でした。

2006年1月21日(土)~この日ドカンは、決して実るコトのない“片想いの恋”に落ちました。

イ・ウンジュ

主人公ジファン、写真が趣味の彼が構えたカメラのファインダーに不意に飛び込んでくる女性の影。

イ・ウンジュ」との初めての出会いでした。

その瞬間はピンボケだった彼女の姿・・・驚いて顔を上げたジファンの眼に映る快活そうな印象の女の子。

ドカンが恋に落ちた瞬間でした。

それからは彼女の“”に、“”に、“しぐさ”に釘付けでした。

~決して届かない想い~

スクリーンの彼女に恋した1月21日~しかしそれは、彼女の命日の僅か一ヶ月前のコト・・・彼女は『2005年の2月22日』に、自らその命を絶っていたのでした(涙。。。)

Bookeiennokataomoi 韓国から取り寄せたこの映画の音楽CD~そのメインテーマのピアノ・ソロバージョンをウンジュ本人が演奏しています。

それを聴きながら決して逢うコトの出来ない彼女に語りかけます。

アナタの出演する映画を、もっともっと観たかった

オードリー・ヘップバーンのように、いくつ年令を重ねたとしても、きっとアナタは美しかったコトでしょう。

初恋の想い出は、いつまでも甘く切なくココロに生き続けています。そんなココロの部分に囁きかけてくるような・・・哀しくて切なくて・・・そして暖かい気持ちになれる映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「米米CLUB演劇部公演」を観てきました

ダンス仲間のツテでご招待頂きまして見て参りました(^o^)丿

米米CLUBジェームス小野田さんと石井美奈子さんによる「米米CLUB演劇部」公演です。

場所は「東京芸術劇場・中ホール」

タイトルは・・・

逆アンチエイジング・ラブ・コメディ『私がオバさんになってる!?』

米米CLUB演劇部としての第一回公演だそうです。

「米米~」って名前が付くだけあって歌あり踊りありの楽しいお芝居。年忘れって感じてイッパイ笑わせていただきました。

さすがジェームス小野田さんは“快人~かいじん”って感じでしたね。愉快で存在感がありました。

ジェームスさんとは某局のモノマネ番組でアフロのカツラをかぶってウチのリーダーのマネをしたときに、そのバックで踊らせて貰ったことがありました。そんな縁もあって、終演後にチョコットご挨拶させていただきました。

現在演劇部員は小野田さんと美奈子さんの2名とのこと。次回公演で部員を募集するならオーディションを受けさせて下さいなんてお願いしちゃいました。

公演は今月30日までとか。まだ弱冠当日券もあるような話しもありました。年末にちょっと笑ってみたいナァって思ってるアナタ。アナタが“米米世代”ならもしかしたらハマるかもしれませんよ、この舞台。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

点検の間に

061228_15390001_1

愛車を点検してもらってる間に近くのファミレスでお食事。
待ってる間にブログの更新です。

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

メニューは地鶏のステーキ。
選択の決め手は付け合わせの“ジャガバター”
埼玉県川越市の出身で親が鹿児島人なのでサツマイモ好きだけど、同じくらいジャガイモ好きなんですョ♪(*'-^)-☆
使ってる地鶏は四国・徳島産の『阿波尾鶏』
以前ツアーで徳島を訪れたトキにもいただきました。

まいう〜(^ε^)♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛車を定期点検に…。

愛車を定期点検に…。

愛車を点検に持って行きました。

昨日もそうするつもりだったんですけどね、あんまり気持ちよい天気だったんで…。
今日はそんなコトのないように、あらかじめ予約を入れておきました。
外に出たら、今日も昨日に劣らず気持ちよい天気。出かけたい気持ちを抑えて店に向かいました。

行ったのは『レッドバロン練馬店』
ちょっと前にパンクを直してもらったトコロです。

レッドバロン練馬店があるのは環八と新目白の交差点のすぐ近く。ドカンちゃんトコからバイクで10分程の距離。
近い(=^▽^=)
スタッフの印象が良くて、対応もグッドです(b^-゜)
バイクを買おうと思っている方、一度見積もりを取りに近所のレッドバロンを訪れてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年のよかった”韓流シネマコレクション”編

ドカンちゃんの2006年の幕開けを飾った「“韓流”シネマコレクション2006」。5日通って10本の映画と出会いました。お目当ての「チョン・ジヒョン」を筆頭に観た映画の全てが宝物になりました。

ホントはもっと観たかったんだけど・・・ドカンちゃんも遊んでばかりいられないんで。

先ず見つけたのがこの人の作品~『ペ・ドゥナ

子猫をお願い DVD 子猫をお願い

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/01/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

同時上映は「ほえる犬は噛まない」

ペ・ドゥナ」は「ブルー・ハーツの曲をコピーする女子高生の話し=『リンダ・リンダ・リンダ』にて韓国人留学生役で日本映画にも出演していますネ。

リンダリンダリンダ DVD リンダリンダリンダ

販売元:バップ
発売日:2006/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑これの向かって一番右の人。なかなかキュートな女優さんですよ。

それから先に一度取り上げた“デュエリスト”の「カン・ドンウォン」主演『オオカミの誘惑

オオカミの誘惑 Music オオカミの誘惑

アーティスト:サントラ,イ・スフン,チョン・ジェイル,イ・ウン,フラクタル feat.スクエア&アッシュ,フラクタル feat.イ・ジョンピョ、キン・ジャンゴ、ヨシ
販売元:Sony Music Direct
発売日:2005/03/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちら画像の真ん中の人。

彼女を信じないでください (通常版) DVD 彼女を信じないでください (通常版)

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2005/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この日は「カン・ドンウォン」特集の日で、お目当ては同時上映の『彼女を信じないでください』(「キム・ハヌル」と両主演)だったんだけど・・・。

「彼女を~」は“ラブ・コメディー”。モチロン面白かったけど、「オオカミ~」の方が胸が切なくなる映画で、“切ない”モノ好きなドカンちゃんはコッチをよけいに気に入ってしまったのです。

いろいろお気に入りがイッパイだった「”韓流”シネマ~」ですが、ここで“最高のお気に入り映画”に出会いました。

その映画のタイトルは『永遠の片想い

この映画でドカンちゃんは、ある女優さんに「永遠の片想い」をしてしまったのでした。

~“永遠の片想い”編につづく~

|

夕焼けに染まる富士山

夕焼けに染まる富士山を見たい。そう思って西を目指しました~前記事のつつきです。

いつもなら下道でのんびり行くところですが、冬の日照時間は短いですからね。今回は時間重視で有料道路を使うつもりでした。

国道1号から「新湘南バイパス」へ。海沿いの道を走りたいと思ってそのまま「西湘バイパス」に入ろうと思ったら・・・強風のためでしょうか通行禁止になっていました。残念。

ならば「小田原厚木道路」~晴れた日には富士山が見えるって話しを聞いたような記憶があったものでそちらを行こうと思って進路を変えると・・・どうも曲がるトコロを間違えたみたいで、いつまで走ってもそれらしい進入口が見当たりません。

ここですっかり時間をロスしてしまいました。明るいうちにサッと行ってサッと帰るつもりが陽がドンドン傾いていきます・・・。

マチガイに気付いたら直ちにそれを訂正するのが正解、ってことで、改めて国道1号に戻って、「小田原厚木~」への入口を探すけど良くわからず・・・。結局そのまま国道1号を箱根方面へ進むことにしました。

061227_19500001 そして箱根へと続く「箱根ターンパイク」の入口にたどり着いたときにはもう陽も沈みかけた感じ。

トイレを早々に済ませ~日が暮れると急に寒くなりますからね~ターンパイクへと乗り入れます。

ここ「箱根ターンパイク」をバイクで走るのは人生2度目です。休日だと車も多いようですが平日は空いていて、後ろに“速そう”な人たちにつかれる心配が少なくて安心です。

ヘタれなドカンちゃんは安全運転で少しずつ標高を上げていきます。

途中下界を見下ろすと・・・

061227_19500002 あれは湯河原方面でしょうか、木々の間から遠くの街灯りがキレイに見えました。

毎回夜景を撮るときに思うんですけど、肉眼ではキレイに見えるこんな景色が、カメラだと暗すぎてよく写せないんですよね。人間の眼って本当に良く出来てるんですね。感心します。

日が沈みかけ、標高も上がってくると、少しずつ風も冷たくなってきました。

Photo_2 そしてたどり着きました、「箱根大観山」

ここは休日にはたくさんのバイク乗りが集まり、とても賑わっている、下界には芦ノ湖が広がり、目の前には山の峰々が連なり、そこに一際目に付く富士の山が・・・のハズなんですが。

←これは以前の写真。

今日はもうすっかり日も暮れてしまって・・・

061227_22470001 夕焼けの中に富士山のシルエットがかろうじて見えるだけでした。

それでも、まぁ“富士山を見る”って目的は何とか叶ったかな。

夜の闇に消えて行く富士山を眺めながらホット缶コーヒーを“グビッ”

去り行く2006年に、暫し思いを馳せたドカンちゃんでした。

そしてその数分後・・・当初の午後から夜間にかけての予定は全てご破算。真っ暗な峠をビクつきながらゆっくりと帰ることになり、ちょっとばかり悲しいドカンちゃんがいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょいと箱根まで三 (/ ^^)/

ちょいと箱根まで三 (/ ^^)/

今日は暖かかったですね。風がモーレツに吹いてたけど気持ちのよい1日でした。
昼前に目が覚めて、今日はバイクを点検に出すつもりだったんですけどね、あんまり気持ちよい天気だったのでついつい足をのばしてしまいました。
今年中に富士山を見ておこうと思いまして。
サラッと往復出きるだろうってな気持ちで「第三京浜」から「横浜新道」を快調に抜けて国道1号へ向かいます。
国道1号は新年に行われる箱根駅伝の舞台となる道ですね。来年はどんなドラマが展開されるのか…そんなコトを思いながら西へ向かってバイクを走らせました。
夕焼けが目にしみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年のよかった”新文芸座”編

「韓国映画」・・・というよりは「チョン・ジヒョン」にすっかりハマってしまった2005年の末。

明けて2006年は、池袋にあります「新文芸座」という映画館へ通うコトから始まりました。

『“韓流”シネマコレクション2006』です。

1月14日~27日まで。毎日替で二本立て。しかも入れ替えなしで、入場料は一般\1,300-。三回通し券を買えば三回=\3,000-。“友の会”に入会すればもっとお得なことが・・・。

このトキは気になる韓国映画を何本か観たいだけだったので、三回券を買ったドカンちゃんでしたが、それ以外の“映画”自体が面白く感じてきたコトと、この「新文芸座」という映画館が好きになったってコトで、三回券を使い切ったその直後に「友の会」に入会しました。

他のお客さんのマナーも良いし、館内もキレイだし。特に「入れ替えなし」ってトコロがお気に入りです。それまであまり映画に興味のなかったドカンちゃんが映画館へ通うようになった・・・韓国映画から始まった“マイブーム”が洋画や邦画にも広がっていったその影響は、この映画館との出会いがあったからかもしれません。

ドカンちゃんの記憶が確かなら・・・ここはその昔、映画館と一緒に小劇場もあったんじゃないかナァ。

文芸座ル・ピリエ

アンダーグラウンドな感じの小劇場。舞台と客席の間にちょっと大きな“”があって、それがその劇場の名物でした。

ル・ピリエってフランス語か何かで“”って意味だったという事を聞いた覚えがあります。

ドカンちゃんも20代の頃に、そのル・ピリエの舞台に立ったコトがありました。

コレを書いている今、外では雨が降っているけど、その時に出演していたのは『こんな素敵な雨の日は・・・』っていう、歌と踊りで綴るミュージカル風な作品でした。音楽は生バンドでした。

雨の日ってのはちょっと憂鬱になりやすいけど、見方をかえれば素敵なこともあるんじゃない?」ってなコトを、歌やダンスにした舞台。傘を使ったちょっとシャレた踊りや、雨に打たれながら(実際には降らせないけど、そういうイメージね)口ずさむブルースとか・・・。

その“”劇場が何年か前に一度閉鎖されて、改めて開館したのがこの「新文芸座」だったんじゃないかなぁ。

そんな池袋の映画館に2006年の新春、大好きな「チョン・ジヒョン」に“逢いに”行きました。

そう、“映画を観に行く”ってよりは、大好きな人に“逢いに行く”感覚でしたよ、その日は・・・。初めてデートに行ったトキみたいにちょっとばかりドキドキしちゃって・・・ちょっと恥かしい話しですけどね。

イルマーレ THE PERFECT COLLECTION DVD イルマーレ THE PERFECT COLLECTION

販売元:松竹
発売日:2005/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑そのトキに見たのが「猟奇的な彼女」とこちら「イルマーレ」の2本。

今年「キアヌ・リーブス」と「サンドラ・ブロック」の共演でハリウッド版が公開されましたけど、そのオリジナルがこちらです。「チョン・ジヒョン」と「イ・ジョンジェ」によるラブ・ロマンスです。

「イ・ジョンジェ」は今年公開された「タイフーン」に「チャン・ドンゴン」と共に主演していた人です。笑顔が魅力的な俳優です。

一番のお目当てはこの2本。しかしこの映画館には、ドカンちゃんを“韓国映画の虜”にする更なる出会いが待ち受けていたのでした。

~後編につづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補講終わり~今日から冬休みです

26日、講師をしている専門学校「東京アナウンス学院」での仕事納めでした。

本当はもうレギュラーシーズンは終わって予定表上は既に“冬休み”なんですけどね。

11月29日(水)にあった新宿文化センターでのコンサートで、授業1回自習にしちゃったんで、その分の補講でした。

何人か体調を崩したり帰郷してたりで全員は揃わなかったケド、終わったあとに簡単な忘年会&お疲れ様会ってコトで食事にいきました。

今日補講のクラスは「声優科」といいまして、文字通り「声優になりたい」って思っている子たちです。その一年生たち。まだ右も左もわからない“ヒヨッコ”たちです。

それは20年前の自分の姿です。

ドカンが「アナウンス学院」に入学して芝居の勉強を始めた頃に生まれた子が、今ドカンちゃんの生徒として頑張っています。

新年明けたらもう間もなく一年生はお終いです。

胸を張って彼らを二年生に送り出せるように、残り僅かな時間ですが、楽しく厳しく接して行こうと思っています。

『夢持つ若者よ・・・未来の自分に恥じぬ今を過ごしなさい』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年のよかった”韓国映画”編

2006年の「よかった」の一つに『韓国映画との出会い』があります。

それまでは“冬ソナ”にも“ヨン様”にも“ジウ姫”にも興味のなかったドカンですが、今年はかなり「韓国映画」にまみれた一年でした。~ちなみにいまだに“冬ソナ”は見ていませんけどね~

出会いはTSUTSYSのレンタルDVDで借りたこの一本・・・

僕の彼女を紹介します DVD 僕の彼女を紹介します

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この映画で主演「チョン・ジヒョン」にココロ奪われ、監督「クァク・ジョエン」のセンスにくすぐられました。

このとき感じた興味はその後に見たこの作品で決定的となります。

猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 DVD 猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2005/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「僕カノ」から「猟奇的」というのは作品の順番としては遡るコトになります。

「猟奇的」の中でジヒョンが演じた“彼女”という役、それをイメージソースとして「僕カノ」という作品は描かれている部分がありますから。だから「僕カノ」を観た直後に、モーレツに「猟奇的」が観たくなったのです。

この中でジヒョンが演じる“彼女”の強烈なキャラクターとその奥に描かれる“切なさ”。

それを包み込む「チャ・テヒョン」演じる“キョヌ”の“優しさ”。

自分のツボを確実に突いてくる監督の“センス”。

どれもがみな魅力的に映りました。

でも本当は、これは2度目の出会い。ドカンはこの時以前にも「猟奇的」を観ていました。

~「僕カノ」が日本で封切られた年、それにあわせてジヒョンの前作である「猟奇的」が日本テレビで昼間に放映されていた記憶があります。年末の大掃除がてらそれを観ていたんです。~

その頃ってのは韓国にも映画全般にもあまり興味が行ってなかった頃なんですよね。ラストシーンのヒネリに“なるほどね”って思ったしジヒョンをみて“キレイな女優さんだな”ってのは確かに思ってたコトは憶えてるんですけどね、それ以上ココロに響くことはなかったんです。

出会いには「タイミング」ってのも重要なんでしょうね。

パソコンの小さな画面で何十回と繰り返し観たこの映画を「劇場の大スクリーンで観たいッ!!」そう願っていたのが2005年末のコトでした。

その願いは、2006年明け早々に叶えられる事になりました。

そしてそれが更なる嬉しい出会いへと繋がっていくのです。

年明け早々から池袋の映画館「新文芸座」にて韓国映画特集が組まれていました。

更なる映画たちとの出会いをもたらしてくれた「新文芸座」との出会いです。

~“新文芸座”編につづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨星、逝く・・・

ジェームス・ブラウン デビュー50thアニヴァーサリー ジェームス・ブラウン ソウルセッション1987 LIVE at Taboo Club DVD ジェームス・ブラウン デビュー50thアニヴァーサリー ジェームス・ブラウン ソウルセッション1987 LIVE at Taboo Club

販売元:アイ・ヴィー・シー
発売日:2006/04/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

J・Bの曲で踊らせてもらったコトもありました。

ココロよりご冥福を祈ります。

ドカンより愛と尊敬を込めて~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの思い出

サンタクロースっているんでしょうか? Book サンタクロースっているんでしょうか?

著者:東 逸子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

近所の保育施設に遅くまであかりが灯っていました。楽しくクリスマスパーティーをしてるんでしょうね。

その昔・・・子供会のクリスマスパーティーが、毎年の楽しみでした。近所の農協の2階の会議室を借りて、折り紙で作った飾りをして・・・袋に入った御菓子~お楽しみ袋~。定番の三角帽子にクラッカー、クリスマスソングを歌って、紙芝居を見て、みんなで楽しく過ごしました。

当時大好きだった「ピンポンパン体操」で大盛り上がりしたのを覚えています。

年末って、子供の頃には一大イベントでしたね。クリスマスプレゼントに、その後やってくるお正月にはお年玉もらって。

でもやっぱり一番のトキメキはサンタクロースのプレゼントでした。

朝起きたら枕元にプレゼントがあったトキには本当にココロがときめきました。

今はもうウチにはサンタクロースは来てくれないけど、あの時には本当に来てくれたんですヨ。

子供の頃に感じていたたくさんの「よかった」

いつか世界中が、そんな新鮮な喜びでイッパイになりますように・・・。

メリークリスマス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の住宅街に発見(☆o☆)

夜の住宅街に発見(☆o☆)

もしやと思って夜の住宅街を探したら…

やっぱりいましたよ『サンタクロース』

ヽ(゜▽、゜)ノ

煙突のない現代ではサンタさんは堂々と正面からやって来るようですね〜階段を使えば楽なのに、気を使って足音をさせないように光りのロープを使います〜

プレゼントは何かな。

とあるアパートのクリスマスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマス(^O^)/

061224_18580001_1 

ハッピーメリークリスマス♪(*^ ・^)ノ⌒☆

サンタさんに…というよりは世界の人々へのお願い。

『世界が等しく平和でありますように。』

そのために出来るコトを探して行きましょう。

061224_18180001 そして、カウンターは・・・

ブログ開始満2ヶ月を過ぎて『3333』を迎えました。

どうもアリガトー(ノ^^)八(^^ )ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はクリスマスイブですね。

061223_23400001 夜、帰宅途中に見つけたご近所さんのツリー。

綺麗だったので思わずパチリ、です。

今日はクリスマスイブ。

ウチには煙突がないので、きっとサンタさんは来てくれないでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年踊り納め!

23日(土)夜。

クリスマスディナーショーの二回目も盛況のうちに終えるコトが出来ました。

ご覧頂いた皆様にもよろこんで頂けて、「おやじダンサーズ」としても最高の踊り納めが出来ました。

応援してくださった皆様、今年もありがとうございました。

そしてどうか来年もまたヨロシクお願いします。

061223_21470001 ←こちらショーにのあったホテルの前の風景。

通りの奥の左側に小さく見える青緑色が、先の記事で紹介した大きなツリーです。

そして・・・

夜になったら天井が「天の川」になってました。

どうか皆様、よいクリスマスを(^O^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディナーショーじゃなくて…

ディナーショーじゃなくて…

ショーの一回目は昼の2時から。

ディナーショーじゃなくて“ランチショー”ですね。
お客さん、いっぱい来てくれました。ありがとうございますm(_ _)m

もう一つよかった話し。
照明のスタッフさんの中にその昔、児童劇をやってた頃にお世話になってた方がいらっしゃいました。
ドカンちゃんは当時照明班だったので、いろいろ勉強させてもらってました。
少しは成長した自分の姿を見せられたかな…。
(#^-^#)

ショーは夜にもう一回。
今度は文字通り“ディナーショー”です(^ε^)♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のクリスマスツリー

今日のクリスマスツリー

京成千葉中央駅。

ディナーショーのあるホテルの前に飾られてます。

結構巨大なクリスマスツリー。キラキラ光ってキレイです♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬至の夜には…

冬至の夜には…

冬至の夜にはゆずでポカポカに温まりましょう(*^_^*)

明日は『おやダン』の仕事で“ディナーショー”
朝がちょこっと早いので早めに休みます

お休みなさい(-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みつばちマーヤの冒険

みつばちマーヤの冒険 Yahoo動画で鑑賞「みつばちマーヤの冒険」

チーターこと水前寺清子が主題歌を歌う古い方のアニメです。

ドカンちゃんが子供の頃の作品だから随分古いはずなんだけど、全然見劣りしないですね。

昔のこういった名作モノっていうのかな・・・いい番組は、お父さんお母さん、ぜひ子供に見せてあげて下さい。もしくは絵本を一緒に読んであげるとか。ゲームばっかりやるより絶対良いと思いますよ。

大人が子供に伝えていかなくちゃいけないコトって、今の世の中からだんだん薄くなっていっているような気がします。

命の大切さとか、優しさ、いたわりのココロとか・・・。

無料配信では第1話しか観られないみたいだけど、先が気になってます。

※ダイヤルアップだとこういうのが観られないんですよね。また繋がらないと困るナァ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンコインの温もり…

ワンコインで…

続・深夜の第三京浜保土ヶ谷PA。

ワンコインで買える温もり。24時間フルタイムOK。

孤独を愛する者〜我が名は『バイク乗り』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンバトラーVその2

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(23) テレビオリジナルBGMコレクション コン・バトラーV 「レッツ、コンバイン!!」コンバインっていったら当時は田植え機の名前が同じだったような気が・・・。

現在Yahoo動画で無料で見られるのは第九話まで。

当時には気付かなかったけど、この前半部分には「地球の環境破壊」や、「それを行っているのが他ならない人間である」ことが随所に散りばめられていたんですね。

コンバトラーを開発した博士は死んでしまうし、主人公は両手を失ってしまうし・・・なかなかハードな導入部ですね。

命に代えても守りたいもの、両の腕を失ってなお戦い続ける勇気。

そしてその戦いの果てに、自分の腕を奪った相手に対して芽生える友情にも似た感情を描くことは、物事を解決する為の手段は闘うこと以外にもあるはずである~そんなコトを教えてくれます。

ドカンちゃんが昔出演していた児童劇「昆虫記」

ファーブルの昆虫記に材を得たそのお芝居の最後にこんな台詞が出てきます。

「手に武器を持つより、その手で握手をした方がどんなにマシだろう。」

『弱肉強食の世界において、食うモノと食われるモノとが友情を育み共に暮らしていく、そんなことは決してあり得ない・・・しかし我々人間はそうではないんじゃないか!?』しかし現実はイジメや自殺、殺人や国際紛争に多くの血が流されています。

たとえ無力でも、そんな現実に問い続けたい。それがこの世界に身をおくコトの理由である事を改めて感じました。

たかがアニメ鑑賞に、ちょっとオーバー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスには・・・

061203_00470001 クリスマスって言えばやはり“ディナーショー”でしょう(^o^)丿

ってコトで、今日は「おやダン」はディナーショーです。

いってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜の第三京浜

深夜の第三京浜

深夜の第三京浜、保土ヶ谷PA。

駐車場には仮眠をとるタクシー。

やがて売店の奥に明かりが灯り、おばちゃんが一人、開店準備を始める。

眠れない冬の夜に、一杯のホットミルクより冷たい風を好む者…我が名は『バイク乗り』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスツリーっぽくない?

061214_13450001 のクリスマスカラー。

シルエットがちょっとツリーっぽいかなと思ってパチリッ、させてもらいました。

ところで今回はちゃんと繋がってます、インターネット。

PenPenさんいろいろ調べてくれたみたいでアリガトウございます。

最後の手段=“やめちゃったふり”作戦=「おまえのコトなんか気にしてないよ」と機械に思わせて油断させる作戦(パチンコではまりだしたトキに使うオカルト作戦)を展開したら今回は繋がった。

どういうこと(?o?)

やはり怪しいのは“ルーター”?プロバイダーに電話するのが早いかな?

次回に上手く繋がるかでその日の運勢を占えそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心身共に寒い日(*´Д`)=з

仕事で大ポカをしてしまいまして…。
ちょっとした勘違いのからなんですが…自分の迂闊さにブルーな1日です(*´Д`)=з

あまりに寒いので、ずっとガマンしてた暖房器具のスイッチを今年初めて入れました。

明日22日は冬至だそうで…柚子湯に入れば心身共に温まりますかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かもめの噴水

061220_20240002 昨日試写会に行ったホールの近所の公園にあった噴水です。

ライトアップされてキレイでした。

「かもめの噴水」というらしい。

なるほどそう云われてみればオブジェが乱舞するかもめの群れのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試写会「リトル・ミス・サンシャイン」

知人がはがきをくれたので試写会に行ってきました。

今週末公開の『リトル・ミス・サンシャイン』

面白かったですよ(^‐^)b

061220_20280002

場所は霞ヶ関の「イイノホール」ってトコロ。

水曜日は授業のある日、なのでそれが終わってから一旦自宅にバイクを戻して、改めて地下鉄で会場に向かいました。

こちら光ってて読めないけど、丸の内線の「霞ヶ関」の出口。

061220_18130001

B2の出口を出たら祝田通り沿いに歩くと目的のイイノホール は目と鼻の先。

方向音痴のドカンちゃんでも迷わずにたどり着けました。

ビルの一階入口にはこの看板。

間違えようがアリマセンね。

ホールは7階、エレベーターで直通です。

映画は120分弱位だったかな。内容は・・・

061220_17150001

細かく言うとネタばれだから・・・ひと言で説明すると「バラバラだった家族が娘のミス・コン出場をキッカケにその絆を取り戻していく」っていう話し。

可笑しさのなかに哲学的な雰囲気が漂っていて~って、別に小難しい台詞なんか出てこないけどね~観終わったあと、なんかだ暖かい気持ちになれました。

ハートフル・コメディーって云うのかな・・・そういうものが好きなら観る甲斐アップ!!

☆四つ大関級の推薦作です。

よかったらご覧あれ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

年末大安売り(=^▽^=)

年末大安売り(=^▽^=)

出先で見かけた赤い幟〜大安売り。
この言葉に弱いんですσ(^-^;)

某靴の量販店です。

冬用の防寒・撥水仕様のスニーカー2足で¥3,000ーなり。
安い安いで大喜びv(^-^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しい風景・・・

061127_14070002

捨てられたヘルメットにかかる花びら。

とある冬の、寒い朝のひとコマ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の歩く道・・・

前からずーっと思ってました。SMAPの剛クンって、韓国俳優の「チョ・スンウ」に似てるな~って。

マラソン DVD マラソン

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちら↑に主演しています方です。画像が小さいからわかりにくいけど雰囲気似てませんか?

この「マラソン」は「僕の~」と同じく自閉症の青年が、こちらは文字通りフルマラソンに挑戦するお話し。

この「マラソン」の影響があるからか、最終回では、輝クンのグループホーム行きを素直に受け入れられないお母さんの、“もしかしたら輝クンへ逆依存的な関係”ってトコロを最後に突いてくるのかと思ったら~周りの人たちが輝クンに影響されて自分の人生の“立ち位置”を確認していくっていう構成のドラマだと思って観てたから~意外にアッサリと認めちゃいましたね・・・。

って、ドカンは「僕の~」を毎回欠かさずに見ていたわけではないので、母子関係がそういう方向に描かれていたかどうか、確信ないんですけどね。

物語は感情を表に現さない輝クンのごとく静かに幕を閉じましたね。

「マラソン」の方は劇場では見ていなくて、DVDを買いました。もともと「チョ・スンウ」が好きな俳優だったんですけどね・・・

王様のブランチのDVD紹介コーナーだったかな。これが発売時に取り上げられて、その映像の一部が流れたんですけど・・・

「チョ・スンウ」演じる主人公が、リアルに自閉症の人っぽくみえたんですよ。

~すみません、この表記にはなんら差別的意図はありませんので、どうぞご了承下さい~

自分が知るそういう方々の姿は、やはりテレビや映画を通じてしか知らないもので、想像や印象にとらわれているトコロが多いと思いますが、劇中自閉症を演じる俳優がちゃんとその役の人物に見えたコトが凄いって思った。

俳優としてはごく当たり前なコトなんですけどね、この『当たり前』がとても難しいコトなんです。

日本にいる自分は「チョ・スンウ」がバラエティー番組などで見せている“役以外の顔”を知らないせいもあるでしょうが、“剛クン”はやっぱり“剛クン”に見えちゃうんですよね。

~そこに親しみを持つってトコはありますよ。ただやはり「武士の一分」で時代劇を演じているキムタクが、やっぱり“キムタク”に見えちゃうって話しを聞くと、自分も同じ感想を抱いてしまうのです、それと一緒かな~

この辺は彼らが“国民的”と云えるほどメディアに露出しているが故の弊害でしょうかね?

“自分”ってモノをベースに役の人物を造型していく限り、何をやっても~いい意味でも悪い意味でも~同じに見えちゃうコトってあるだろうし。

演じるって云うことは、それ程ムズカシイことなのでしょう。

よかったら、ドカン曰く韓国の剛クンが演じるもう一人の輝クンを描いた映画「マラソン」観て下さい。「僕の~」と同じくココロに響く映画だと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェットタオルが好き(^o^)丿

Ca2503112 ジェットタオルが好き。

風で水滴を吹き飛ばすヤツ。

日テレのスタジオのトイレのジェットタオルが強力だった。

家にも欲しいくらい好きだけど、この時期は温風が出ないと指が千切れそうに冷たくて、逆に地獄なんだよね、ジェットタオル。

そんな、優しさと厳しさを併せ持ったジェットタオルが好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xライダーをもう一つ

Xライダーをもう一つ

Xライダーの食玩もう一つ。

ライドルを構えて愛車『クルーザー』にまたがり波間を進むXライダー。

Xライダーは元は「深海探査用のカイゾーグ」~サイボーグじゃなくてカイゾーグ~って設定。だから海戦が得意な、パイレーツ・オブ・カリビアンなライダーです。

そんな彼の愛車『クルーザー』は陸海空どこでも走る優れもの。

そんなバイクに乗りたかったんだよねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルトトリビュート

ベルトトリビュート

食玩です。

『仮面ライダーベルトトリビュート栄光の7人ライダー』より、5号ライダー=仮面ライダーXのベルト。

一発で出ました。(*^-^)b

前にも書いたけどXライダーがお気に入りです。

風車から突き出した赤い取っ手=ライドル・スティックを引き抜いて戦います。
スイッチの切り替えで「スティック」が「ロープ」になったり「剣」になったり…この万能武器が欲しかったんだナァ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

合鍵作成(^o^)丿

061216_19200002_1  ←昨夜、外出先で見つけたので空き時間に“合鍵”を2本作ってもらいました。

一本は恋人に・・・もう一本は

愛人に

なんてことはまったくありません。(ちょっと寂しい・・・)

ドカンはね、よく失くすんですよ、カギ。

先日も旅先から疲れて帰ってきたら玄関のカギが見つからなくって、仕方ないので、~秘密の方法で~我が家に忍び込みました。(ちょっとナサケナイ・・・)

なもんで合鍵2本です。両方とも自分用です。

合鍵を削る音って歯医者さんのドリルの音みたいでしたね・・・背筋が凍る感じで苦手な音でした。

061216_19200001_2 だから寒かったけど外で待ってました。

←隣が花屋さんだったので、待ってる間に一枚パチリ。

合鍵は5分くらいで完成。

「もし調子悪いようなら直しますから」って店員さんが言ってくれたけど、二本ともちゃんと使えました。

これでもしカギを失くしても忍び込まなくて済みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光回線復活

モデムの回線の接触不良だったのかなぁ・・・?

理由はわからないけどネットが復活しました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

いったいどうしたんだーッ!!

いったいどうしちゃったんだーッ!!(ドカンちゃん心の叫び)

ネットがね、ダイヤルアップでしか繋がらないんですよ・・・どういうこと(?-?)

パソコンは「ちゃんと繋がってますよ」って言い張ってるんだけど、開くページはすべて「サーバーが見つかりません」だって。

光に慣れちゃってたからダイヤル~だと遅くて遅くてもの凄いストレス。

モデムが壊れたのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交差点にて

交差点にて

交差点を急ぎ通り過ぎるトラック。

風がとても冷たい夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ときには「クラッシック」もイイですネ(^o^)丿

12月17日の日曜日に大田区民ホールにて催されたコンサート「アプリコ・クリスマス・フェスティバル2006」におやじダンサーズが出演しました。

普段あまり馴染みのない「クラッシック音楽」ですが、久し振りにゆっくりと耳を傾けるのもいいですね。ココロが休まる感じがしました。

本番の演奏は楽屋のモニターと舞台袖から拝聴させて頂きましたが、お気に入りの一曲

パッヘルベルの『カノン』

リハーサルですけど、コレだけは客席の真ん中で堪能させて頂きました。

この曲、ドカンちゃんが韓国映画にハマルキッカケになった・・・

猟奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版 『猟奇的な彼女』や、

監督を同じくする・・・

ラブストーリー 『ラブストーリー』等で、印象的に使われています。

口ずさむと優しい気持ちになれる・・・そんな曲ですネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスツリー

クリスマスツリー

12月17日の日曜日の夜。

「アプリコ・クリスマス・フェスティバル2006」が終わって帰る京急品川駅のホームでであったクリスマスツリー。

帰宅する人々を見送っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TSUTAYA半額(^O^)/

TSUTAYA半額(^O^)/

またまた週末にTSUTAYAが半額です。
しかも本やDVDを買った場合はポイントが2倍ですよ(*^-^)vv
読みたい本もあるし、行くしかないでしょ
三 (/ ^^)/

画像はよく行く某杉並区のTSUTAYA駐車場のイルミネーション。半額の旗が裏返ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のケータリング

今日のケータリング

イチゴ味のキットカットがお気に入り(*^-^)b

今日のケータリング

| | トラックバック (0)

クリスマスまでもう少し(*^-^)b

クリスマスまでもう少し(*^-^)b

近所の保育施設前に飾られたお子様サイズの可愛いツリー。
小さな子にはなるべくたくさんの“綺麗なモノ”を見せてあげたいモノですネ。

ってコトを言っておいてなんですが、今日はこれからクラシックコンサート『アプリコ・クリスマスフェスティバル2006』に出演です。「おやダン、クラッシックで踊る」です。たぶん客席にはファミリーも多いと思いますが・・・

おやダンの踊りは決して美しくありません、スミマセンm(- -)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(・_・)エッ....?

某百貨店のトイレで遭遇!!

本日最大の〇ンチ(・_・;)

さて、この↑のに入る文字は何でしょう?
答えは…

061216_18060001 そうです、ンチです。~ン○じゃないですよ~

トイレで遭遇する最大の・・・と云えばこれ

「か、紙が・・・残り少ない(-.-;)」

ってヤツでしょう。残り80センチ位・・・。しかもスペアは個室の何処にもナイ。

●ンツを下ろす前にこの重大事に気付かなかった自分の浅はかさが悔しい。

改めて●ンツを上げて部屋を変えるか・・・

イヤそんな時間はナイ!!」

事態はそれ程切迫していたのです。

このピンチを如何に乗り切るか。

ここは 男らしく気合一発 !!

o(>Д <)o 「作業を、思い切りキレ良くイタスしかない。」マサに“男のケツダン”です。

大きく息を吸い込んで~イッ気にードンッ。

061216_18060002_1

もてる自身の力の全てと、残りわずかな“カミ”のご加護に助けられ、この最大のピンチを何とか乗り切ったドカンちゃんでした(^-^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男の美学よ・・・

エル・アルコン-鷹- (2) Book エル・アルコン-鷹- (2)

著者:青池 保子
販売元:秋田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お気に入りのこのコミックが宝塚で劇化されていたとか。気になる・・・。

宝塚って、ドカンちゃんも演劇業界の片隅で生きてるくせにまだ一度も見たことないんですよ。ハマル人にはもの凄く面白いって噂を聞きますネ。

『エル・アルコン』だったら観てみたかったな。

いつかまた再演されることがあったら、宝塚フリークのどなたか誘って下さいm(- -)m

コミックもオススメ(^o^)丿悪に身を焦がす熱き男の生き様が描かれた傑作ですよ。

ご一読アレ。

追記)エル・アルコンの上演は来年末との情報を頂きました。※コメント欄の通りすがりの方参照

どうもアリガトウございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レッツ、コンバイン(^o^)丿

頭休めに「Yahoo動画」で懐かしいアニメ『超電磁ロボコンバトラーV』の第1話を見ちゃいました。

懐かしい(ToT)

子供向けだし20年以上昔のアニメだから古臭いトコロは多いけど~って、大人はこういうものは見ないでしょって突っ込みはナシね~今見てもナカナカ良く出来てますよ。

超電磁ロボ コン・バトラーV DVD-BOX DVD 超電磁ロボ コン・バトラーV DVD-BOX

販売元:東映
発売日:2006/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

地球制服を狙うキャンベル星人の決起集会を経て日本は侵略攻撃を受けます。~何故日本?

逃げ惑う市民に混じって正義の砦「南原コネクション」へと集結を急ぐ主人公たちは、いずれも一癖も二癖もある子供たち~何故子供?

そして彼らはたいした説明もないまま地球防衛の戦いへとその身を投げ出してゆくのです!!~今の若者にはナイ素直さでしょう!!

わかりやすい起承転結と必殺技の炸裂!!第1話にはまだ出てこないけど、当時大流行した「ヨーヨー」を武器に取り入れたところなんかは、お子様のココロをワシヅカミでしたね。まさに“カタルシス”のカタマリ!!おかげで脳内リフレッシュです。

古き良き少年時代よ~当時はみんなで歌ってました♪「身長57m・体重550t」その名は「コンバトラ~Vッv(^o^)v

こんな懐かしいモノが今も観られるなんて、ネットってホントに便利ですね(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見上げると・・・

061215_22260001 学校が冬休みに入る前に宿題用のテキストを仕上げなくては・・・毎晩パソコンとにらめっこしているドカンちゃん。

疲れた目をふと上げると、そこにはお気に入りののガンダムが勇ましく(?)並んでます。

ホントはもっとキレイに飾ってあげたいんですけどね、そういうセンスがないみたいで(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ときには「クラッシック」はいかがですか?

12月17日(日)に行われますクリスマスコンサート『アプリコ・クリスマス・フェスティバル2006』に、うちのリーダーがダンス&ナビゲーターってコトで出演するのですが、それにあわせてウチら「おやダン」も、ちょこっとオジャマするコトになりました。

扱う曲はクラッシック。中学生の頃に吹奏楽をやってたから聴くのは好きだけど、それで踊ったことは・・・ナイんじゃないかなぁ?

おやじダンサーが挑戦するクラッシック音楽とのコラボレーション。果たしてどうなるか?

ってコトで、只今新ネタ練習中。興味のある方、ぜひ遊びに来て下さい、って、まだチケット残ってるのかな?

詳細はこちらのページへどうぞ↓

http://www.concertsquare.jp/blog/2006/2006110637.html

ところで14日に天気予報をよく見なかったドカンちゃんはやっぱりバイクでお出かけ。しかも洗濯物を干しっぱなしでした、失敗失敗大失敗です・・・(≧‐≦)ゝ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日の必需品(b^-゜)

雨の日の必需品(b^-゜)

13日夜の天候は予想に反して〜予報じゃなくて予想ね〜雨はあがりました(=^▽^=)ラッキー!

画像はヘルメットのシールドのメンテナンス用〜雨の日に欠かせない3本です。

1.シールドをきれいにする『シールドクリーナー』
2.雨をハジき視界確保『レインブレーカー』
3.内側のくもり追放『くもり止めスプレー』

冬はシールドがすぐにくもるんですよ。普段はプチ裏技で、シールドの内側に中性洗剤を1〜2滴薄く伸ばしたりしてるんですけど、雨降りの日は水滴で泡立っちゃって“くもる”どころじゃなくなっちゃいますからネ。

レインブレーカーは高速走行時に威力を発揮!!時速60㎞も出せばシールドに付いた水滴が左右に流れていきます。

雨降りにはやはり危険は増します。マンホールの蓋や横断歩道の白線は滑りやすいし、視界は悪くなるし。
事故を避けるのに一番イイのは雨の日には乗らないコトなんですけどそこはネ〜バイクに乗るのは“生きざま”ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報的中(ρ_-)o

今日の天気予報では午後過ぎから雨。
予報は的中し、授業終了時にはポツリポツリと降り出しました。

昨日パンク修理に出かけた『レッドバロン練馬店』では挨拶を交わした店員の誰からも「今日は寒かったでしょう!?」って言われました。同じ気温を共有する、我ら“バイク乗り”です。

どうやら夜には雨足が強まるようで…また寒い道行きになりそうです(-_-#)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

愛車復活(^o^)丿

ってコトで久々にバイクに関しての話題。

060926_05580001_1しばらく忙しモードで直している暇がなかった愛車「ボルちゃん」のバンクが直りました。

直してくれたのは「REDBARON」練馬店。新目白通りと環八との交差点に新しく出来た店です。ココはなんと店舗の上がマンションになっていて、そこには各個に小さなガレージが付いていて、つまりは愛車と共に暮らせるマンションなのです。盗難の心配もないし、ナカナカに羨ましいマンションです。

ボルちゃんを買ったのは「五反田」店。その前にここ練馬店が間もなく開店するってのは知ってたけど、それだと納車がG.Wに間に合わなかったんですよ。

支店の何処ででも購入した店と同じサービスを受けられるってのがREDBARONの強み~同じ会員証が何処ででも使えるTSUTAYAと同じね~です。ってコトで、購入は当事ウチからイチバン近かった「五反田」店にしたんです。

ちょうど6ヶ月点検の時期でもあったんですけど今回は時間がなくてパンク修理のみ。点検はまた次回お願いする事にしました。

時間に余裕のあるときにはチョイと流しがてら「五反田」まで足を伸ばすのも良いけど、急ぐときにはやはり近所が便利ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おやダン」出演のCMオンエアー中?

「おやダン」がCMに出てるってメールを何件かもらいました。悲しいコトにドカンちゃんはまだ見ていません。

見かけた方、よかったらどのチャンネルのどの時間帯で見かけたか教えて下さい。事務所から貰うビデオ素材よりも、やっぱりオンエアーをチェックしたいですからね。

061210_13000001←画像は先の記事で取り上げた「体験入学」のレッスンの時に身につける名札です。

コンサートのメンバー紹介MCで「専門学校の先生です」って言うと「エーェ!?」ってなリアクションがありますが、本当なんですよ。“松元 修先生”で~す。(ちなみに本名ね、修って)

ところで今日12月12日は、ドカンちゃんが練馬区民になった日であります。

平成12年12月12日に転入手続きを取りました。並びの数字でとても覚えやすい日です。

ココ練馬に住んで6年経ちました。前にも書きましたが、結構気に入ってますよ、練馬暮らし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Let's「体験入学」(^o^)丿

ドカンちゃんが講師として働いている「専門学校東京アナウンス学院」で、12月10日(日)に年内最後となります『体験入学』が催されました。

体験入学とは文字通り、我が学院及びこの業界に興味を持っている高校生並びに社会人の方々に、進学・入学前に演技やアテレコ、ダンスやボーカル等のレッスンを体験して頂くものです。

ドカンちゃん今回担当したのは『演技実習A』ってヤツ。舞台演技に関しての体験レッスンです。「アナ学に入学したら、こんな感じの授業をやりますよ」ってコトで、先ずは演技の“入門編”~演技する事を楽しんでもらいつつ、チョットだけ難しい課題にも挑戦してもらって、夢を実現させる手がかりを感じてもらおう~っていう内容の90分間です。

061210_12550001 会場となる校舎は西新宿の都庁の近くにあります。

新宿駅西口から地下道を通り抜けた新宿中央公園のちょいと先の“熊野神社”のすぐ下です。校舎の前からは、都庁のツインタワーが見えます。

都庁の社員食堂や展望台には我々一般人も出入りできるようですが、ドカンはまだ行ったことがありません。社員食堂は安くてナカナカ良いとの噂も聞きました。いつかチェックしに行きたいと思います。

061210_12490002

仰ぎ見た都庁から目線を下げていきますと、校舎の入口に体験入学開場を示す看板が・・・さぁ、夢の扉を開ける第一歩ですよ。

061210_12490003 参加者の高校生はちょっと緊張してるかもしれませんからね、入口のガラス戸に、この時期恒例のクリスマスな飾りつけでおもてなしです。

061210_12490001 そして受付をするロビーにはクリスマスツリーが。体験入学をアシストする現役学生たちが飾り付けました。

アシスタントの学生も、去年は“体験する側”でしたからね、参加者の気持ちは良くわかります。参加者を各レッスンの会場へ誘導したり、レッスンを手伝ったり、実際に入学した自分の体験や感想を話してあげたり・・・体験入学の立派なスタッフです。

参加受付を済ませたら、先ずはメイン会場にてガイダンス。学院のシステムや授業内容についての説明がなされ、その後に各自希望するレッスン会場へと移動・準備をし、体験レッスンが始まります。061210_12570001

ここが、ドカンちゃんの授業する会場です。今日はどんなコにあえるのか?扉を開ける瞬間がいつも楽しみです。

年内の体験入学は今回で終わりですが、年明けの年度内に、まだ数回予定されています。

声優や俳優・アナウンサー等、この業界に興味のある方々、ぜひ一度遊びに来て下さい。学院のスタッフがあなたの相談にのってくれます。勿論ドカンちゃんもね。なんたってドカンちゃんも今から20年前には、この学院の生徒だったんです。そう、今日のドカンちゃんは、この学院の扉を開けたコトから始まったんですから・・・。

では、また・・・未来のドカンちゃんの教え子&後輩たちへ、愛と応援の気持ちを込めて~(^‐^)丿~~~

| | コメント (1) | トラックバック (1)

川崎市民の集い

10月のハロインパーティーに続き再び川崎へお邪魔しました。

今回は『川崎市民の集い』というイベント。第一部の式典を終えての第二部のアトラクションってことで、約一時間、川崎の皆さんと楽しい時間を過ごしてきました。川崎のみなさんアリガトーッ!!

川崎へ行くと十数年前、川崎球場でとあるテレビ番組のアルバイトをしたときのコトを思い出します。後でオンエアーを見たらチラッと画面に映りこんだトコロもあって、「いつかテレビに“うつる”んじゃなくて“でる”んだ!」なんて思ったときのことを思ったんですよね、その頃には。懐かしい思い出です。

061209_14170001 何か画像をアップしようと思い、「おやダンの楽屋訪問(^o^)丿」なんてのを考えたのですが、それはやはり恥ずかしいので入口の扉だけに・・・。

って、そんなの味気ないですよね・・・せめて携帯の写真加工のフレームで飾ってみました。061209_14180001

いつかこんな記事が「東ス○」の紙面を飾る日が来るでしょうか?

十数年前の川崎球場でのアルバイトの時に思ったコト~いつかテレビにでる~ってのは実現したけど、こっちはドーかなぁ・・・。

誰か協力してくれますか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夜の新井薬師

061208_18330001今週末にはおやダンや他の仕事が入っていて、ドカンちゃんが新井薬師の劇場に通うのは、一応今日が最後。またいつの日にか訪れるであろうその日まで、さようなら「新井薬師」の街よ・・・。

ってことで、開場して本番が始まるまでの時間に、新井薬師に、以降の公演の無事と成功を祈って、スタッフ達と御参りに行きました・・・って、本当は劇場入りの日に行けば良かったのにね、その頃にはそんな余裕が無かったのですよ。

ここは「目」にご利益があると聞きました。ついでに次回の運転免許の更新の時にメガネをかけずに済む様に済むように祈りました。

061208_18370001こちら中野駅方向へと繋がる商店街の入口には、こんなに立派な文字が大きく出ています。

ちなみに今回手伝っている「劇団軌跡」の次回公演は同じくここ新井薬師の「ウエストエンドスタジオ」にて、三月頭の予定です。その頃には、またこの街に出没しているであろうドカンちゃんであります。

ではまた・・・ドカンより愛を込めて~(^‐^)丿~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

画像をアップ!

061207_18580001_1 こちらが今回の劇場「ウエストエンドスタジオ」の入口正面です。

西武新宿線「新井薬師前」駅から徒歩五分ほどのところにあります。

こちら新井薬師前には、むかし弟が住んでいたり、世話になっていた劇団が稽古で使っていた施設があったりで、なかなかに懐かしい土地であります。当事と比べたら、色々なところが変わっていましたね。時は流れました・・・。

近所にナカナカに美味しい飲み屋も見つけました。きっと明日の終演後もその店に顔を出している事でしょう。

昨日に引き続き今日も飲んだくれましたドカンちゃんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

只今開場中!!

只今開場中!!

本番3日目
おかげさまで満員です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下北沢でちょいと一杯(*^_^*)

お世話になっている先輩の一人芝居を観に、久々下北沢へ行きました。

終演後に客席で会ったお馴染みサンとチョイト飲みに、さっき見た芝居の感想をはじめ、話題はオヤジ世代5人の四方山ばなしまで。

ご一緒させて頂いた先輩方から酒の席で聴く話しが結構イイ勉強になるんです(#^-^#)

そして、ぜんぜん関係ない隣りの席からも芝居の話しが聞こえてくる…それが下北沢の街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の幕が開きました!!

長かった稽古場での作業も、時間に追われた劇場での作業も、全てはこの幕を開けるためのコトです。

本日『キャンドルは燃えているか』無事に初日の幕が開きました。

演出助手であるドカンの仕事は、これで一応の終了です。

演出サイドの仕事は幕が開いたら、全てを俳優と各スタッフに委ねます。

全ては俳優が舞台上で輝くように・・・客席にお客様の顔が笑顔で輝きますように・・・そんな願いを込めて、無事に千秋楽が迎えられますよう、公演の成功を祈ります。

ってことで、終焉後にみんなでカンパイ!出演者の方々、明日も舞台はありますからね、ホドホドにして身体を休めて下さいね。

明日もいいお酒が飲めますように、頑張って下さい。

ドカンより愛を込めて~(^-^)丿~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕込みが終わって・・・

って、本当はまだ作業は残ってるんですけどね、今日はもうおしまい。

残りは明日、朝からトンカチを奮いますb(^-^)T

でもって初日があけたら夜の街に繰り出すのです。美味しいお酒が飲めますように・・・。

だから出演者の皆さん、頑張って下さいね!!

見に来て下さる予定のお客様、どうかお楽しみに。

そして遠くに住んでいて身体は来られないけれどココロだけはって方、そしてたまたまこのブログにやってきた通りすがりのアナタ。またの機会はいくらでもありましょう。いつの日にか劇場でお会いしましょう~(^-^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ「劇場入り」ですo(^-^)o

いよいよ「劇場入り」ですo(^-^)o

『おやダン』じゃなくてプライベートで手伝ってる演劇公演の方です。

『劇団軌跡』第6回公演「キャンドルは燃えているか」

ちなみに画像は前回(今年の7月)公演のときの空舞台を撮影したもので、今回のモノではありません。

公演日程は5日から10日まで。

場所は西武新宿線「新井薬師前」南口から徒歩5分程にあります『ウェストエンドスタジオ』です。

Pamphlet_candle演劇の好きな方にも、そうでない方にも、心に暖かいモノを感じていただける…そんなお芝居です。お時間のある方、是非遊びに来て下さい。一足早いクリスマスプレゼントをアナタに贈りマス♪(*^ ・^)ノ⌒☆

ってわけで4日は劇場入り初日。
舞台のセットを組んだり照明・音響のキッカケを合わせたりと、やるべきコトはたくさんあります。
「おやダン」のステージではドカンは出演者ですが、今回はスタッフ。腰にトンカチぶら下げて働くのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父夜祭~ライブ映像

先ほど「秩父神社」設置のライブ映像を覗いたら、もの凄い人波でした。

秩父夜祭。今年も盛況のようです。

夜が深まるにつれ「山車」も屋台もライトアップされ、いっそうきれいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『仮面ライダーSPIRITS』~今日のお買い物

仮面ライダーSPIRITS 11 (11) Book 仮面ライダーSPIRITS 11 (11)

著者:石ノ森 章太郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっちゃいました、TSUTAYAでDVDの延滞。期限日を一日勘違いしちゃった。現在TSUTAYAは半額セール中だけど、延滞料までは半額にならないのかな?

そんな傷心の慰めはお気に入りのこの一冊~『仮面ライダーSPIRITS』の最新刊。表紙を飾るのはドカンちゃんお気に入りの「Xライダー」本編でも大活躍!!・・・してるのは連載雑誌の今月号。その手前の話を収録したこの最新11巻では「Xライダー」はピンチを迎えます。“手に汗ドカン”です。

子供の頃に夢中だった「仮面ライダー」シリーズ。ドカンちゃんのバイク乗りとしてのルーツはここにありそうな気がします。

060926_05580001 ちなみに現在ドカンちゃんが乗っている大型バイクは、ちょっと前に劇場公開された新しい仮面ライダーの映画で2号ライダーの乗っていた「サイクロン号」のベース車のカウル違いのヤツなんですよ。どこかのパーツショップの方、あんな「サイクロン風」のカウルを発売してくれませんかねェ?

話しは戻って「仮面ライダーSPIRITS」では、ストーリーは子供向け特撮というよりは、かなりSFチックな方向へいってます。

敵の組織も強大で、一瞬のうちに、全世界は悪の闇に包まれてしまいます。そんな中、傍目では勝ち目の薄い闘いを挑む我らライダー達・・・絶望に支配されそうな状況にも屈せず、燃える勇気と必死の努力で、絶望を希望に、闇を光に変えていく。そんな彼らの戦いに涙せずにはいられないドカンちゃんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

秩父夜祭

Photo_2 こちらの画像は埼玉県は秩父にあります秩父神社です。

日光東照宮の有名な彫刻『眠り猫』の作者「左甚五郎」の作品「つなぎの龍」が、ここ秩父神社にあるというので見に行った、そのときのものです。

Photo_1 こちらが、その「つなぎの龍」です~って、小さな写真じゃよくわからないですよね。興味のある方は写真をクリックしてみてください。きっと大きくなりますよ。

このときは10月の頭。とても気候の良いとき~絶好のツーリング日和~でした。

こちら秩父では、12月2日~3日に、有名な「秩父夜祭」が行われます。どれくらい有名か気になる方は、ぜひネットで検索して下さい、って、欲しい情報が図書館に行かなくてもかんたんに手に入る。便利な世の中ですよねェ。

この「秩父夜祭」は日本三大曳山祭の一つに数えられているそうです。“あとの二つが気になる”という方、ぜひネットで検索してみて下さい。重ねて便利な世の中です。

ドカンちゃん、この「秩父夜祭」を、今年こそはぜひとも見に行きたい!!そう思っていたのですが・・・。実は先日発覚した愛車「ボルちゃん」のパンクを、まだ直していないのですよ、ってまぁ電車で行けばいいんですけどね。

どっちにしても、今は夜には稽古場科通いしてるもんですからネ・・・。

注)稽古場通い・・・現在ドカンちゃんは、12月5日~10日まで行われる舞台公演の手伝いをしているのでした。(11月17日の記事「稽古場訪問」参照)

しかしまったくもって便利な現代、この「秩父夜祭」の映像が、ネットで配信されるようです。こちらの画像「秩父神社」にもそのカメラが設置され、本日2日の13時から19時、明日3日にも13時から22時まで、ライブ中継されるようです。

このライブ映像の配信は、秩父商工会議所青年部と秩父インターネットの共同運営によるモノだそうです。秩父に行けずとも自宅からその模様を楽しむことが出来る・・・イヤーァネットって本当に便利ですねェ。

「祭」は実際にその場に行ってこそその興奮が味わえるってモノでしょうが、その片鱗にでも触れられるというのは、ありがたいコトだと感じます。

今年の12月3日はネットの力をかりて、秩父夜祭の雰囲気を自宅で味わってみる事にしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

今日から“師走”ですね。

2006年も残り僅かとなりました。皆さん風邪などひいたりしていませんか?

新しい月の初めに気分を変えて、テンプレートを“スノーホワイト”なんて感じのヤツにしてみました。どうか心の中でドリカムの「雪のクリスマス」を奏でながら読んでくださいね。

“師走”・・・専門学校で講師をしているドカンちゃんも“師”~先生の端くれですからね、走りますヨ~!!

今日はこれから授業に行って、夜には今月5日に幕が開く演劇舞台の演出助手として、トモダチの劇団の稽古に行きます。

この舞台、お話しにクリスマスが絡んだモノです。興味のある方はぜひ遊びに来て下さいね。公演の詳細は以下にアクセスして下さい。

http://www016.upp.so-net.ne.jp/kiseki/index.htm

ドカンちゃんは出演していないのですが、初日をはじめ幾日かは劇場に顔を出してマスから、見つけたらどうぞ声をかけて下さい。もれなくプチ握手会をその場で開催しますからネ。

では行って来ま~す(^o^)丿~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出たーッ『νガンダム』

出たーッ『νガンダム』

飲みに行ってイイ気分の帰り道…つい買っちゃうんですよね、食玩。
それがお気に入りのガンダムならば、なおのことです。

ってコトで、つい買ってしまったガンダムのミニフィギュア。

よくあるのは一番マイナーな、「頼むからコレ以外のヤツを!」っていうヤツが出てくるってのがお決まりのパターン(-"-;)
でも今日は出ました!!1番欲しかったお気に入りの『ν(ニュー)ガンダム』あんまり嬉しくって投稿しちゃいました(*^-^)b

| | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »